屋久島
ライター
Yuki 海外旅行課に配属 / 35ヵ国以上訪問

旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行もかかさずに。 一生旅を楽しみ生きていければ幸せだと思っています。

宮之浦岳/宮之浦

宮之浦岳/宮之浦

Photo by pixta

本格的な登山を楽しむなら九州最高峰の宮之浦岳に挑戦したらいかがでしょうか。山頂へのルートはいくつかありますが、淀川登山口からのコースであれば日帰りでも頂上まで登山は可能です。

全域が世界遺産に指定されている場所を登山できる珍しい体験ができます。宮之浦岳は日本百名山にも選ばれており、島の最高地点の頂上から見る景色は360度の大パノラマ。まさに絶景ですよ。

■詳細情報
・名称:宮之浦岳
・住所:屋久島町
・アクセス:安房から淀川登山口まで1時間、または路線バスで紀元杉下車、徒歩25分
・営業時間:なし
・定休日:なし
・電話番号:0997-43-5900(屋久島町商工観光課)
・料金:なし
・所要時間:6~7時間
・オススメの時期:登山初心者は冬以外
・公式サイトURL:http://yakukan.jp/play/trek.html

 

トローキの滝/麦生

トローキの滝/麦生

Photo by pixta

落差はわずか6mしかない滝ですが、海に直接落ちる滝ということで珍しい光景を見ることができます。日本ではこのトローキの滝意外で北海道・知床のカムイワッカの滝のみなだそうです。

「ぽんたん館」というおみやげ物屋さんから徒歩5分程度の遊歩道から眺望でき、鯛ノ川の赤い橋とモッチョム岳を背景に、絵になる姿を写真におさめたいですね♪

■詳細情報
・名称:トローキの滝
・住所:屋久町麦生
・アクセス:路線バス「鯛ノ川」から徒歩5分
・営業時間:なし
・定休日:なし
・料金:なし
・公式サイトURL:http://yakukan.jp/spot/index.html

 

サバ節工場/一湊

屋久島に来たら必ず食べたい名物として有名な「首折れサバ」。その発祥地として栄えてきた一湊地区に、かおり風景100選に選ばれた「サバ節工場」があります。

サバ節はとはかつお節のサバ版で屋久島の特産品です。創業明治40年の老舗「馬場水産」では無料で工場見学や試食もできます。また、工場直売価格で商品を買えるので、お土産にも最適です。※一湊市内にはいくつか工場を見学ができる箇所があります。

■詳細情報
・名称:有限会社馬場水産
・住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町一湊2288-9
・アクセス:宮之浦港から車で15分、または路線バス「一湊入口」から徒歩5分
・営業時間:月曜日~土曜日08:30~12:00、13:00~16:00 ※予約要
・定休日:日曜日・祝日
・電話番号:0997-44-2333
・料金:無料
・所要時間:40分
・公式サイトURL:http://sababushi.com/factory-tour/

 

一湊海水浴場/一湊

ダイビングスポットでも有名な屋久島北部の一湊湾。その中の一湊海水浴場は屋久島内でもっとも広い海水浴場です。県内の海水浴場水質ベスト1にも選ばれたこともあり、透明度もよく、ウミガメが現れることもあるんですよ。

天然の入り江になっていることから波は穏やかで、シーズン中は露店なども多く、施設設備も良いことから多くの観光客で賑わいます。

■詳細情報
・名称:一湊海水浴場
・住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町一湊
・アクセス:路線バス「矢筈」下車すぐ
・営業時間:7月中旬~8月31日09:00~18:00
・定休日:なし
・料金:無料
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:http://yakukan.jp/spot/index.html

 

安房(あんぼう)川/安房

屋久島で川遊びをするなら断然人気はここ安房(あんぼう)川です。通年楽しむことができるリバーカヤックは美しい自然の景観の中で、ゆっくりとした時間を過ごす贅沢な体験。

激流や急流もない清流で、性別年齢を気にせず楽しむことができます♪透明度が高いので夏場はシュノーケリングも楽しめますよ。

■詳細情報
・名称:安房川
・住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町
・料金:ツアー会社による
・所要時間:半日~1日

 

平内海中温泉/平内

平内海中温泉/平内

Photo by pixta

平内海中温泉は干潮時の前後約2時間、1日2回だけ入浴可能な何とも入るタイミングが難しい、海の見える野天風呂です。昼は海を見ながら、夜は満天の星空を見ながら入浴できます。

困ったことに水着や衣服着用不可ですが、脱衣所もありません。さらに混浴です。(タオル、パレオなどの着用は可)。少しハードルは高いですが、それでも1度は入湯してみたい温泉ですね。

■詳細情報
・名称:平内海中温泉
・住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町平内
・アクセス:路線バス「海中温泉」から徒歩10分
・営業時間:干潮前後2時間。確認要
・定休日:なし
・電話番号:0997-47-2953(平内区公民館)
・料金:協力金100円
・公式サイトURL:http://yakukan.jp/spot/index.html

 

湯泊温泉/湯泊

湯泊温泉/湯泊

Photo by pixta

さすがに混浴はちょっと…でも海を見ながら温泉に入りたい、という方にはピッタリの温泉があります。湯泊の浜辺にある湯泊温泉です。申し訳程度ですが男女の仕切りも一応あります。

海の潮風を感じながら開放的に入ることができ、また認知度がまだ低いので比較的ゆっくり浸かることができるでしょう。夕陽を見ながら入浴なんていうのも素敵ですね。駐車場の横に脱衣所もあり、女性のみ湯浴み着の着用可能です。

■詳細情報
・名称:湯泊温泉
・住所: 屋久島町湯泊1714番地28
・アクセス:路線バス「湯泊」から徒歩7分
・営業時間:24時間
・定休日:なし
・電話番号:0997-48-2806(湯泊区公民館)
・料金:協力金100円
・公式サイトURL:http://yakukan.jp/spot/index.html

 

蛇之口滝(じゃのくちのたき)/尾之間

蛇ノ口滝は屋久島で最大級の滝のひとつで、尾之間歩道入口から約4kmの場所にあります。4kmといっても滝に辿りつくまでにはいくつか小さい沢を越えるので、トレッキングと思ってきちんと準備して出発しましょう。

蛇ノ口滝に到着すれば澄みきったエメラルドグリーンの滝つぼがあなたをむかえてくれ、神秘的な雰囲気言葉を失いますよ!

■詳細情報
・名称:蛇ノ口滝
・住所:屋久島町尾之間
・アクセス:安房か車で30分、または路線バスで尾之間温泉入口下車、登山口まで徒歩7分
・営業時間:なし
・定休日:なし
・料金:無料
・所要時間:5時間

 

尾之間(おのあいだ)温泉/尾之間

尾之間温泉は地元住民によって作られた公衆浴場で、利用客も地元民が多く、毎日通われている方もいるとか。近くに尾之間歩道入口があることから、下山した登山客の利用も多いです。

泉質も良いと評判ですが、なんとこの温泉の温度は49度とだいぶ熱めなのでご注意を。夕方は混むので早めに行った方が◎ですよ。

■詳細情報
・名称:尾之間(おのあいだ)温泉
・住所:屋久島町尾之間1299
・アクセス:宮之浦港から車50分、または路線バス「尾之間温泉入口」から徒歩8分
・営業時間:07:00~21:00
・定休日:月曜午前中
・電話番号:0997-47-2872
・料金:200円
・公式サイトURL:http://yakukan.jp/spot/index.html

 

益救(やく)神社/宮之浦

益救(やく)神社/宮之浦

Photo by pixta

屋久島でパワースポットとしても名高い益救神社。創建年代は不明ですが、延長5年(927年)にまとめられた延喜式神名帳にその名が記載あることから歴史ある由緒正しい神社です。

神社には登山のお守りがあるので、屋久島で登山をする人は登る前に購入するのも良いですね。

■詳細情報
・名称:益救神社
・住所:屋久島町宮之浦字水洗尻277
・アクセス:宮之浦港から徒歩で10分
・定休日:不定休
・電話番号:0997-42-0907
・料金:境内無料
・公式サイトURL:http://www.kagojinjacho.or.jp/search/kumage/yakushima/post-1014.html

 

スポットではありませんが、屋久島の水は日本名水百選にも選ばれるほどの透明度

山や木だけではなく、水にまつわる屋久島の話も多く存在します。「屋久島は月のうち、三十五日は雨」と言われるほど降水量が多く、島中の苔もその降水量によるものです。また、山頂付近の年間平均気温は約6-7度であるために積雪も観測され、日本国内では積雪が観測される最南端であることも屋久島をユニークな島にさせているのです。

こうした条件が揃ったことで豊富な流水や湧水に恵まれ、1985年に宮之浦岳流水は名水百選に選ばれています。透き通った水も緑色に輝きを放つ、絶景の島なのです。

 

屋久島までのアクセス方法

屋久島へは伊丹、福岡発の飛行機直行便以外は、鹿児島発着の船、飛行機しかありません。羽田空港などからは直行便が無いため、鹿児島でJACに乗り継ぎをします。 空港から港に出て高速船となると移動に丸一日かかります。

フェリー・高速船に乗り換えると移動に丸一日かかってしまいますが、時間があれば、指宿温泉へ行ったり、鹿児島滞在を楽しむのもさらなる旅の楽しみが増えてよいかもしれません。

 

屋久島に行きたくなったらすぐいこう!

今まで味わった事のない大自然と触れ合える屋久島。中には「縄文杉などの屋久杉しか見るところないのでは?」と思っていた方も、屋久島には魅力的な観光スポットが沢山あるとお分かりいただけたはずです。

屋久島に行きたくなったら、即計画して旅立ちましょう。「屋久島には呼ばれた人しか行けない」と言われますが、計画がスムーズに進めばあなたは屋久島に呼ばれている人。きっと、楽しい旅行ができるはずです!

ライター
Yuki 海外旅行課に配属 / 35ヵ国以上訪問

旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行もかかさずに。 一生旅を楽しみ生きていければ幸せだと思っています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング