shutterstock_288046382

旅に役立つバックパックの選び方

shutterstock_288046382
Pocket はてブ

世界中を旅するのに、一つはスーツケース、もう一つの手段はバックパックです。

空港からホテルまではタクシーで、というお洒落な旅にはスーツケースが便利ですが、野外を歩き回るアウトドアな旅にはバックパックがおすすめです。

今回は旅に便利なバックパックを選ぶポイントをご紹介いたします。

 

1. バックパックの大きさは?

 

バックパックはスーツケースと違い、持ち歩くことが前提です。なので、どんなに長い旅行でも、一週間程度の荷物が入るぐらいで抑えておきましょう。

旅慣れてくれば3日分ぐらいの着替えでもうまくやりくりできます。バックパックのサイズとしては、大きくても30L程度までが、持ち歩くにはよいでしょう。

 

2. 出し入れ口いっぱい、が便利

 

大型のバックパックになると、取り出し口がどこについているか、も使いやすさに関わってきます。

大容量の部分に一つしか口がないと底のものを取り出すのが大変です。サイドに取り出し口がついているようなものがおすすめです。

 

3. ポケットいっぱい、小分け収納

 

そして、他にもあって嬉しいのが、ポケットです。

旅用品は衣類だけでなく、洗顔用具などのお手入れ品やメモ、筆記具、カメラ…と様々なジャンルのものを持って行きます。

よく使うものはポケットに、が基本ですし、ジャンル毎に分けられるぐらいポケットがついているとどこにしまったかも、すぐにわかって便利です。

 

4. 重くても平気。分厚いショルダーベルト

 


ずっと背負っていると、はじめは重く感じない程度でも後から段々重く感じるようになってきます。

そんな時に、疲れ方がかわってくるのが、ショルダーベルト。薄いものだと、肩に負担がかかり、すぐに疲れてしまいます。

分厚くてふっくらしたショルダーベルトを選びましょう。

 

5. 体に固定して疲れ知らず。ベルト付きがおすすめ

 

同じくおすすめなのが、左右のショルダーベルトを渡すようにベルトがついているタイプ、そして、腰のところにベルトがついているタイプです。

歩いているときのバックパックの左右の揺れは意外に体力を奪います。しっかりと体に固定できるベルト付きがおすすめです。

 

6. 素材は何にする?

 

最近のバックパックには、カメの甲羅のように、外側が樹脂のものもあれば、従来のように布製のものもあります。

布製のものの便利なところは荷物が少ない時には、かさも小さくなりますし、飛行機の手荷物としてもサイズにそこまでうるさくなく、棚に押し込めれば持ち込めることもあるようです。

その一方で空港で預けた場合には荷物は投げられるし落とされるので、樹脂製の固いものの方が良い場合もあります。

持ち込む予定か預ける予定か、はたまた、中に何を入れるかで、自分の目的にあったものを選びましょう。

 

まとめ

バックパックはスーツケースと違い、旅の途中、ずっと担いでいる場合があります。

ですから、なるべく軽く、疲れにくいものを選ぶのが、バックパック旅行を楽しむ上で大切なポイントになってくるでしょう。

インターネットで購入するにしても、一度はお店で実物を見て、さわってみることをおすすめします。

Pocket はてブ

Writer

スズメだけれど、旅が大好き。小さなつばさでどこへでも飛んで行きます。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

バックパック・かばん