other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

分厚くてふっくらしたショルダーベルトを選びましょう。

 

5. 体に固定して疲れ知らず。ベルト付きがおすすめ

同じくおすすめなのが、左右のショルダーベルトを渡すようにベルトがついているタイプ、そして、腰のところにベルトがついているタイプです。歩いているときのバックパックの左右の揺れは意外に体力を奪います。しっかりと体に固定できるベルト付きがおすすめです。

 

6. 素材は何にする?

最近のバックパックには、カメの甲羅のように、外側が樹脂のものもあれば、従来のように布製のものもあります。

布製のものの便利なところは荷物が少ない時には、かさも小さくなりますし、飛行機の手荷物としてもサイズにそこまでうるさくなく、棚に押し込めれば持ち込めることもあるようです。

 

その一方で空港で預けた場合には荷物は投げられるし落とされるので、樹脂製の固いものの方が良い場合もあります。持ち込む予定か預ける予定か、はたまた、中に何を入れるかで、自分の目的にあったものを選びましょう。

 

まとめ

バックパックはスーツケースと違い、旅の途中、ずっと担いでいる場合があります。ですから、なるべく軽く、疲れにくいものを選ぶのが、バックパック旅行を楽しむ上で大切なポイントになってくるでしょう。

インターネットで購入するにしても、一度はお店で実物を見て、さわってみることをおすすめします。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事