パスポートを盗まれた!最悪の年明けから始まった奇跡の物語「前編」

Pocket はてブ

私は去年の年末、友人と2人でカンボジアで年越しをしました。

楽しい旅行のはずが、2015年に変わる10分ほど前にパスポートを盗まれるという失態をしてしまったのです。

 

でもそこからあらゆる奇跡が重なり、パスポートは無事に手元に戻ってきました!ではどうやって戻ってきたのか?本当にあった奇跡体験記の前編をお送りしたいと思います。

 

Happy New Yearを迎えるはずだった

5310280685_e03b67f25d_b

photo byMakoto Nakashima

・2014年12月31日、事件は起きました。

海外で年越しをするのが夢だった私は、【アンコールワット】で初日の出を見たい!そんな思いでカンボジアへ女友達と旅に出掛けました。カンボジアには一度行ったことがあり、治安もそんなに悪くないし、カンボジア人はみんな優しい。そんな風に完全に油断しきっていました。

 

まさかパスポートを盗まれることになるとは…その時の私は予想もしていませんでした。

 

カンボジアでカウントダウンを迎えることなんて滅多にない機会なので、どうせなら人が集まる場所へ行こうということになり、【ナイトマーケット】という【シェムリアップ】の中でも一番賑わっている蚤の市に行きました。

P5260915

photo by RORO

カウントダウンまで少し時間があったので、屋台を回ってご飯を食べたり、ひたすら値切りながら洋服や雑貨の買い物をしていました。

 

・2014年12月31日23:50

2014年もあと10分で終わりを迎える。そろそろ買い物を切り上げて花火の見える場所に移動しようかと話していた時、ふとリュックを見ると、パスポートを入れていたはずの場所のチャックが開いていました。

 

「ちゃんと閉めたはずなのに。。。」

嫌な予感がしたので覗いてみました。予感は的中!あるはずのパスポートが無くなっていました。

 

Bad New Yearの幕開け

「パスポートがない!」一瞬自分の置かれている状況が分からなくなりました。とりあえず友達にパスポートが無くなったことを伝えると、「部屋に置いて来たんじゃないの?」と言われ我に返りました。

「そっか!リュックに入れたと思ったけど、部屋に置いてある可能性もあるか!」一旦落ち着きを取り戻します。パスポートの件は一旦置いといて、カウントダウンを楽しむことにしました。

 

シェムリアップで迎えたカウントダウンは、想像していたものと違って意外とシュールでした。花火もすぐ終わってしまいます。かと思えば15分後にもう一度花火が上がるというよく分からない演出でした。

 

その日は移動で疲れていることもあり、足早にホテルへと向かいました。ホテルに戻り、早速部屋の中や荷物を漁ってパスポートを探しますが、どこを探しても見つかる気配はありませんでした。

やっぱりパスポートは盗まれてしまったのだと確信しました。

「このままでは国に帰ることができない」

「どうしよう。お金を盗まれたならまだ対応できるが、よりによって一番大事なパスポートを盗まれてしまった。」

「やってしまった。どうすればいいんだろう。」

 

その言葉が頭の中をループし続けます。2015年始まって僅か一時間もしない内にどん底の絶望感を味わうことになりました。

▼パスポートを盗まれた!最悪の年明けから始まった奇跡の物語「後編」

 

絶望からの立ち直り

起こってしまったことはどうしようもできない。ではこれからどうすればいいか前向きに考えようと思いました。世界一周経験者でもある友達に連絡してこの後どうすればいいか聞いてみようと日本へ電話をかけました。

最近はLINEの普及で海外にいても日本と電話ができるという便利な時代になってきてますからね。

 

電話を掛けてパスポートを盗まれたことを伝えるとまさかの大爆笑されました。

「こっちは絶望的なのに・・・」

「あれ?でもパスポートを盗まれたことって意外と笑い話にできることなのかもしれない。」

 

爆笑されたことで自分の気持ちも少し楽になり、絶望感から解放されることができました。

「とりあえず大使館に行ってパスポートを再発行しに行くべきだと思うよ」とアドバイスをもらいました。

 

カンボジアの大使館は首都【プノンペン】にあります。私がいた場所が【シェムリアップ】というアンコールワットがある都市なので、日本に帰る為にはまず【プノンペン】に移動しないと行けないということになります。

 

帰りの便は1月1日21時前のシェムリアップ発⇒プノンペン着でした。幸いにもプノンペン経由で日本に帰る飛行機だったのでまずは第一関門クリアと言ったところです。 大使館に行く前に警察署に行ってみようと友達に提案され、まずは警察署に行くことを決めました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

RORO
RORO
日本一小さな県出身
旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。 帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は24…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

トラブル

FEATURED特集

特集一覧へ