カンボジアの治安は?物価は?カンボジア旅行の基本情報まとめ

Pocket はてブ

今回記事で取り上げる「カンボジア」は、アンコールワットをはじめとする神秘的な遺跡群が魅力の国!人気のあるアニメや映画の舞台としてよく登場し、「一度は訪れてみたい!」と考えている人は多いのではないでしょうか?

カンボジアの魅力はアンコールワット遺跡だけではありません。東南アジア最大の湖である「トンレサップ湖」や、よくテレビにも登場する日本人が再生させたカンボジアの絹絣など、興味深い見所がたくさん!

とはいえ、まだよく知られていない国でもあり、旅行先エリアの治安や物価情報などが気になりますよね!この記事では、気になるカンボジアの治安と物価について様々な角度からリサーチした結果をお伝えします!

*編集部追記
2017年10月公開の記事に、新たに項目を追加しました。(2018/1/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

カンボジアに行ってみての感想

photo by pixta

人気ナンバーワン世界遺産といっても過言ではない、アンコールワットがある国として知られるカンボジア。私がカンボジアを訪れたのは春で、すでに気温は暑く、観光をするにも体調に気をつけなくてはなりませんでした。

全体の感想としては、カンボジアの一番の見所であるアンコールワットはやはり自然と遺跡の融合が素晴らしく、このためだけでもカンボジアに来た甲斐があったと感じました。しかしながら、年々入場料が高くなっている、観光客が多すぎてストレスがたまるなど、マイナスの面もありました。

カンボジアの物価は安いですが、外国人が集まる観光エリアや都市部では観光客価格があり、下手すると日本より高い場合もあります。カンボジアの中でも、首都であるプノンペンは治安が良くないとされるので、注意してくださいね。

 

旅行のルート

photo by pixta

カンボジアでは、首都・プノンペンとアンコールワットの観光拠点の街・シェムリアップを訪れました。プノンペンには4泊、そしてシェムリアップには2泊しました。プノンペンはあまり治安が良くないですが、それでも以前よりはずっと安全になった印象を受けました。

現在は街のインフラも整い始め、旅行者向けの施設も急増しています。またシェムリアップはアンコールワットを訪れるほとんどの観光客が宿泊する都市なので、やはり物価が高かったです。

 

おすすめの都市

photo by pixta

カンボジアの象徴ともいえるシェムリアップにある、世界遺産のアンコールワット。東南アジアにはバラエティに富んだ世界遺産がたくさんあり、どれもオススメなのですが、やはりアンコールワットの存在感は圧倒的です。

サンスクリット語で、アンコールは王朝、クメールは寺院を意味し、アンコール・ワットは美しい彫刻が特徴的なクメール建築の傑作といわれています。その迫力にはただ圧倒されるばかり!

600年ものあいだインドシナ半島で続いたアンコール王朝の栄華が偲ばれる遺跡に立つと、そこに込められた思想や現在までに至る歴史の重みを感じることができます。

 

治安

Photo by pixta

最も気になるイスラム過激派関連のテロ事件は、カンボジアでは発生していません。2003年にジュマ・イスラミーヤ(JI)の活動に関与していたとされるイスラム系団体の構成員4名の逮捕、2015年にタイ爆発事件の関係者とされる男が逮捕された以外、テロ組織によるとみられる誘拐を含む大きな事件の発生は確認されていません。

しかしカンボジアでは、闇市場で什器類の取引が依然として行われているといわれ、実際にここ数年プノンペンなどで,手榴弾の爆発によりカンボジア人等数名が負傷した事件や、カンボジア人が拳銃で撃たれ金品を強奪される事件が発生しているのです。

スリやひったくり、置き引きといった一般犯罪も少なくなく、身の回りの携帯品には注意が必要です。また、いかさま賭博詐欺(日本語で話しかけて親しくなり、自宅での賭けトランプに誘い大金を巻き上げる手口が多い)が多発しており,日本人が被害に遭うケースも少なくありません。

狂犬病やジカウイルスなどの感染症リスクがあり、動物に触らない、生水は絶対に飲まないなど、衛生維持には十分注意が必要です。

 

物価

2017年前半のカンボジアリエルの対円レートは、100カンボジアリエル = 2.5〜2.8円で推移しています。果たしてカンボジアの物価事情はどのような状況でしょうか?

観光地のご多分に漏れず、外国人が集まる観光エリアや都市部では、明確に現地カンボジア人価格と観光客価格があり、レストランやカフェでの飲食代は日本と同じかそれ以上に感じることも多くなります。

現地の人々が購入するマーケットで買い物や食事をする場合は非常に安く、日本の三分の一くらいの感覚です。バスやタクシーなどの交通手段も非常に安く、旅行者にはありがたい旅先です。

 

カンボジアで絶対注意したい行動指針とは?

Photo by pixta

危険なエリアには近づかない!

市場や観光地など人が多く集まる場所での貴重品携帯、そして夜間の行動には十分注意が必要です。また、治安上危険、というほかにも、日本ほど安全管理が行き届いているとは言えない国です。

道路の整備も悪いうえに、建築ラッシュで工事現場があちこちにありますが、自己のリスクを考えるとあまり近づかないようにしたいですね。

なれなれしく近寄ってくる人は相手にしない!

外国人観光客のセールストークはどの国でも見られる光景ですが、ここカンボジアは前述の通り賭博詐欺に巻き込まれるケースが非常に多いところが厄介です。夕食を取るレストランの席でやたらと話しかけられる場合は要注意。怒らせないように注意しながら、距離を置くのが無難です。

交通ルールはないも同然!道路はぼんやり歩かない!

活気あふれる東南アジアの国々ではよくみられるように、道路は無法地帯そのもの、歩行者優先という言葉はどこへやら、というのがカンボジア道路事情。

スマホを見ながらボンヤリ歩いていたら、ケガをしますよ!アイコンタクトを取りながらゆったりと歩きましょう。バイクや車の方で避けてくれます。

犬や動物には触らないこと!

カンボジアの中でも地方を旅すると、アジアのほかの国々同様に犬の数の多さが目につきます。狂犬病の予防注射を接種していない犬たちが、放し飼いにされている状態です。犬好きであったとしても、彼らには近づかないようにしましょう。

1 2 3
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

カンボジアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品