古代のロマンに心が躍る!ギリシャで訪れたい観光スポット30選

Pocket はてブ

今回はギリシャの観光スポットをお伝えします。ギリシャといえば、数々の歴史的建造物ですね。貴重な歴史的建造物を中心に、ギリシャのオススメスポットを紹介します。

 

1.アクロポリス遺跡

中学校や高校の教科書で必ず出てくるのが「アクロポリス遺跡」です。「アクロポリス遺跡」は紀元前8世紀に「聖域な場」としての役割を果たしました。「アクロポリス遺跡」は神殿だけでなく、王宮、モスクとしても使われてきました。現在、紀元前5世紀頃に戻すための復元作業が進められています。

■詳細情報
・名称:アクロポリス遺跡(Acropolis)
・住所:Greece, Athens
・アクセス:地下鉄2号線「アクロポリス駅」から10分
・営業時間:8:00~19:00(夏期)、8:00~15:00(冬期)
・定休日:無休
・電話番号:(210)-321472
・料金:20ユーロ(単独)、30ユーロ(共通チケット)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://odysseus.culture.gr/h/3/eh351.jsp?obj_id=2384

 

2. ハドリアノスの図書館

Mさん(@miroirmi)が投稿した写真 – 2015 5月 1 3:33午後 PDT


モナスティラキ駅付近にそびえ立つ巨大な建造物の一部。この建造物は2世紀ごろ、ローマ皇帝ハドリアノスが建てた図書館です。オスマン帝国時代は県庁として利用されました。

■詳細情報
・名称:ハドリアノスの図書館(Library of Hadrian)
・住所:3 Areos&Adrianou Str
・アクセス:地下鉄1号線、3号線「モナスティラキ駅」から50m
・営業時間:8:00~15:00
・定休日:無休
・電話番号:
・料金:(210)3229740
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://odysseus.culture.gr/h/3/eh355.jsp?obj_id=2370

 

3. ローマン・アゴラ

@yuliyakaliadaが投稿した写真 – 2016 7月 31 10:24午後 PDT


「アゴラ」は「市場」という意味。「ローマン・アゴラ」はローマ時代初期の賑わいを今に伝える貴重な遺跡です。かつては多くの人々で賑わっていたのです。ぜひ「ローマン・アゴラ」に立って、当時の賑わいを想像してみましょう。

■詳細情報
・名称:ローマン・アゴラ(Roman Agora)
・住所:Pelopida &Elou Str
・アクセス:最寄駅は地下鉄1号線、3号線「モナスティラキ駅」
・営業時間:8:00~15:00
・定休日:無休
・電話番号:(210)3245220
・料金:8ユーロ(単独チケット)、30ユーロ(共通チケット)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://odysseus.culture.gr/h/3/eh351.jsp?obj_id=2402

 

4. 古代アゴラ


古代ギリシャは現代にも影響を与える素晴らしい哲学を生み出しました。著名な哲学者が喧々諤々の議論を行ったのが「古代アゴラ」です。一度は聞いたことのある、ソクラテス、ヘロドトスもここで活躍していました。

■詳細情報
・名称:古代アゴラ(Ancient Agora)
・住所:24 Adrianou Str.
・アクセス:最寄駅は地下鉄1号線、3号線「モナスティラキ駅」
・営業時間:8:00~20:00
・定休日:無休
・電話番号:(210)3210185
・料金:8ユーロ(単独チケット)、30ユーロ(共通チケット)
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://odysseus.culture.gr/h/3/eh355.jsp?obj_id=2485#_=_

 

5. 新アクロポリス博物館

Færnäzさん(@farnaz_fatahi)が投稿した写真 – 2015 10月 12 1:18午後 PDT


アクロポリス遺跡を見たら、ぜひ「新アクロポリス博物館」に行ってみましょう。「新アクロポリス博物館」は2009年6月下旬にオープンしました。建物は3階建てになっており、床からは発掘作業が見られるようになっています。その他、ギリシャ神話や当時の人々の暮らしぶりが分かる展示物が豊富に用意されています。

■詳細情報
・名称:新アクロポリス博物館(The New Acropolis Museum)
・住所:15 D.Areopagitou.Str
・アクセス:最寄駅は地下鉄2号線「Acropoli駅」下車
・営業時間:8:00~16:00(月曜日)、8:00~20:00(火曜日~木曜日、土曜日、日曜日)、8:00~22:00(金曜日)
・定休日:無休
・電話番号:(210)9000900
・料金:5ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.theacropolismuseum.gr/en

 

6. ゼウス神殿


「ゼウス神殿」も迫力満点の威厳ある姿となっています。現在は15本の柱しかありませんが、かつては104本の柱がありました。「ゼウス神殿」が建設されたのは2世紀のこと。もともとは、紀元前550年、ペイシストラトスが着工しましたが、彼の失脚と共に工事が中断してしまったのです。

■詳細情報
・名称:ゼウス神殿(Temple of the Olympian Zeus)
・住所:1 Vass.Olgas Str.
・アクセス:最寄駅は地下鉄2号線「Acropoli駅」下車
・営業時間:8:00~20:00
・定休日:無休
・電話番号:(210)9226330
・料金:6ユーロ(単独チケット)、30ユーロ(共通チケット)※冬季の日曜、祝日は無料
・オススメの時期:いつでも

 

7. 国立歴史博物館


ギリシャは古代ギリシャ、ローマ時代から順風満帆だったと思いがちですが、そうではありません。長い歴史の中で他国に占領されるなど、苦難の歴史もありました。「国立歴史博物館」では知られざるギリシャの歴史が学べます。歴史ファンの方は立ち寄ってはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:国立歴史博物館(National Historical Museum)
・住所:13 Stadiou Str.
・アクセス:最寄駅は地下鉄2号線、3号線「Syntagma駅」
・営業時間:9:00~14:00
・定休日:月曜日
・電話番号:(210)3237617
・料金:3ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.nhmuseum.gr/

 

8. 中央市場


アテネの人々の生活臭がダイレクトに伝わってくるスポットが「中央市場」です。「中央市場」には野菜、果物から生きた鶏まで実に様々な商品が販売されています。また、オリーブ漬けにされた野菜も必見ですよ。ぜひ、アテネの食を試してみましょう。

■詳細情報
・名称:中央市場(Central Market)
・住所:Athinas 42, Athina 105 51
・アクセス:最寄駅は地下鉄1号線、2号線「Omonia駅」
・営業時間:6:00~18:00
・定休日:日曜日

 

9. イロド・アティコス音楽堂


通常「音楽堂」と聞くと室内ホールを連想させますが「イロド・アティコス音楽堂」は西暦161年に建てられました。現在では、夏の間にコンサートやオペラが行われます。西暦3桁台に造られた建物が現役で働いているのはすごいですね。

■詳細情報
・名称:イロド・アティコス音楽堂(Odeon of Herodes Atticus)
・住所:D.Areopagitou.Str.
・アクセス:アクロポリス遺跡近く
・営業時間:6月~8月(詳細はホームページをご覧ください)
・電話番号:(210)3241807
・オススメの時期:6月~8月
・公式サイトURL:http://greekfestival.gr/en/venues/view/odeon-of-herodes-atticus

 

10. ドクターフィッシュ


最近、ギリシャで流行しているのが「ドクターフィッシュ」です。足や手を入れる水槽には「ドクターフィッシュ」と呼ばれる魚が入っており、古くなった角質を食べてくれます。30分も経てば肌がツルツル。ギリシャで「ドクターフィッシュ」にお世話になりませんか。

■詳細情報
・名称:ドクターフィッシュ(Doctor Fish)
・住所:Adrianou 69
・アクセス:最寄駅は地下鉄1号線、3号線「Monastiraki駅」
・電話番号:(210)3251515
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/DoctorFishAthens

 

11. 古代コリントス遺跡


次に遺跡が数多く眠っているペロポネソス半島を見ていきましょう。ペロポネソス半島のコリントスを訪れたら「古代コリントス遺跡」は見るべきです。古代コリントスの最盛期は紀元前7世紀、各地に植民地を造りました。神殿、劇場、音楽堂など見所満載ですよ。

■詳細情報
・名称:古代コリントス遺跡(Ancient Korinthos)
・住所:Greece, Korinthos
・アクセス:コリントスからバスで約20分
・営業時間:8:00~19:00(夏期)、8:00~15:00(冬期)
・定休日:無休(冬期は日曜休み)
・電話番号:(27410)31207
・料金:8ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.visit-ancient-greece.com/ancient-corinth.html

 

12. ミケーネの古代遺跡

Shota Tasakaさん(@sho_tasa)が投稿した写真 – 2016 8月 12 11:43午後 PDT


「ミケーネの古代遺跡」も古代ギリシャの歴史を語る上で外せないスポットです。ホメロスはミケーネのことを「黄金に富むミケーネ」と表現しました。「ミケーネの古代遺跡」が発見されたのは19世紀のこと。かつては、ミケーネは神話だけの世界だと思われていたのです。

■詳細情報
・名称:ミケーネの古代遺跡(Ancient Mycenae)
・住所:Greece,Mycenae
・アクセス:アテネのキフィスウ・ターミナルからバスに乗り「ミキネス」下車
・営業時間:8:00~20:00
・定休日:無休
・電話番号:(25710)76585
・料金:12ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.ancient.eu/mycenae

 

13. エピダウロス遺跡

Kristienさん(@kris10vogel)が投稿した写真 – 2016 7月 24 9:27午前 PDT


ギリシャの古代劇を本格的に鑑賞したい方は「エビダウロス遺跡」に行ってみましょう。「エビダウロス遺跡」では6月下旬から8月にかけて「エピダウロス・フェスティバス」が開催されます。古代劇は昔ながらの古代劇場で行われるので迫力満点ですよ。なお、足元には十分、ご注意ください。

■詳細情報
・名称:エビダウロス遺跡(Ancient Epidavros)
・住所:Greece, Epidavros
・アクセス:ケフィスウ・ターミナル(アテネ)からエビダヴロス遺跡行きのバスを運行(9:30、16:20)
・営業時間:8:00~20:00(夏期)、8:00~15:00(冬期)
・定休日:無休
・電話番号:(27530)22009
・料金:6ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.historvius.com/epidaurus-271

 

14. オリンピア遺跡

Veronica Hさん(@ronniemoe)が投稿した写真 – 2016 9月 28 8:14午前 PDT


オリンピックの起源であるギリシャ。聖火の採火が行われるのが「オリンピア遺跡」のヘラ神殿です。オリンピア自体は小さな町ですが、美味しいギリシャ料理店や高品質な貴金属店が軒を連ねています。

■詳細情報
・名称:オリンピア遺跡(Olympia)
・住所:Greece,Olympia
・アクセス:ケフィスウ・ターミナル(アテネ)からピルゴスで乗り換え
・営業時間:8:00~19:00(月曜日~土曜日)、8:00~15:00(土曜日)
・定休日:無休
・電話番号:(26240)22517
・料金:6ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.olympia-greece.org

 

15. スパルタ遺跡

スパルタはアテネのライバルとして有名です。残念ながら、現在の「スパルタ遺跡」にはアテネのライバルとして活躍した時代の痕跡は残っていません。それでも、その場に立つとスパルタの栄光を感じられるのではないでしょうか。

■詳細情報
・名称:スパルタ遺跡(Sparta)
・住所:Greece,Sparta
・アクセス:ケフィスウ・ターミナル(アテネ)からスパルタ行きのバスに乗る
・営業時間:24時間
・定休日:無休
・料金:無料
・オススメの時期:いつでも

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ギリシャのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧