ただいまを表す英語のフレーズ15選

Pocket はてブ

日本では当たり前のように使う「ただいま」「おかえり」という帰宅時の言葉。しかしながら、英語ではこれらの言葉が違った表現になることをご存知ですか?

普段から日本語で使いまわしている表現でも、英語だと意外と分からないのが「ただいま」「おかえり」の言い方です。

特に海外でホームステイを予定している方は、覚えておくと非常に便利です。それでは、今回は海外で使える、「ただいま」「おかえり」を表す英語フレーズを15選ご紹介いたします。

*編集部追記
2017年3月公開の記事に、新たに5フレーズを追加しました。
 

海外で実際に使った時のエピソード

photo by pixta

英語圏では、日本の「ただいま」のように具体的な帰宅の表現はありません。しいていうならば「I’m home / back.(帰ったよ。)」ですが、これはやはり長い間家を留守にしていて、やっと帰ってきた時に使う場合が多いので、普段の生活で口にするのは不自然です。

「Hello! / Hi!(やあ!)」、「How was your day?(今日はどんな日だった?)/ Hi, how was work?(仕事はどうだった?)」といったフレーズの方が自然です。

私がカナダでホームステイしていた時は、学校から帰ってくるとホストマザーから「How was your school?(学校はどんな感じだった?)」とよく聞かれました。なので、帰宅する前に何を言うか考えて帰ることが多かったです。

ホストマザーと学校であったことを話すことで、スピーキングの練習にもなりました。
 

ただいまを表すフレーズ

photo by shutterstock

1.Hello!
おーい!

2.Hi!
やあ。

3.Hey.
やあ。

photo by shutterstock

4.I’m home.
帰ったよ。(長い間留守にしていて、久しぶりに帰ってきたときなどに使うことが多い。日常生活ではあまり使わない)

5.I’m back.
帰ったよ。(長い間留守にしていて、久しぶりに帰ってきたときなどに使うことが多い。日常生活ではあまり使わない)

6.Here I am!
ただいま!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

英語・語学の悩みを解決する

FEATURED特集

特集一覧へ