ただいま・おかえりを表す英語のフレーズ15選

Pocket はてブ

日本では当たり前のように使う「ただいま」「おかえり」という帰宅時の言葉。しかしながら、英語ではこれらの言葉が違った表現になることをご存知ですか?

普段から日本語で使いまわしている表現でも、英語だと意外と分からないのが「ただいま」「おかえり」の言い方です。

特に海外でホームステイを予定している方は、覚えておくと非常に便利です。それでは、今回は海外で使える、「ただいま」「おかえり」を表す英語フレーズを15選ご紹介いたします。

*編集部追記
2017年3月公開の記事に、新たに追加しました。(2017/10/02)
2017年3月公開の記事に、新たに追加しました。(2019/11/10)

 

海外で実際に使った時のエピソード

photo by pixta

英語圏では、日本の「ただいま」のように具体的な帰宅の表現はありません。しいていうならば「I’m home / back.(帰ったよ。)」ですが、これはやはり長い間家を留守にしていて、やっと帰ってきた時に使う場合が多いので、普段の生活で口にするのは不自然です。

「Hello! / Hi!(やあ!)」、「How was your day?(今日はどんな日だった?)/ Hi, how was work?(仕事はどうだった?)」といったフレーズの方が自然です。

私がカナダでホームステイしていた時は、学校から帰ってくるとホストマザーから「How was your school?(学校はどんな感じだった?)」とよく聞かれました。なので、帰宅する前に何を言うか考えて帰ることが多かったです。

ホストマザーと学校であったことを話すことで、スピーキングの練習にもなりました。

 

 

「ただいま」の英語は「I’m home」 ?

photo by pixta

「ただいま」を英語で直訳すると 「I’m home」 となると思います。そもそも 「I’m home」 は使われるのかと言うと、日本のように帰ってきて必ず「I’m home」とは言いません。しばらく家を空けていて、久しぶりに帰ってくる時に使います。

1年ぶりに帰ってきた息子が「I’m home!!(ただいま、帰ってきたよ!)」というような状況で。また、家に帰ってきても誰かいるかわからない時に、「Hey, I’m home! Is anyone there?(ただいま、帰ってきたよ。誰かいる?)」というような時に使われます。

家の中に誰かいないの?と探すときに使われるため、基本的に特定の人に向けて発するフレーズではありません。

それでは、日常での「ただいま」 という言葉はどう使われるのでしょうか。

 

ただいまを英語で表すには「Hi」 や「Hey」 などが一般的

帰ってきたら「Hello」「Hey」「Hi」 などを一般的に使います。あえて 「ただいま」 という表現を使うより、あいさつ程度で声をかける、という感覚です。

例えば、下記のような使い方になります。

A: Hi, Mom. (お母さん、ただいま)

B: Hey, how was your day? (おかえり。今日はどうだった?)

 

まず帰ってきたら、今日どうだったか、学校や仕事はどうだったかなど、一日についての話を聞いてコミュニケーションをとることが多いです。

「It was fine.(よかったよ)」とか 「Same as usual(いつも通りだったよ)」、「I had a great day at school.(今日の学校楽しかった)」などで返すといいでしょう。

日本では一人暮らしで家に誰もいないとわかっていても「ただいま」と声をかけることがありますが、英語ではそのようなことはほとんどありません。あくまで英語の「ただいま」は、誰かと今日会ったことを話すきっかけにしているということです。

 

おかえりの英語表現は「Welcome back」?

photo by pixta

「Welcome back」「Welcome home」 においても、毎日使う表現ではありません。「I’m home」 同様、しばらく家を空けていた相手に対して、「Welcome back」(おかえり! 帰ってきて嬉しいわ)というようなニュアンスで使います。「Greate have you back」 なども同様な使い方が多いです。

そのため、「I’m home」と言われて「Welcome back」と返すのはちょっと変。 おかえりの表現も 「Hi」「Hey」 などの表現を日常的に使い、その後に、「How was your day?」 などで続けます。

「Welcome back」を使うのは、遠く離れた場所に久しぶりに帰ってきたとき、数年ぶりに故郷に帰ってきたときに使われることがあります。また、育休明けや一度退職した職場に復帰するとき、一定期間いた場所から離れて戻ってきたときにも使われます。

 

英語でただいま、おかえりはコミュニケーションの合図

「ただいま」「おかえり」と全く同じような使い方をしている英語はありません。しかし、帰って来たことを家族に知らせたり、コミュニケーションを始める合図として使われることが多いです。

今日はどんな一日だったか、何か変わったことがなかったか話のきっかけにして、心の距離を縮めます。もしホームステイや留学先で家に帰って来た時には、積極的にコミュニケーションを取りましょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して5年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

英語・語学の悩みを解決する

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品