日本のマチュピチュと呼ばれる「天空の城」5選

Pocket はてブ

皆さんは、「日本のマチュピチュ」と呼ばれているお城をご存知ですか?マチュピチュといえば、ペルーにある古代インカ帝国の遺跡で「天空の城ラピュタ」のモデル地としても有名です。そんな雲海に浮かんだ、幻想的な絶景が望める「天空の城」が、実は日本にも数多く存在しています。

それでは今回は、日本にあるマチュピチュの場所やその魅力について紹介します。

 

竹田城

Masaki Mikiさん(@bureau_m.m)が投稿した写真 – 2016 5月 2 12:59午前 PDT

兵庫県朝来市にある「竹田城跡」は、雲海に浮かんでいるような姿が美しく、日本のマチュピチュとして有名になりました。ドラマのロケ地となったこともあり、今では数多くの観光客が訪れる名所となっています。

また、「恋人の聖地」としての認定も受けており、若いカップルにも人気です。

■詳細情報
・名称:竹田城跡
・住所:兵庫県朝来市和田山町竹田
・アクセス:竹田駅/徒歩55分と徒歩30分の2つのルート有
・営業時間:9時~17時(1月・2月は16時まで) 【情報館天空の城】
・定休日:休館日:12月29日~1月3日
・電話番号:079-674-2120
・料金:大人500円 / 中学生以下は無料
・所要時間:30〜60分
・オススメの時期:季節ごとに異なる。詳しくは公式サイト参照
・公式サイトURL:http://wadayama.jp/takedajyoseki

 

備中松山城

あっくすさん(@ax0123)が投稿した写真 – 2014 10月 17 3:52午後 PDT

岡山県高梁市にある「備中松山城」は、日本三大山城にも数えられる、日本一の高さを誇る天守が現存するお城です。「備中松山城」は鎌倉時代に建てられ、現在では国の重要文化財に指定されています。

天守が雲海に浮かび上がる姿は、息をのむほど美しいといいます。

■詳細情報
・名称:備中松山城
・住所:岡山県高梁市内山下1
・アクセス:平日及びシャトルバスが運行していない日は、自家用車でふいご峠(8合目)へ。そこから徒歩20分
・営業時間:午前9時~午後5時30分(10月~3月は午後4時30分まで)
・定休日:12月29日~1月3日
・電話番号: 0866-22-1487
・料金:大人300円、小中学生150円
・公式サイトURL:http://www.city.takahashi.okayama.jp/soshiki/9/shiro4240131.html

 

越前大野城

福井県大野市にある「越前大野城」は、織田信長の時代に築城された歴史のあるお城です。雲海が町を包み込み、その中に城が浮かび上がる様は、まさに奇跡の風景。天候が不安定なため、雲海が見れることは稀だそうですが、その分見れた時の嬉しさも倍増です!

■詳細情報
・名称:越前大野城
・住所:福井県大野市城町3-109
・アクセス:越前大野駅から徒歩30分
・営業時間:9:00 ~ 17:00(10月~11月は16時まで)
・定休日:12月1日~3月31日
・電話番号:0779-66-0234
・料金:大人200円 / 小人無料
・公式サイトURL:http://www.onocastle.net

 

別子銅山跡・東平

Kensukeさん(@knoxindustries)が投稿した写真 – 2014 8月 13 9:49午後 PDT

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

宮殿・城

FEATURED特集

特集一覧へ