ミュンヘンのおすすめ観光スポット18選

Pocket はてブ

皆さんは、ドイツ南部の都市・ミュンヘンをご存知でしょうか?かつてミュンヘンには多くの修道士が住んでいたそうで、他のドイツの街に比べ、中世から続く美しい景観を今なお保っていることで有名です。

また、ビールの祭り「オクトーバーフェスト」など、世界的に有名なお祭りもある魅力溢れる都市です。今回はそんなミュンヘンに旅行へ行った際に、必ず訪れたいおすすめ観光スポット18ヶ所をご紹介いたします。

*編集部追記
2017年5月公開の記事に、新たに5スポットを追加しました。(2017/11/1)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。
 

ミュンヘンに行ってみての感想

Photo by pixabay

私がミュンヘンを訪れたのは初夏の頃でした。気温は少し肌寒いくらいだったので、観光するにはぴったり!観光って歩くことが多いので、意外と体が暑くなったりするんですよね。

ミュンヘンはドイツで3番目に大きな都市ですが、見所と言える観光スポットはコンパクトにまとまっており、非常に便利!人も親切で、外国人がいてもあまり疎外感がありません。

ミュンヘンは中世から続く美しい景観を今なお保っていることで有名で、ベルリンなどドイツの他の都市と比べて、よりヨーロッパらしい雰囲気を感じられる場所です。そんな美しい街並みを保ちながら都市としてもきちんと機能しているので、ミュンヘンは住みやすそうだなあと思った記憶があります。
 

観光する際のアドバイス

Photo by pixabay

ミュンヘンについての治安ですが、正直に言えばそこそこというところでしょうか?ベルリンやフランクフルトと比べて際立って治安が悪いわけではないものの、だからと言って安全ではないという感じです。特に中央駅周辺は治安が悪いところも多いらしく、鉄道でミュンヘンに行く場合は注意が必要です。

物価は東京よりも若干安いぐらいなのであまり心配ないですが、野菜や果物はスーパーでかなり安く買えるので(しかも量り売り!)、自炊すれば旅費をかなり節約できます。

衛生面はさほど悪くないですが、ドイツは駅などの公衆トイレが無料ではなく、お金を払う場合がほとんど!その分きれいですが、小銭を持っていない時にトイレに行きたくならないよう気をつけてください。
 

おすすめのベストスポット

私がおすすめするのはミュンヘン中心部にある市民の憩いの場・カールス広場です。カールス広場から続くノイハウザー通りとカウフフィンガー通りは、マリアン広場までの間、歩行者者専用道路となっているので、街歩きしやすいです。

ここには中世の城壁の遺産・カールス門があり、その堂々とした佇まいが魅力的です。周辺には観光スポットがたくさんあるので、ここを拠点として観光を始めるのもおすすめです。
 

1.新市庁舎

新ゴシック建築の荘厳な建物!ミュンヘンを代表する観光スポットといえば「新市庁舎」です。新市庁舎の高さは85メートルにも及び、外観の繊細な装飾は見事としか言いようがありません。

新市庁舎の中央部には、32体の等身大の人形が踊るドイツ最大の仕掛け時計があります。

■詳細情報
・名称:ミュンヘン新市庁舎
・住所:Marienplatz 8
・アクセス:[U][S]Marienplatz下車からすぐ
・マップ:
・営業時間:3-10月 10:00-19:00(11-4月 10:00-17:00)
仕掛け時計のパフォーマンス11:00~、12:00、17:00~
・定休日:11~4月の土・日・祝、12/24~1/1
・電話番号:+49 89 23300
・料金:€2、6~18歳€1

 

2.フラウエン教会(聖母教会)

「フラウエン教会(聖母教会)」は、個性的な2本の塔がシンボルとなった後期ゴシック様式の教会です。ミュンヘンの中心部にあり、アクセスも良し◎

内部には、バイエルン王ルードヴィヒ2世の墓碑や美術品などが多数所蔵してあります。

■詳細情報
・名称:ブラウエン教会(聖母教会)
・住所:Frauenplatz 1
・アクセス:[U][S]Marienplatz下車 徒歩3分
・マップ:
・開館時間:7:00‐19:00(木‐20:30、金‐18:00)
・料金:無料

 

3.聖ぺーター教会

⚜さん(@sarah_benti)が投稿した写真

ミュンヘンが市に昇格する以前の11世紀前半からあったという、ミュンヘンで最も古い教会です。

階段を上って塔の上まで行くと、ミュンヘンとその周辺の街並みを一望することができる、ビュースポットがあります。

■詳細情報
・名称:聖ペーター教会
・住所:Rindermarkt
・アクセス:[U][S]Marienplatz下車、徒歩1分
・マップ:
・開館時間:[教会]7:00‐19:00(水‐12:00) [塔]月~金9:00‐18:00、土・日・祝10:00‐18:00(天候により上れないこともあります。)
・料金:€1.50、学生€1

 

4.レジデンツ

豪華で美しい内装にうっとり!バイエルン王家が住んでいた宮殿「レジデンツ」も、観光スポットとして人気です。

現在は4つの博物館と劇場になっており、宝物館ではたくさんの宝飾品を鑑賞することができるそうです。

■詳細情報
・名称:レジデンツ
・住所:Residenzstrasse 1, 80333
・アクセス:[U]ODEONSPLATZ下車 徒歩5分。[S]MARIENPLATZ下車、徒歩5分
・マップ:
・開館時間:9:00‐18:00(4/1~10/15)、10:00‐17:00(10/16~3/31)
最終入場は閉館1時間前まで
・休業日:1/1、12/24、12/25、12/31、カーニバル火曜
・料金:レジデンツ博物館(レジデンツ宝物館も同じ)€7 学生は €6 両館コンビチケット €11 学生は€9
・公式サイトURL:http://www.residenz-muenchen.de

 

5.カールス広場

Nikaさん(@niksaakomjatyova)が投稿した写真 – 2016 8月 22 10:44午前 PDT

ミュンヘン中央駅とマリエン広場の間に位置する「カールス広場」は、市民の憩いの場として親しまれています。

広場の前には大きな噴水があり、夏は涼しさと安らぎを市民に与え、冬は小さなアイススケートリンク場として活躍します。噴水を見ながら休憩して、疲れを癒しましょう。

■詳細情報
・名称:カールス広場
・住所:Karlsplatz
・アクセス:[S] München Karlsplatz下車、[U]Karlsplatz下車 それぞれ徒歩1分
・マップ:

 

6.ヴィクトリアーリエンマルクト

Phipsterさん(@phipsjolesch)が投稿した写真 – 2016 8月 19 10:38午前 PDT

ミュンヘン・マルエン広場近くにある野外市場で、食材の他に、お土産なども購入することができます。クリスマス時期には、クリスマスを盛り上げるグッズのお店が並び、多くの人々で賑わいます。

地元の人もよく利用するので、まるでミュンヘン市民になったかのような気分で買い物を楽しめますよ。

■詳細情報
・名称:ヴィクトアリエンマルクト
・住所:Southeast of Marienplatz, Munich, Bavaria 80331
・アクセス:[U][S]Marienplatz下車、徒歩6分
・マップ:
1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ドイツのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ