世界一周中の印象に残っているエピソードを旅人18人に聞いてみた!

Pocket はてブ

世界一周をしていると、普段味わえない体験をしたり、色んな国の人に出会ったり、日本で過ごしている時間とはまた違った時間の過ごし方をすることができます。今回はピースボートに乗船した18人に、ピースボートで印象に残っている出来事を聞いてみました。船ならではのエピソードもあって、読み応えのある内容となっています。

ピースボートが気になる方はこちらをチェック!

 

高木 美希(みっきー)

mickey2

カンボジアの地雷検証ツアーです。カンボジアは近年まで内戦が続いていたので、多くの傷跡が未だに残っていました。虐殺が行われた場所では、白い骨が足元に埋まっているのが見えたり、地雷の被害に合った方から直接お話を伺ったり、地雷除去作業を見学させてもらったり、地雷爆破処理の瞬間を目の当たりにしました。

自分の目で見て、その場に立たなければ感じられない事が多く、学ぶ事の多い国でした。元々血を見るのが苦手で、そういう描写があるものを避けていたので、カンボジアのツアーは衝撃的であり、印象的でした。

 

Marley

marley5

photo by happy marley

船に乗っていた時に、イルカが群れで現れて感動しました。日本で見ることができない星座や、気候の変わり目が観れる。日本で見れない自然が見れたり、船の上で流れ星が大量に見れたことは船ならではの経験だと思います。

 

前田 哲都(てっちゃん)

tetsuto5

「地球」を感じられたこと。いろんな人がいると分かったこと。実際に地球を回る中で、社会の教科書やテレビでしか見たことのなかった地域や建物、人や文化、食べ物を知り、自分の生活していた生活圏が地球単位で考えると、とてつもなく小さいものに思えた。

特に1週間、2週間も海を航海し、日に日に気候や気温が変わっていく感覚が好きでした。もわっとしたすごい湿度の南シナ海。カラっとしていて寒い北欧圏など、その土地によって違う気候を味わえて楽しかったです。

 

これまで野球に関わること、教育に関わることを中心に過ごしてきたので、自分の周りには同じような思考の人が多かったのですが、船の上ではそういう人たちは少数派で、様々な趣味や分野の価値観が入り乱れている環境はいいなと感じました。

 

黒田 由希子

yukko

モロッコに行った際、現地の人からテレビを見せられ、東北大震災が起きていることを知った。テレビにはJapanとしか書かれておらず、日本のどこで起きているのかも分からず恐怖で仕方がなかった。

その後ギリシャで募金活動を行ったり、寄港地どこへいっても世界中の人から心配をされ、声をかけてくれたのが印象的だった。

 

江尻 美幸(しら子)

sirako

子どもたちと過ごした日々が毎日愛おしかった。最初の頃の少し遠慮した姿から、私の存在に慣れてワガママを言ったり、モナコのビーチで思いっきり遊んだ後、船までのタクシーで寝てしまった子をおんぶして船に帰ったことも。

上のお姉ちゃんは、遠慮して大人のように振る舞っていたが、その時は目を覚ましつつも、身体を預けてくれてぎゅっと背中にひっついてくれた重みと温かさがとても嬉しかった。

 

友人とは、最後の寄港地のメキシコを出た時のデッキパーティーで飲みながら踊って騒いだりしました。踊ったことなんてなかったけど、みんな楽しそうにしていて、自分もとても自分らしくいられてその雰囲気が気持ち良くてたまらなかった。

 

キャプテン

cap8

今でも覚えている出来事はいくつかあります。一つは船の上でバンドを組んでライブをしたこと。ジブリの曲もやったし、めちゃくちゃ楽しかった!船の上での音楽は本当に良かったです。

次に、グアテマラでティカル遺跡を見に行ったこと。そして帰船リミットに間に合わなかったこと。中米で陸路での移動は本当に不安で、しかも自分が熱を出してしまって、周りのみんなには本当に迷惑をかけてしまった。

あと、スペインのスポーツバーでサッカー観戦し、次の日に優勝パレードをカンプノウスタジアムで見れたことは本当にラッキーでした。

 

入山 亜沙子

asako

スペインからフランスへの離脱と、船の上でやったミュージックフェスティバルです。離脱は旅感満載で、刺激をたくさん受けました。12人で離脱しましたが、今でも最高の仲間となっています。

ミュージックフェスティバルは実行委員でもあり、参加者でもあったので時間が足りないくらい充実していました。シニアの方もすごく笑顔で意欲的に参加してくれました。

 

今野 亮

imatch

グアテマラで出会った乞食の母子。グアテマラのゲストハウスで友達と過ごしていると、外に物乞いをする子どもとその母親が現れました。言葉が分からないので事情は分かりませんでしたが、食べ物かお金をくれと言っていることは分かりました。

友達と一緒に、与えるべきかどうかを悩みました。与えてやりたいが、与えることで依存を強めるのではないか、自立の機会を奪うのではないかと、真剣に考えました。ショッキングな出来事ではありましたが、友達たちと価値観をぶつけ合って本気で話し合いができ、自分という枠が良い意味で壊された出来事でした。

 

清水 章弘

poji3

船には心に闇を持って乗ってきている子もいて、僕はある一人の男の子と出会いました。僕の船のあだ名は「ポジティブのポジ」だったんですが、その男の子は正反対で、リストカットやひきこもりの経験を持つ子でした。

今までの人生で僕は会ったことがないタイプの子だったんです。でも、なぜか波長が合うというか、僕の弟みたいな感じで色々話を聞いていました。旅も終盤に近付いてきた頃に、船内でその子がみんなの前で発表する機会がありました。

船を通してかなり成長した姿を見て、その発表の言葉の中に自分の名前が発せられた時、号泣してしまいましたね。そこに成長した彼の姿があったのをはっきり覚えています。彼は今ピースボートのスタッフとして皆を支える側にいます。人はこうも変われるんだと思いました。そこに自分が少しでも関われたことを嬉しく思います。

 

藤川 史佳

shisa2

自分の置かれている状況とは全く異なる人々を自分の目で見て、考えさせられた。価値観がぐっと広がった。スペインでスリの被害に遭ったことも印象に残っています。

 

ますぴー

MSP2

私は船を2度下船し、自由に遊びました。特に思い出深い事は、ヨーロッパの寝台列車!大変だったけど、仲間との最高の思い出。その時は本場パリのフレンチレストランでドレスを着て料理を食べたり、パリのディズニーランドに行きました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

RORO
RORO
日本一小さな県出身
旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。 帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は24…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

旅人インタビュー