夏の四国旅行でおすすめの観光スポット8選

Pocket はてブ

旅をすればするほど、もっとディープな観光地に行きたいと思ってしまいませんか?今回は、観光シーズンの夏、人混みが嫌いだったり、人と違った旅がしたいというあなたのために、四国在住の私がとっておきの秘境を紹介します。

 

香川県なら、アートを感じる島めぐり

10284042536_aa77d3f9f4_k

Photo by cotaro70s

瀬戸内国際芸術祭でも有名な香川県には、アートにこだわった島々がたくさんあります。その中でも、一番有名なのは、直島。

草間彌生の巨大かぼちゃのオブジェや、建築家の安藤忠雄によって建設された地中美術館もある、アートの島です。

 

アーティストである大竹伸朗が手がけた、実際に入浴できる美術施設「I♥湯」という銭湯なんてのもありす。

外観から内装まで、絵やオブジェなどで様々な工夫が施された、なんともファンキーな銭湯。銭湯に入ってる時もアートを楽しめるなんて、直島ならではですね。

■詳細情報
・アクセス:高松港からフェリー
・電話番号:087-821-5100(フェリー運行会社:四国汽船
・料金:フェリー:大人520円 小人260円/高速船:大人1,220円 小人610円
・所要時間:60分
・オススメの時期:1年を通して訪れたい場所ですが、瀬戸内国際芸術祭2016開催中は特にオススメ(3月20日-4月17日/7月18日-9月4日/10月8日-11月6日)
・公式サイトURL:http://benesse-artsite.jp

 

香川県を食すなら、ローカルうどん屋めぐり

2379868450_832410c27f_o

Photo by raneko

さて、香川県で有名な食べ物といえば、うどん。香川県特産の讃岐うどんはコシが強く、それでいてモチっとした柔らかさもあるのが特徴。数多くのうどん店が集まる香川県は、競争も激しいので、うどんのクオリティーが超高いのです。

定番のかけうどんやぶっかけうどんもオススメですが、特に夏は、つるっとした喉ごしのうどんと、冷たいおつゆがおいしいざるうどんに挑戦してみてください。そのおいしさに、きっと驚くはず。

徳島県なら、東祖谷で古民家ステイ

東祖谷で古民家ステイ

photo by pixta

徳島県にある秘境、祖谷。そこでだんだんと人気になってきているのが、何もない場所で贅沢を味わう、古民家ステイ。特に、東洋文化研究者のアレックス・カー氏が作った「篪庵(ちいおり)」は、外国人旅行者にも人気の場所です。

築300年の茅葺き屋根の古民家を改修したもので、昔ならではの日本家屋の魅力を味わえるます。また、水回りなどは現代人にも使いやすいようきちんと整備されており、ゆっくりと贅沢な時間を味わうことができます。

■詳細情報
・名称:篪庵(ちいおり)
・住所:三好市東祖谷釣井209
・アクセス:JR大歩危駅→四国交通バス(久保行き)→小島バス停下車徒歩80分
・営業時間:宿泊・見学可能(見学は12時〜14時頃
・電話番号:0883-88-5290
・料金:料金はHPをご参照ください
・オススメの時期:春から秋
・公式サイトURL:http://www.chiiori.org/day_visit/day_visit.html

 

高知県なら、唐人駄馬巨石群で圧倒される

1036

Photo by Tomoya Fuji

高知県土佐清水市にある、なぞの巨石が立ち並ぶ唐人駄場公園。6~7メートルもの高さのある巨石群を目の前にすると、思わず圧倒されてしまいます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

四国観光のおすすめスポット一覧