内臓まで無駄なく食べるのが南米流!食もカーニバルのような彩りある南米B級グルメまとめ

Pocket はてブ

南アメリカの料理と言えば豪快に肉を焼くイメージがありますがそれだけではありません。臓物まで無駄にしないで食べる命への優しさがありますし、南米原産のトウモロコシを使った料理もあります。

南アメリカのB級グルメは辛いものは比較的少なく、やさしい味のものが多いようです。

 

シュラスコ(Churrasco)とアサード(asado)

3411201833_ab446f0a2f_o

photo by Moow

1024px-Churrasco_carioca

photo by Leonardo “Leguas” Carvalho

ブラジルではシュラスコ、アルゼンチンではアサードと言います。ウルグアイやボリビアでも一般的な南米を代表する料理です。大振りの牛肉の塊や鶏、ソーセージなどを串に刺して焼き、削ぎ切りにしてサービスされます。

基本的に食べ放題で、時間制限のないお店もあります。

 

エンパナーダ(Empanadas)

289720709_dc76d63f6c_o

photo by aokettun

エンパナーダは小麦粉とラードで作った皮で具材を包んで、焼いたり揚げたりした料理です。具材も鶏肉、牛肉ミンチに芋類、茹で玉子など、またデザートには果物を入れた甘いエンパナーダもあり、南米各国、地方ごとに少しずつ味付けが違います。

ブラジルではポルトガル語でエンパーダと言います。

 

フェジョアーダ(Feijoada)

5304721668_bcb113311f_b

photo by Andre S. Ribeiro

豆と牛肉や豚肉を煮込んだ料理をフェジョアーダと言います。もっとも有名なのはブラジルのフェジョアーダ・コンプレタでブラジルの国民食とも言われています。

黒いインゲン豆と豚の脂身、豚や牛の内臓や干し肉、ソーセージなどをニンニクを効かせた塩味で時間をかけて煮込み、バターライスやパンと一緒に食べます。レストランでは水曜日や土曜日のランチに出されるのが一般的です。

 

パステル(Pastel)

Brazilian_pastel

photo by Thomas Locke Hobbs

ブラジルのパステルは小麦粉を練って薄く伸ばした生地で具材を包んで、揚げたり焼いたり茹でたりした料理です。起源はよくわかりませんが、パスタの一種とも言えます。

具材は、牛ミンチと玉ねぎを炒めたものやバカリャウという塩鱈のほぐしたもの、チーズとトマトなど様々ですが、珍しいのはパウミットというヤシの芽を入れたものです。手軽な軽食として屋台店や軽い食事を出す店で食べられます。

 

コシーニャ(Coxinha)

347193328_dceb9ac52d_b

photo by Thomas Locke Hobbs

ブラジルのコシーニャはスライムのような形のコロッケです。鶏肉やバカリャウをジャガイモやキャッサバをつぶしたものでくるんで揚げます。ケチャップとマスタードをつけて軽食に食べるのが一般的です。

 

パモーニャ(Pamonha)

1024px-Pamonhas

photo by Isalinky

1024px-Pamonha_(unwrapped)

photo by Jorge Peixoto

トウモロコシと牛乳をトウモロコシの皮で包んで茹でて蒸したパモーニャはブラジル、特にリオデジャネイロ州の定番と言っていい軽食です。香りが良く甘みがあります。中にチーズやソーセージ、挽肉などを加えることもあります。

フェイラ(朝市)や気軽なレストランなどで普通に食べられます。

 

ムケッカ(Moqueca)

6066034349_bd86725325_b

photo by Raios de Luz – Gláucia Góes

7519822014_6806f0f4b7_b

photo by Luca Nebuloni

ムケッカはブラジルの代表的な海鮮シチューで、材料は魚、玉ねぎ、にんにく、トマトとエビやカニも使います。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

沢之翠
沢之翠
好奇心旺盛で、各地の文化にふれる旅をするのが好きですが、時には目的を決めずに旅に出ることもあります。仕事で外出中に長距離列車や飛行機を見ると無性に乗ってしまいたくなって困ります。世界の文化には …

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

グルメ特集