この夏、アジアに行ったら必ず食べたいご当地デザートまとめ

Pocket はてブ

本格的に暑くなってくる季節になりました。今年も夏がやってきましたね。

そう考えると暑い毎日が続くのだろうと考えてしまいますよね?
今回はそんな夏の暑さを吹き飛ばすアジアの食べ物を紹介したいと思います。

 

フィリピン ハロハロ

maxresdefault

Photo by kazutabiTV

そもそも「ハロハロ」とはタガログ語で「混ぜこぜ」という意味で、フィリピンの代表的なかき氷デザートのことです。

食感もナタデココや豆類による変化があり、かき氷というよりは様々な具が入った、ほんのりミルク味のクラッシュアイス入り冷水のような味わいで、後味が爽やかすっきりしているのも人気のポイントです!

 

韓国 ピンス

@kotrip_が投稿した写真


ピンスとは韓国風かき氷のこと。代表的なものは、あずきがのっているパッピンス(パッ=あずき)で、日本人にも馴染みのある見た目とお味。練乳や栗がトッピングされていることもあり、程よい甘さになっています。

写真でもお分かりのように、だいぶボリュームのあるサイズなことが多く、1つを2人などでシェアするのが定番の食べ方だそうです。

 

トッピングのバリエーションも豊富で、イチゴやマンゴーなどのフルーツが乗っているものもあれば、日本でも大人気の抹茶テイストなど様々。

お気に入りを探すためにも、何店舗かはしごをするのも楽しみ方のひとつです。

 

台湾 豆花

tamio_aさん(@tamio_a)が投稿した写真


台湾のデザートと言えば豆花を思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか?豆花とは豆乳から作られるプリンのようなものです。

 

食感がとても柔らかく、絹ごし豆腐のような味わいで、台湾人にとても親しまれているヘルシースイーツです。甘いシロップだけをかけて食べるのもいいですが、ピーナッツや小豆、フルーツなどのトッピングをかけるのもおすすめです!

 

夏は氷を入れて冷たくし、冬は生姜を加えて温かくするなど、一年中楽しめる味わいです。

 

カンボジア かぼちゃプリン

shutterstock_163950314

photo by shutterstock

カンボジアはかぼちゃの名産地でもあります。

かぼちゃプリンはかぼちゃをそのままプリンにした物ではなく、かぼちゃの中身をくり抜き、卵とココナッツミルク、砂糖を混ぜ合わせた生地を流し込み、蒸し上げていくスイーツです。だいたい1時間蒸して出来上がりです。

 

ココナッツミルクとかぼちゃの甘みが強く、優しい味わいです。お店によっては全然違う味わいになるそうなので、色々食べ歩きをしてみるのも面白そうですね。

 

タイ カノムモーゲン

1 2
Pocket はてブ

WRITER

上村朋矢
上村朋矢
ダイビングマスターです!
海が大好きです。エジプトにてダイブマスターを取得 。いつもは恵比寿をフラフラしてます。足がそこそこ速いので犬を追いかけるのが得意ですがタイでは狂犬病の犬に噛まれました。世界一周経験者。2015年の…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ