タイのタオ島がダイビングで「人気になってしまう」5つの理由

Pocket はてブ

タイはソンクーラン(水掛け祭)が有名ですがダイビングもヨーロッパの旅行者を中心に人気です。ダイビングライセンスを取得するべく、バンコクからバス8時間+船で1時間程、飛行機だと1時間程のタオ島に行ってきました。今回はタオ島ダイビングをオススメする5つの理由を紹介いたします。

 

1.沢山の魚が見れる

16700577143_9426e088f4_z

photo by Tetsuji Sakakibara

海に入ってまず驚くのは、水面からは想像できない程の魚の数!タオ島周辺の海はプランクトンが豊富なため、多くの魚を見ることができます。ファインディング・ニモでもおなじみのクマノミやイソギンチャク、魚の大群からウミガメまで、色とりどり生物達がダイバーを迎え入れてくれます。

 

2.ダイバーの憧れ!ジンベイザメに会える!

388412778_7506342a12_z

photo by Anna Faulkner

タオ島でダイビングといえば、ジンベイザメ!タオ島では野生のジンベイザメを見る事が出来ます。目撃情報が多いシーズンは3月から5月、8月から11月。タイミングによって頻度は異なりますが、今年の4月は4―5日に一回の頻度で目撃されているそうです。

僕は幸運にも見る事が出来ました。ゆったりと力強く泳ぐ姿はまさに圧巻。日本では見る事の難しい野生のジンベイザメ。タオ島でその雄大な姿を目に焼き付けては如何でしょうか?

 

3.夕日が美しすぎる

15258471499_b4d610c228_z

photo by Jeremy Foster

ダイビング後は海に沈む夕日を眺めながら、ゆったりとした贅沢な時間を過ごすのもタオ島の醍醐味!絵画の様な夕日と船が作り出す美しい景色が一日の疲れを癒してくれる事でしょう。日の入り後はファイヤーダンスやイルミネーションなどが行われ、昼間とはまた違った一面を見せます。

 

4.ダイビングライセンス取得も安心!

shutterstock_122873665

Photo by shutterstock

タオ島には日本人インストラクターが常駐しているショップも多く有るので言語対応も安心です。ネット予約で特典がつくショップもあるので事前にネット予約をおすすめします。今回予約したコーラルグランドダイバーズさんではネット予約で3泊宿泊料が無料でした。

今回、受講したのはオープンウォーターというダイビングの初級ライセンス。講習期間は合計2日間程。初日のプール実習、学科講習を終え2日目から筆記試験、海洋実習に入ります。

プール実習では200M水泳など予想以上にハードでしたが、女性の方も全員クリアしていました。講習中にゴーグルに水が入るので、コンタクトの方はもしもの為に予備コンタクトを準備することをおすすめします。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

taka chinen
chinentaka
沖縄を世界中の観光客が集まる場所へ
海とBMXと旅が好きな26歳。 2015年4月〜世界一周開始 外国人とのシェアハウスBougain Houseの家主 3年間観光媒体(web、雑誌)の仕事を通して「沖縄の可能性」を再確認。 …

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ