ベトナム観光するなら知っておきたい10のコト

Pocket はてブ

ベトナムといえば女性に人気の海外旅行先。美味しい食べ物に、可愛い雑貨、ショッピングが楽しめる国です。のんびりエステやマッサージを受けながら海を楽しむ、リゾートとしての利用価値もあるベトナム。

その基本情報を事前に頭に入れておきましょう。

 

基本情報

ベトナムは独自の文化がありながらも、フランスや中国の習慣も混じり合う国です。南北に伸びる国土では、北と南では気候が違う他、街も違う表情を見せるなど、観光で訪れるなら一箇所よりも、複数の街を訪れる楽しさのある国です。

 

ビザ

ベトナムを出国する航空券を持っていれば、日本国籍なら15日の滞在がビザ無しで可能です。15日以上の滞在や、30日以内に2回入国する際にはビザが必要となります。2015年に、新しい入国法が施行されたので注意しましょう。

 

スケジュール

各都市は2〜3日あれば回ることができますが、それぞれの街が違う表情をしているので、複数の街を観光するスケジュールがオススメです。

それぞれの街を2泊ずつするなど、移動日と観光日をしっかり分けることがベトナム観光のコツです。

 

物価

shutterstock_331182839

Photo by shutterstock

円安の影響で、以前より割高感はありますが、日本よりも安く、屋台やローカルなお店ならフォー麺などの料理が100〜200円程度で食べることができます。

ミネラルウォーター500mlで、40円程度。

 

ベトナムを旅するならこの服装

ベトナムは南北に長く、北のハノイと南のホーチミンでは平均気温の差があります。南のホーチミンだけであれば、夏服や薄手の上着だけで問題ありませんが、北のハノイなどに行く場合は、寒さを防ぐ少し厚手のアウターが必要です。

また、雨が多い国でもあるので、カッパなどの雨具があれば役立ちます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yu-ki
yu-ki
英国にてデザインアシスタントを経験後、英国からバスとシベリア鉄道を経由して日本へ帰国。海外ブランドを扱う日本のPR会社勤務を経てフリーライターに。いろいろな有名観光名所へ歩いて行ける立地のアパート…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

グルメ特集