writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

旅人にとって、観光地の写真や旅先で出会った人との記念撮影は欠かせないものですよね。しかし、ただ皆と同じように写真を撮ることに飽きている人も多いはず。そんな悩みを吹き飛ばしてくれるおしゃれでユニークな写真を投稿しているのが、世界のインスタグラマーたちです。

今回は、世界中に散りばめられた「ある角度」に取りつかれたロシア人インスタグラマーの写真をご紹介します。

この写真の秘密にあなたは気付くだろうか?

45 degreesさん(@teaforbear)が投稿した写真

この写真は女性がひまわり畑の中で太陽の光を一身に浴びている、何の変哲もない夏を感じさせる風景画です。実はこの写真にはとある秘密が隠されているのですが、あなたはもうお気づきでしょうか?

ひまわり畑と空の境界線に注目してみてください。黄色から水色に変わる切れ目がちょうど綺麗な一本の線となり、写真の角までまっすぐのびていますよね。

これがロシア人インスタグラマーのSergey Minkinさんが愛してやまない、「斜め45度」です。

斜め45度に取りつかれた男


ロシア最大の検索エンジンであるYandexのリードデザイナーであるSergey Minkin(セルゲイ・ミンキン)さんは、ロシアに活動の拠点を置き、世界中で「斜め45度」を見つけてはインスタグラムに投稿しています。

彼のつくりだす斜め45度の世界は、カメラを意図的に斜めにしてつくりだされたものではありません。平面と物体、または平面と人物をうまく融合させ、日常のなんてことない風景からこの斜め45度の世界を切り取っているのです。

世界中に散らばる45度の世界をご紹介

「これが最後」と心に誓っても、無意識のうちに斜め45度を探してしまっているというSergey Minkinさん。そんな彼の偏愛写真がこちらです。

45 degreesさん(@teaforbear)が投稿した写真

45 degreesさん(@teaforbear)が投稿した写真

45 degreesさん(@teaforbear)が投稿した写真

45 degreesさん(@teaforbear)が投稿した写真

あなたも斜め45度の世界を探しに行こう!

いかがでしたか?これから旅に出る人も、今旅をしている人も、「斜め45度」の世界を探してみたくなったのではないでしょうか。

Sergey Minkinさんのようにテーマを決めて写真を撮ると、自身の写真フォルダがぐっとおしゃれになります。オリジナルのテーマを決めて、世界にあなただけの写真を撮りにいきましょう!

writer
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング