「エヴァ初号機」実物大コックピットに搭乗できる、山陽新幹線に乗りたい!

Pocket はてブ

2015年、山陽新幹線は開業40周年、エヴァンゲリオンはTV放映開始から20周年を迎えました。これを記念しJR西日本のオファーにより、実現された「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」。今回はそんなプロジェクトの内容と、「500 TYPE EVA」の魅力を紹介します!

 

「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」とは

EVA

photo by 500TYPE EVA PROJECT

 

山陽新幹線に「エヴァンゲリオン」の監督である庵野秀明氏に監修を、メカニックデザイナーの山下いくと氏が車両をデザインをした「500 TYPE EVA」が、11月7日より新大阪から博多間で営業運転を開始しました。

 

新幹線500系V2編成の車両を改造し、外観もエヴァ初号機を思わせる塗装が施されている「500 TYPE EVA」。最長約2時間半の走行ながら、車内はエヴァンゲリオンの世界観を楽しめるコンテンツが多数用意されています。これを知ったらファンならずとも1度は乗車したくなります!

 

「500 TYPE EVA」その内容は?

混雑必至の1・2号車

さて見所である1号車。車内では、展示コーナー「新幹線×エヴァンゲリオンパネル」「フォトスポット」「ジオラマ」と体験コーナー「実物大コックピット搭乗体験」の合わせて4つのコーナーがあります。

 

SeungYeon Leeさん(@ninoholic)が投稿した写真 – 2015 12月 19 4:58午後 PST

@kokolocomoが投稿した写真 – 2015 11月 6 11:22午後 PST

1 2
Pocket はてブ

WRITER

20歳の時に東南アジアをバックパック1つで周り、旅の魅力を知りました。 大学卒業後、約4年間の旅行会社勤務を経て、現在はライターやイベント制作に挑戦しています!

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

電車・鉄道

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品