writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

#アメリカ横断する編集部 のルイス前田です。今回はアメリカ横断経験者に「アメリカ横断の費用を節約する方法」についてお聞きしました。1人あたり25-35万円の費用がかかることが判明したアメリカ横断ですが、節約方法には定番があるみたいです。

「アメリカ横断経験者に聞いてみた」シリーズでは、アメリカ横断のルートや費用などの準備からトラブル、思い出の場所などを年齢・性別・職業バラバラなアメリカ横断経験者の皆さんに答えてもらっています。アメリカ横断に興味がある人に役立つの内容なので、ぜひご覧ください。

 

#アメリカ横断する編集部「ルイス前田」

ルイス前田
世界一周中に出会った友人と旅人を増やす会社を起業して4期目。40ヶ国訪問、世界二周して、ワークライフカオスに生きてます。Webメディアの運用と開発が得意な賢者型編集長で、次の夢は宇宙飛行士です。第3土曜日で冠ラジオ番組はじめました。JFN「FUTURES」

 

食費を抑えるために自炊から

まずは自炊です。アメリカ横断の32日間96食のうち90食は自炊してました。とは言っても、よく食べよく寝る!がモットーだった僕らのチームでは自炊の食費を切り詰めることはせずに、BBQしたり、アイスを買ったりと伸び伸びと買い物をしていました。また、お酒を飲むメンバーが7人中2人だけだったので、お酒代も大きく節約できました。

キャンピングカーをレンタルしたエルモンテRVからは、海外wifiや国立公園の入場パスをお借りしたので、これら合わせて1-2万円くらいの節約になっています。

 

ガソリン代を節約する方法はある

他にもガソリン代を安くするためには、車の重量をできるだけ軽くする方法があります。具体的には、キャンピングカーに入れる水を少なめにしたり、ガソリンも満タンまで入れるのではなく5~7割あたりをキープするように給油することで燃費を良くします。

ただし、給水や給油のタイミングがうまくいかないと走行ペースが乱れる原因となるので、僕たちは車の燃費はあまり気にしませんでした。入れられるときに、常に満タンにするスタンスです。

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事