ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

#アメリカ横断する編集部 のルイス前田です。今回はアメリカ横断経験者に「アメリカ横断の準備としてやってよかったことと反省」についてお聞きしました。6-8人の旅行になることが多いアメリカ横断では、事前の準備や話し合い、下調べが大切になります。アメリカ横断がはじまってからはとても慌ただしいので。

「アメリカ横断経験者に聞いてみた」シリーズでは、アメリカ横断のルートや費用などの準備からトラブル、思い出の場所などを年齢・性別・職業バラバラなアメリカ横断経験者の皆さんに答えてもらっています。アメリカ横断に興味がある人に役立つの内容なので、ぜひご覧ください。

 

#アメリカ横断する編集部「ルイス前田」

ルイス前田
世界一周中に出会った友人と旅人を増やす会社を起業して4期目。40ヶ国訪問、世界二周して、ワークライフカオスに生きてます。Webメディアの運用と開発が得意な賢者型編集長で、次の夢は宇宙飛行士です。第3土曜日で冠ラジオ番組はじめました。JFN「FUTURES」

 

アメリカ横断の準備としてやって良かったこと

アメリカ横断企画のロゴを作って、それを元にお揃いのパーカーや横断幕を作ったことがチームの結束が出てとても良かったです。特にパーカーは最初から最後までみんなにたくさん着てもらってました。

また、TABIPPOの企画で「デスバレーでデスバーガー対決」「ホワイトサンズでビーチフラッグ」「マイアミではしご酒」などやることがたくさんあったので、思い出に残る瞬間が多くなって楽しかったです。

 

アメリカ横断の準備についての反省

出国前に準備することがとても多くて、キャンピングカーについての下調べやルートの作り込みなどが不十分でした。行ってからでも何とかなりましたが、もっと調べて用意しておけばアメリカでバタバタせずに済んだなと反省しました。

ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング