現地就職
writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

海外で働くチャンスが多い仕事に就きたい人:とにかく海外で働きたいから、海外で働くチャンスが多くなる職種を選びたい。英語が苦手なので、手に職をつけられる仕事が良いと思ってる。とはいえ、海外就職するための職種って何だろう。できるだけ多く教えて欲しい。

という疑問にお応えします。

 

日本語教師

日本語教師

日本語教師の需要は東南アジアを中心に強く、アメリカ・ヨーロッパでは少ない傾向にあります。東南アジアの人たちは日本で働いたり、日本人相手のビジネスを立ち上げるためにモチベーション高く日本語学習に取り組みます。

日本語教師になるためには免許や資格の制限はありませんが、日本語学や日本文学などの分野で4年制大学を卒業するのが望ましいとされています。

 

日本人学校の教師

日本人学校の教師

世界各地の日本人学校で働く方法は3つあります。

  1. 現地で直接学校(*1)から採用される
  2. 文部科学省の選考(*2)に合格し、派遣される
  3. 海外子女教育振興財団(*3)の選考に合格し、派遣される

*1 日本人向けの教育施設は、日本人学校、補習授業校、私立の学校法人の海外教育施設
*2 日本人学校・補習授業校への教員派遣の概要:文部科学省
*3 教職員雇用支援 | 海外子女教育振興財団コーポレートサイト

それぞれの方法で採用条件や給与が異なりますので、詳細をご覧ください。

 

通訳・翻訳家

通訳・翻訳家

現地企業や日本法人で現地語/日本語の翻訳・通訳をする仕事があります。例えば、僕の友人は海外で開発されたスマホのゲームアプリのテキストを英語から日本語に翻訳する(ローカライズする)仕事をアイルランドでしています。

他にも会議・商談などで通訳、翻訳業務を担当したり、保険・医療機関を通訳としてサポートしたり、現地の日本語話者が翻訳した内容の品質をチェックしたり。語学力に強みがある方にとって魅力的な仕事です。

 

客室乗務員(キャビンアテンダント)

客室乗務員(キャビンアテンダント)

外資系エアラインによるキャビンアテンダント(CA)の募集は通年ではなく、空きがあり次第となります。日本人(日本語話者)限定の募集、国籍を問わない募集の両方があります。

カタール航空、ベトナム航空、KLMでCAとして働いている友人がいますが、みな英語が堪能ではあるものの、ネイティブスピーカーや帰国子女ではないので、一定の語学力があれば外資系CAに挑戦できるようです。

 

ツアーガイド

ツアーガイド

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事