other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

アート作品は世界中に数多くあり、私たちの感性を刺激してくれます。そんなアート作品の中には、実際に私たちの想像もつかないような壮大な規模のアート作品も多くあります。

以前の記事でも「感性を磨く旅に出よう。思わず写真を撮りたくなる、日本の体験型アート5作品」をご紹介しましたが、今回はその幅を広げ、世界各国から厳選した一緒に撮りたくなるようなアート作品の全容とその凄さをご紹介します。

 

『ピサの斜塔(イタリア)』 ボナンノ・ピサーノ

傾いた建物として世界的に有名な「ピサの斜塔」は、世界遺産に登録されていて、イタリアでは是非訪れたいスポットの1つです。

1173年、フィレンツェ生まれの建築家ボナンノ・ピサーノによって建造されました。

建造物としても美しい「ピサの斜塔」は、一緒に写真を撮りたい人気度ナンバーワンです。みんな腕や指を伸ばしたり、傾いている塔を手で止めるポーズをしながら写真を撮って楽しんでいます。

 

『パピー』 ジェフ・クーンズ

Chee Auさん(@cheeau1)が投稿した写真 – 2015 9月 5 1:35午後 PDT

キッチュなイメージを使ったアート作品を作ることで有名なジェフ・クーンズ。

彼は、1992年にドイツで行われる展示のために、鉄の骨組みに花々を埋め込んだ巨大な犬のオブジェ「パピー」を作りました。高さ13メートル、重さは25トンもある超巨大な作品です。

1997年にソロモン・R・グッゲンハイム財団が「パピー」を購入し、スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館のテラスに移されて以来、ビルバオ市の象徴のような存在になっているそうです。

 

『巨大な花』HQ Architects

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事