宿泊で困った
tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

 

ホテルに泣きついてみる

もしも開いている部屋があるなら、ラッキーでしょう。しかし、ハイシーズンなどでどの部屋も満室状態だった場合、どうすれば良いのでしょうか?そこで試したいのが、「どこか他に泊まれそうな所ないですか?」とホテルのフロントスタッフに泣きすがる方法です。大抵の場合、他のホテルに連絡を取って貰えたりして助けてもらえますよ!

 

いっそのこと空港内で夜を明かす

11_R

photo by pixabay.com

泊まる場所がない場合、列車やバスの駅などで夜を過ごそうとされる方もおられますが、安全面を考えるなら空港が一番オススメです。特に次の日が移動日だった場合などは、空港でスタンバイしておく方が良い場合もあるでしょう。

 

アプリを活用しよう!

スマホが普及してから、全世界で宿泊系アプリなどを活用して宿をキープすることができるようになりました。本当、便利な世の中になりましたね!その中でもオススメは「カウチサーフィン」というサービスです。こちらのサービスを利用すれば、すぐにでも現地の心優しいホスト家族とめぐり会えちゃう可能性も。

新たな出会いが期待できるこちらのサービス、旅をする時は是非とも一度は利用してみたいですね。

 

まとめ

「どうしよう…。泊まる場所がない!」といった状況でも、案外なんとかなるものです。ちなみに筆者の場合、空港で一夜を明かすことが多いです。すぐに移動できるし、食べ物はすぐに確保できるし、比較的安全です。まあ、ホテルに泊まるのが一番ですが…。

tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集