ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

アフリカに旅行に行ったら、何をしたいですか?

絶景を見る旅もいいし、現地の美味しいグルメも堪能したい。本記事ではPAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されている、アフリカの「まだまだある国々」でしたいマイナーなことをまとめました!

■掲載国はこちらです
エスワティニ/マダガスカル/セーシェル/レソト/モザンビーク/コンゴ民主共和国/ブルンジ/マラウイ/スーダン/エリトリア/ジブチ/南スーダン/サントメ・プリンシペ/中央アフリカ/チャド/カメルーン/コートジボワール/ブルキナファソ/リベリア/ナイジェリア/ギニアビサウ/ガンビア/カーボヴェルデ/シエラレオネ/ニジェール/マリ/モーリタニア/アルジェリア/チュニジア/ガーナ/ザンビア/ウガンダ/セネガル/モーリシャス/コンゴ共和国/エチオピア/ケニア

読んだあとは、きっとアフリカのマイナーな国々に行きたくなっているはず。

*編集部追記
2019年2月公開の記事に新たに国を追加しました。(2019/4/2)

エスワティニでやりたいこと


photo by ①Pedro Henrique Carvalho/Shutterstock.com ②Neja Hrovat/Shutterstock.com ③mbrand85/Shutterstock.com ④Five-Birds Photography/Shutterstock.com

①ムカヤ動物保護区

出会えたらかなりラッキー! レアな野生動物・クロサイを見るため、大自然の中でキャンプ泊にトライ。

②マンテンガ文化村

スワジ族の伝統的な生活を再現する集落へ。鮮やかな衣装、民族ダンスと美声にアフリカ好きは興奮!!

③天国の谷エズルウィニ渓谷

大自然を堪能したい人には絶対オススメ。「バレー・オブ・ヘブン」が本当に天国なのか確かめたい。

④ハレーン国立公園

エスワティニでもっとも大きな国立公園。自然豊かな野生生物の宝庫で、本場のライオンを見たい。

マダガスカルでやりたいこと


photo by Sho Sekimoto

『星の王子さま』の世界が目の前に…!「バオバブの並木道」を見上げる

サン・テグジュペリの名作に登場するバオバブの木。高さ20mにもなる巨木はまるで生きているかのような存在感で、のっしのっしとこちらに歩いて向かってくるかのよう。見上げる夕暮れは、涙なしには絶対に見られない美しさだ。

photo by Aki / PIXTA

マダガスカルのキツネザル

マダガスカル島だけに生息する貴重なお猿さんたち。可愛いワオキツネザルやアイアイに会いたい。

セーシェルでやりたいこと


photo by ①Christopher Salerno/Shutterstock.com ②Tatiana Popova/Shutterstock.com ③alpinenature/Shutterstock.com ④Pavel Korotkov/Shutterstock.com

①ビクトリア・マーケット

地元民に混じって買い物するなら、マヘ島のマーケットへ。カラフルなアクセサリーを試着してみたい。

②アンス・スース・ダルジャン

ラディーク島にある、曲線が美しい岩と青い海のビーチがこちら。恋人岩をバックに写真を撮りたい。

③インド洋に浮かぶシャングリラ「グラン・アンスビーチ」で日焼けしたい

110以上の島々から成るセーシェル。その島の1つ、ラディーグ島にあるビーチこそ、かつてCNNが選ぶ「世界の厳選ビーチ1位」に選ばれたリゾート。ラグジュアリーなヴィラに泊まって、心も体も温めたい。

④ゾウガメの楽園キュリーズ島

よく見ると可愛いじゃん。のっしのっしと歩く、放し飼いのアルダブラゾウガメと触れ合って仲良くなりたい。

レソトでやりたいこと


photo by ①Leksele/Shutterstock.com ②SAPhotog/Shutterstock.com ③AdeleD/Shutterstock.com

①アフリカ最大落差「マレツニャーネ滝」からロープ1本で崖下降下

四方を南アフリカの領土に囲まれた天空の王国・レソトにある秘境の滝。その最大落差192mはあのビクトリアの滝をはるかにしのぐ。崖の上から命綱1本で懸垂降下(アブセイル)するアクティビティは、世界一デンジャラス。

②アフリスキー場スノボーで滑走

アフリカで雪まみれになれる、超レアな不思議体験をここで。標高約3,300mで華麗にターンを決めたい。

③南アの水源カツェ・ダム

標高約2,000mに広がる高原が美しいダム。大きな水煙が上がる、ダイナミックな放水を見学したい。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング