other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

その都市だけでなく、国家的にも一大行事であるオリンピック。作られる箱モノのスケールも数も、並大抵のものではありません。

商業主義が推し進められるようになった80年代以降のオリンピックでは、数々の箱モノが作られるようになりました。

 

もちろんプランニングする段階では会期終了後も使われるように計画されるオリンピック会場ですが、残念ながら予定通りに使われずに廃墟となってしまう会場も数多くあります。

中にはオリンピックで使った会場のほとんどすべてが廃墟と化している場所もあるようですね。そこで今回は、栄枯盛衰を感じる廃墟と化した元オリンピック会場をご紹介します。

 

北京オリンピック(中国)

鳥の巣のメインスタジアムで有名な北京オリンピック。まだ記憶に新しい方も多いと思いますが、ビーチバレーなど一部のマイナー競技に使われた会場はすでに廃墟と化しているところも多くなっています。

特にオリンピックにあたって新規に作った会場に、廃墟と化しているところが多くなっていますね。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事