ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

こんにちは!国際遠距離恋愛が1周年を迎えた、ライターの桃(@XxPeach)です。一歩外に出ると桜が満開!春は出会いと別れの季節でもありますが、やっぱり恋を始めたくなりますよね。ポカポカ陽気に綺麗な桜の通りや夜ライトアップされた道を、好きな人と一緒に手を繋いで歩くのは、心が満たされるような幸福感に包まれます。

今こそピンクの車に乗って、真実の愛を探す旅に出てみませんか?あの社会現象にもなるほどの絶大な人気番組、恋愛観察バラエティ「あいのり」が新メンバーを募集します。

恋愛観察バラエティ「あいのり」とは

恋愛観察バラエティ「あいのり」とは、全国から集まった見知らぬ男女がラブワゴンと呼ばれるピンクの車に乗り込み、世界各国を旅しながら「真実の愛」を見つける番組です。

1999年10月〜2009年3月まで地上波で放送され、当時の10代〜20代に絶大な支持を得ました。出演していたメンバーはタレント並みに人気になり、イベントに出席したりブロガーになったりと、今も活躍を続けています。

今回の募集はシーズン2になりますが、シーズン1では格闘技に夢中になり10年彼女を作らなかった人、公務員で2週間の有給を利用し参加した人、過去の恋愛で心が傷つきなかなか立ち直れない人など、個性豊かなメンバーが集まりました。

「真実の愛」を見つけるのがテーマ

「あいのり」のテーマは、全国から選ばれた「真実の愛」を求めた男女7名が集まり、同じ車に乗りながら旅中に起こる様々な試練を乗り越え、本当のパートナーを見つけていくこと。

参加するのに期間を決める人は少数派で、片道切符での渡航になります。そのため、恋の相手を見つけることを優先します。そして、この人が好きで一緒になりたい!一緒に帰国したい!と思ったら、告白をします。

告白では自分の思いを伝えること、そして、帰国便のチケットを渡します。OKならキスをして一緒に帰国、NGなら一人で帰国。もう一つ、どうしても心が開けなかったり、なかなかうまくいかなかった場合、自ら申告してリタイヤをすることもできます。その場合は、一人で帰国となります。

1999年10月〜2009年3月の放送では、総参加人数188人、キスして帰国したカップル44組88人、結婚したカップル8組16人、誕生した赤ちゃん11人と素晴らしい結果になりました。

放送はNetflixを中心に世界190ヶ国

「あいのり」開始当初は、日本でしか配信されていませんでしたが、その後、アジアを中心に多くの国で放映され、人気になりました。他国には恋愛リアリティ番組が数多くある中で、ベトナムではベトナム版あいのりが昨年まで放送されていたそうです。

実際に「あいのり Asian Journey シーズン1」でメンバーがベトナムに訪れたとき、ベトナム版あいのりに出演されていたカップルが登場しました。花を持ってロマンチックに告白し、今では結婚してお子さんもいるそうです。

そして今回、「あいのり Asian Journey シーズン2」は、Netflixを中心に世界190ヶ国に配信されています。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング