国際線への液体物の機内持ち込みルールまとめ

Pocket はてブ

意外に知らない国際線での手荷物による液体品の持ち込みルール!行く間際になって慌てないように最低限のルールを知っておくほうが楽しい海外旅行になるのではないでしょうか。

 

 手荷物での液体の持ち込みのルール

液体の持ち込みにルールがあるなんてビックリしましたが、確かに危険物などの回避を考えたら当然なのかも知れません。スーツケースなどチェックインカウンターで預けれる荷物の中に入れてあるのはOKです。航空機内に持ち込む手荷物の中に入れる液体類はルールを守っている方しか持ち込めません。

ジッパー付きの透明な袋に入れて、中身は100ml以下の容器に詰められているものだけしかダメで、総容量は1リットル以下しか無理です。中身が少ししか入っていない液体でも容器が100ml入り以上の大きさだとダメになります。容器は100mlまでの物にした方が良いと思います。

ジッパーの大きさは20cm×20cmでマチのついてない物を用意します。ツアーなどの場合は旅行会社が用意してくれている事もあります。

 

え?これも液体に入るの?

液体の分類として、容器に入ってなくては形が崩れるものだそうです。質問の多い物が絵に描かれています。この絵の他には、ジェルやスプレーなどもありますので、詳しくは乗られる空港の規制対象液体リストなどで確認してくださいね。スーツケースの中に入れておけばOKなのですが、スプレーなどは持ち込み自体に規制のある物もあります。

 

手荷物検査でひっかかると捨てられます

空港に到着して飛行機に乗るまでに色々なチェックがあります。その工程のどの辺りで手荷物検査はあるのでしょうか。知っておかないと困りますよね。簡単に描いてみますね。

①空港到着
②チケットカウンターに並びます。チェックイン及び荷物を預けます。
③保安検査(手荷物検査・身体検査)
④出国手続き
⑤免税店巡り
⑥飛行機搭乗

液体チェックは③の保安検査の手荷物検査で行われます。見落としがちなのですが、ペットボトルのお茶や水なども、この時、手荷物に入っていますと捨てられます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

移動・交通

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品