ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

クリスマスイブが彼との記念日のTABIPPO専属ライター桃(@XxPeach)です。今年のクリスマスは日曜日ですね!しかし毎日毎日仕事をしていると、一からケーキを作る気も起きない…。美味しい料理はシェフが出してくれるし、イルミネーション見るだけで良いか……と思いがち。

でもちょっと待って、それって去年と同じではありませんか?今年は準備は超簡単!アメリカ流でロマンチックなおうちデートを提案します!

おうちデートでゆっくり♪がアメリカ流


photo by ShutterStock

日本のクリスマスは、特別メニューを提供するお店やカップルプランを設定している施設などが、多くあります。

クリスマスはどこかで待ち合わせをし、ちょっと素敵なレストランで食事をした後は、綺麗なイルミネーションを見て、最後にプレゼントを渡すのが日本の定番かもしれません。

 

しかし、アメリカはクリスマスにお店が開いていること自体、珍しいのです。基本的にはクリスマス用に食品を買いだめし、当日はご飯を作りながら朝から晩までご馳走を食べて、お家でゆっくりするのが定番。

暖かいお部屋の中で、少しデコレーションをした内装の中、二人でゆっくり映画でも観るのも良いですね。

ディナーのメインディッシュはローストビーフかハムで


photo by ShutterStock

おうちデートなら有名なチェーン店のチキンを頼む?それともピザ?でもどっちも脂っこいのが気になる…。そんな女子の皆さんに朗報です。アメリカのメインディッシュはローストビーフまたはハム。
買ってきたものをそのままお皿に分けて食べるもよし、ローストビーフまたはハムでサラダを作って食べるもよし!チキンよりもずっとヘルシーなのは、女子にとっても嬉しいポイントです。

デザートはケーキではなくクッキーで!


photo by ShutterStock

小学生の頃、お父さんが会社帰りに事前にリクエストをした、ケーキを買ってきてくれたこともありました。お母さんと一緒に買ってきた土台に生クリームを塗って、甘い砂糖で作られたサンタさんを乗っけたこともありました。

今でも彼とおしゃれなケーキで祝うことが、多くありませんか?

 

実は、アメリカではクリスマスにケーキではなく、クッキーで祝います。クッキーなら買ってきて並べるだけ!今はすでにサンタさんやツリーの形をしたものが売っているので、それを買うのもオススメ。

ちょっと時間がある方は、チョコペンも一緒に買って、可愛く装飾をしてみても良いかもしません。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング