ライター
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

旅人の間では、半ば常識ともいえる世界三大うざい国・・・。

アジアの巨象、インド!!

ピラミッドウザパワー、エジプト!!

サハラの戦士、モロッコ!!

こちらが世界三大うざい国です。多くの旅行者はこれらの国を訪れると「うざかった・・・。」と口をそろえます。

ですが・・・これらの国ってなんで「うざい」なんて言われるのでしょうか?今回はこの三ヶ国の共通点から、その「うざさ」をさぐっていきたいと思います。

 

異常になれなれしい

3382145759_2b1dc5dcd1_b

photo by David Alpi

まず、世界三大うざい国に共通することとして、異常ななれなれしさがあげられます。

レストランでご飯を食べてたら突然相席されたり、いきなり肩を組まれたり、街中で思いっきり話しかけられたり・・・。

「俺のパーソナルスペース返せ!!」と叫びたくなります。

 

「金、金、金!!」

17160656345_b2539a6dd4_b

photo by GotCredit

「おい!写真をとってくれ!!」と言われたから写真を撮ったら・・・「写真を撮ったなら、金くれ!!」

なんてことが、世界三大うざい国ではよくあります。欲望に忠実すぎて、どうしたらいいのかわかりません。

そのほかにも、商品に触ったから金を払えだの、タクシーの料金を倍払えだの、とにかく無茶なやり方で金をせびってきます。

 

平気で理不尽なことを言う

16945765401_efe75ee8c0_b

photo by fotopamas

上にあげたお金の話ともつながりますが、世界三大うざい国の住民はとにかく理不尽です。

おつりをお菓子で払おうとしたり、気分次第でころころものの値段がかわったり、挙句の果てには「法律でこうなってる。」とか嘘をついてでも自分は正しいと主張してきます。

理屈なんて通用しません。勢いで押し切られます。

ライター
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング