年齢なんて関係ない!アラサー女性だって世界一周できる

Pocket はてブ

こんにちは!絶賛30代を楽しんでいるちゅうやんです。

TABIPPOの記事を読んでいる人の中には、女性だから…もうアラサーだから…という理由で世界一周を諦めている人がいるかもしれません。でもそれって、絶対にもったいない!

私が世界一周に出発したのは30歳の年でした。女性のアラサー世代って、仕事では責任ある立場を任されたり、結婚や出産のことを強く意識する年代でもあったり、金銭的にも余裕が出てきたり。旅立つ時の環境って20代前半の頃とはまた違うと思うんです。

旅は好きだし世界一周も夢だけど、なかなか一歩が踏み出せない。きっとそんな女性がたくさんいるのではないでしょうか。

アラサー女性の背中を押したい!そんな気持ちで書きました。

 

世界一周に行こうと思ったきっかけ

IMG_1909
大学時代、高橋歩さんの「WORLD JOUNEY  世界一周しちゃえば?」を読んで「世界一周」が大きな夢になりました。夢と言ってもほぼ諦めてる夢で「宝くじが当たればいいなー」と同じような感じです。

そして、社会人になりウユニ塩湖という絶景の存在を知ってしまいました。これは絶対に自分の目で見たい!南米まで行くのなら夢だった世界一周したい。

でも会社の休みは不規則で取れないし…と思いながら、世界一周してる方のブログを見ながら、私にもできるのだろうかと、悶々とした日々を過ごしていました。そんな毎日を過ごしてたらいつの間にか20代後半に…。

 

なぜ一歩踏み出せたか

P1301722
この10数年くらいで、社会は色々な変化がありました。ネット環境は整い世界各国でネットが使える様になり、LCCが日本にも誕生してきて、iPhoneやMacなど旅で活躍する製品も出てきました。

そして世界一周航空券や、体力がない人にお勧めのキャリーバッグの存在を知ったり。これは心配性で体力がない自分でも行けるんじゃないかと考え出すようになったんです。

 

そして年齢と共に変わっていく周りの変化。これが一番大きかったです。女性は特に敏感な結婚と出産…。同期や後輩が結婚して出産していく中、凄く幸せそうで羨ましいなぁって何度も何度も思いました。

それと同時に、お金や時間を自分のために使えるのって、今だけかも…。もしこの先結婚して子供が生まれるとなかなか長期の旅行何てできないのでは。と、周りの女性の姿が背中を押してくれました。

 

そして首にヘルニアが見つかったこと。いつか寝たきりになってしまうかもしれない…そんなことまで考えました。もう元気な今しかない!と思ってしまったんです。痛みが出たら日本に帰ればいい。このタイミングを逃したら絶対に後悔する、と。

やらないで後悔するよりやって後悔する方が絶対にいい。先のことなんて誰にも分からないし、思った時が絶対行動するタイミングだと思います。

 

定年退職後に旅行を楽しむと考えている人もいるかもしれません。でもワイナピチュに登ったり、フィッツロイを見に行ったり、標高が高いウユニ塩湖に行ったりデスロードを走ったり。

体力があるうちに訪れておいて良かったなぁと思う場所が世界には結構あるのです。

 

日本人の恵まれている環境

P3280176
「日本人が羨ましい。」出会った中国人の子に言われました。「中国ではビザを取得するのが難しく、世界一周なんて夢のまた夢。私もしたいけど、できないんだ。」と。確かに、日本のパスポートは世界でも有数のビザなしで入国できる国が多いことで有名です。

それに、日本だと来週の休みどうする?来年の休みどこ行こう?など、先のことの当たり前に計画したり夢見たりすることができますが、今日一日をどうやって生きるのか、明日は生きられるのかを考えながら生きている国の人たちだっているわけです。

日本人が当たり前だと思っていることを、自分たちの夢だと思う国の人々もいるんです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

中美砂希
心配性でも世界一周
三重県出身。大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ひとり旅

FEATURED特集

特集一覧へ