ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

東京下町名物のもんじゃを浅草で体験


photo by 桃

そろそろお腹がすいてきたら、東京下町名物であるもんじゃ焼きを楽しみましょう。

浅草もんじゃ「六文銭」は、本店と支店の二つのお店を構えています。今回お邪魔したのは、商店街の脇道、食通街にある支店です。


photo by 桃

お店はテーブル席・カウンター席・掘りごたつ席の3種類。カウンター席には目の前に鉄板があるので、横並びになって食べられます。


photo by 桃

基本的に東京下町のもんじゃ・お好み焼きは自分で作ります。作り方をご紹介しますね。

もんじゃ焼きの作り方

ここで人気の「明太子もんじゃ」を使って、江戸っ子(親子三代東京下町出身)の筆者がもんじゃ焼きの作り方をご紹介しますね。


photo by 桃

まず、どんぶりいっぱいに具材が詰まってテーブルに届くので、できるだけこぼさないよう具材をかき混ぜます(ただ、私はこぼしてしまったので気にしなくて大丈夫)。

そして、具材だけをすくって円状にし、具材を焼いていきます。具材がしんなりしてきたら、少しずつ真ん中に残りの汁を流しましょう。

 

写真左下のような焦げが出て来たら、少しずつ周りからヘラですくって食べていきます。もんじゃ焼きは鉄板からそのまま口に運ぶのが主流。

ヘラに乗る分だけをすくって食べますが、熱いとこぼしてしまうのでお皿を近くに置いておくと良いですが、自分の分だけお皿に分けることはしません。


photo by 桃

最後は上の写真のように、鉄板の端っこにある枠に焦げを押し込んで鉄板をきれいにしましょう。六文銭では、もんじゃの作り方が書いてある紙がすべてのテーブルにあるので、見ながら焼けますよ。

お好み焼きの作り方

続いて、お好み焼きの作り方を定番の「豚玉」で紹介します。


photo by 桃

具材を混ぜるところは、もんじゃ焼きと同じ。もともとドロッとしており、鉄板で焼くのは簡単です。そのまま鉄板に大きく一つ、または二つに分けて焼いていきましょう。

鉄板とお好み焼きの間にヘラを入れて焼き上がるの確認し、いい感じに焦げがついたら二つの大きなヘラでひっくり返します。

 

両面が焼けたら青のりやカツオ節を乗せますが、ちゃんと焼けたか確認したいときは、トッピングをのせる前に半分に切って中を確認しましょう。お好み焼きの中心が焼けていないことが多いので、ときどきヘラで押せばしっかり焼けます。

お好み焼きはもんじゃと異なり、何等分かしたものをお皿に分けて、箸で食べます。

 

六文銭は、テレビでも何度も紹介されたことのあるもんじゃ焼き・お好み焼き屋さん。メニューもたくさんあり、選ぶのに苦労しそうです。

■詳細情報
・名称:六文銭
・住所:東京都台東区浅草1-8-4
・地図:

・アクセス:東武スカイツリーラインまたは東京メトロ浅草駅から徒歩5分、つくばエクスプレス浅草駅から徒歩3分
・営業時間:月曜日〜金曜日は16:30~23:00(ディナーのみ)、土曜日・日曜日・祝日は11:30~22:30(ランチ・ディナー)
・定休日:なし
・電話番号:050-3490-6939
・公式サイトURL:https://www.rokumonsen.co.jp/

夜の浅草寺周辺を歩く


photo by pixta

もんじゃ焼きを楽しんだら、少し夜の浅草を散歩してみましょう。浅草寺内は明るくライトアップされるため、お昼に訪れた時とはまた違った景色が見られて、とてもきれいです。


photo by 桃

上の写真は伝法院通りですが、食事処と仲見世以外は早めに店が閉まるところが多く、ゆったりと散歩が楽しめます。


photo by pixta

夜遅くなっても浅草寺内には人がたくさんおり、写真をたくさん撮る人も。奥にはスカイツリーもよく見えるので、夜のお散歩には最適ですよ。

■詳細情報
・名称:浅草寺
・住所:東京都台東区浅草2-3-1
・地図:

・アクセス:東武線・浅草線・銀座線浅草駅から徒歩5分
・開堂時間:6:00〜17:00(10月〜3月は18:30)
・電話番号:03-3842-0181
・公式サイトURL:http://www.senso-ji.jp/

ホッピー通り沿いの飲み屋でサクッと一杯飲む


photo by 桃

浅草寺周辺にあるホッピー通りは、浅草に来たら寄りたい場所の一つ。昼から飲める場所として昼夜問わず毎日多くの人が訪れます。

夜はサラリーマンや地元の人など、多くの人が行き交うので昼より活気付いています。

 

その中でも、比較的新しく焼き鳥・鉄板焼き・天ぷら・バーと4つのお店が一つになっている「浅草 三ちゃん横丁」は、お手洗いもきれいでカップルで行くのにぴったりなお店です。

4つのお店のどれを注文してもOK。メニューも豊富で、ホッピー通りを気軽に体験するのに最適なお店です。

■詳細情報
・名称:ホッピー通り
・住所:東京都台東区浅草2-3-19
・地図:

・アクセス:東武スカイツリーライン・東京メトロ浅草駅から徒歩6分、つくばエクスプレス浅草駅から徒歩2分
・営業時間:24時間営業

川沿いを散歩しながらホットドリンクを


photo by 桃

最後は、駅の近くにある隅田川沿いを散歩して帰りましょう。橋を越えた先にはスカイツリーがきれいに見え、通りから若干離れていて少し暗く、落ち着いた話ができます。

春は隅田公園(浅草側)の桜が満開になりとてもきれい。川沿いにはタリーズコーヒーもあるので、口直しのコーヒーを飲みながら歩けるので、デートの締めにはぴったりですよ。

■詳細情報
・名称:隅田公園
・住所:東京都台東区浅草7-1
・地図:

・アクセス:東武スカイツリーライン・東京メトロ浅草駅から徒歩1分

浅草で昔ながらの日本を感じるデートを

東京の下町・浅草は、訪日外国人が必ずと言っていいほど訪れる、昔ながらの日本を感じられるスポットがたくさん残っています。

また、一駅先には東京スカイツリーもあり、展望台や水族館、プラネタリウムなど、浅草とはまた大きく違ったデートが楽しめるので、足を延ばすのも良さそう。

 

ちなみに、浅草駅は東武スカイツリーラインなどの地上を走る改札、東京メトロの地下を走る改札、さらに、少し離れたつくばエクスプレスの改札はすべて離れています。相手が何線で帰るのかしっかり把握しておくと、見送りがスムーズです。

2人のペースで浅草デートがすてきな思い出になると良いですね。

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング