ピースボートのスタディーツアー「負の世界遺産アウシュヴィッツ強制収容所へ」に参加してみて

Pocket はてブ

アウシュヴィッツ強制収容所

ツアー4日目はいよいよアウシュヴィッツ強制収容所へ。強制収容所の見学に際しては、現地ガイドの中谷剛さんに案内をしていただきました。中谷さんは日本人で唯一アウシュヴィッツの現地ガイドをしていらっしゃる方で、ピースボートのツアーがアウシュヴィッツを訪れるときは毎回受け入れをしていただいています。

中谷さんのお話は、強制収容所での惨劇やホロコーストが起こった歴史的・社会的背景、現代社会との関連性など多方面に渡り、多くのことを考えさせられました。

そして、私たちがアウシュヴィッツ強制収容所を訪れたのは6月14日。この日は奇しくも78年前にアウシュヴィッツ強制収容所がはじまった日でもありました。見学当日は記念式典が行われており、多くの人々が来場していました。

 

ビルケナウ強制収容所

ツアー5日目は前日に引き続き、中谷さんのガイドでビルケナウ強制収容所を見学。広大な敷地を擁するビルケナウ強制収容所には300以上の木造囚人棟、人間の大量虐殺を唯一目的としたガス室などの施設が建設されました。

収容所内まで敷かれている線路には、ヨーロッパ各地から連行されてきた人々を乗せた貨車が乗り入れられました。

青空が晴れわたり、草木が生い茂る緑の大地。私の目にはビルケナウ強制収容所は「死」とはかけ離れた穏やかな場所に映りました。

そんなのどかな景色のなかで起こった惨劇の数々、その対照的な光景は人間の残虐性をより一層に引き立てているように感じました。

 

ツアー報告会・展示会

ピースボート帰船後、私たちは今回のツアーを通して学んだことを多くの人と共有するために、船内で報告会と展示会を開催。ツアーを終えてからまだ日が浅く、気持ちの整理がついていないなか、ツアー参加者一人ひとりが懸命に「伝えること」に向き合いました。

会当日は想定していたよりもずっと多くの人が来てくださいました。そのなかには話を聞いて涙を流してくださる方もいらっしゃって、本当にやって良かったなあと思いました。

 

おわりに

「過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目である」これは、1985年当時のドイツ大統領ヴァイツゼッカー氏の言葉です。

終戦後、ドイツは過去に犯した過ちを受け止め、謝罪し、このようなことが二度と起こらないよう平和教育に努めています。こうした凄惨な歴史を教訓として後世まで保存しようとする取り組みから、アウシュヴィッツ及びビルケナウ強制収容所は世界で最初の「負の世界遺産」に登録されました。

スタディーツアー「負の世界遺産 アウシュヴィッツ強制収容所へ」は、アウシュヴィッツの歴史を学ぶだけでなく、自分自身や現代社会の在り方を見つめ直すきっかけとなりました。

 

アウシュヴィッツでの惨劇を他人事ではなくいかに自分事として捉えるか、そしてこのようなことはどんな時代でも起こりうる可能性があることをしっかり心に留めて、これからの未来を生きていきたいと思いました。

一人でも多くの人にアウシュヴィッツを訪れてもらうために、ピースボートでは今後も本ツアーを継続催行していくそうです。この記事が少しでもアウシュヴィッツに興味をもっていただくきっかけとなれば幸いです。ありがとうございました!

 

▼ピースボートデッキ~さらに詳しい情報はこちら~
https://pbdeck.net/
▼ピースボート公式LINE
https://page.line.me/peaceboat

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

船・クルージング

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品