株式会社TABIPPOはオーストラリア政府観光局と共に、オーストラリアの国境再開によるZ・ミレニアル世代の旅行促進を目的としたキャンペーン「Ready for Australia! ​​#そろそろ始めるオーストラリア」を2月16日(水)に開始しました。

「Ready for Australia! 」キャンペーン企画概要

①特設サイト


オーストラリアの最新情報や国境再開を祝福するメッセージをまとめた特設サイトを2/16(水)に公開いたしました。タイアップYouTube動画や特集記事など、オーストラリア旅行の準備が楽しくなるコンテンツをご用意しております。
https://australia.tabippo.net/ready-for-australia/

②タイアップYouTube動画

タイアップ動画ではオーストラリアに縁のある人気YouTuber2組が、現地の最新情報とワーホリの体験談をお伝えいたします。

1) 大家族フォーサイス家「【国境再開!】日豪大家族のオーストラリア観光Vlog!シドニーの大人気観光地を散策」

7男1女の日豪ハーフ大家族YouTuber・大家族フォーサイス家がシドニーの現地最新観光情報をレポート。シドニーの美しい街並みや美味しいグルメを映像で堪能することができます。

2) はだし夫婦「海外で暮らすと人生はどうなる?565日間の夫婦ワーホリのリアル体験談」

気になるオーストラリアでの生活やワーホリの疑問・質問に対し、ワーホリ経験者のはだし夫婦が現地写真や映像を交えて回答します。

③キャンペーンサポーター

上記YouTuber2組に加え、GoProトラベラー近藤あや、フォトグラファーものんろん、株式会社Ghost代表取締役の小柳津林太郎など、総勢12組のインフルエンサーをキャンペーンサポーターに任命。オーストラリアへの旅を共に盛り上げるサポーターとして、約2ヶ月間、オンライン交流会やSNS発信を行います。

④SNSキャンペーン


「#そろそろ始めるオーストラリア」をハッシュタグにTwitterキャンペーンを同時開催。
TimTamやコーヒーセット、Aesopトラベル用ハンドウォッシュなど、オーストラリアにちなんだ賞品を抽選でプレゼント。SNSとの連動によりキャンペーンの認知拡大を促進します。

編集部
伊藤 美咲 業務委託 / エディター

1996年東京生まれ。ステキな人やモノを広めるライター。2019年にフリーライターとして独立し、インタビュー記事、地方取材記事、イベントレポート、プレスリリースなどの執筆などを手がける。短期間でサクッと行く旅と音楽が好き。普段は多国籍なシェアハウスで暮らしています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング