【オーストラリア・レッドセンター】初めての海外ひとり旅で言葉を失って気付いた大自然の魅力とは…?

提供 : ノーザンテリトリー政府観光局
Pocket はてブ

こんにちは、数年前にオーストラリアでワーホリをしていたロイです。

日本の約20倍もの大きさを誇るオーストラリア。男だったらそんな広大な大地を自由気ままに旅をしてみたい! そう思ったことはありませんか?

ゴールドコーストのようにビーチが綺麗な場所や、シドニーのように大都会など、たくさんの顔を持っているのが魅力ですよね。

 

僕はワーホリに行く前に旅をしようと思い、オーストラリアを訪れました。その際に僕が旅をしたのは、ノーザンテリトリーの「レッドセンター」です。

ここでは、ケアンズやゴールドコーストなどの沿岸部とはまた違った一面を見ることができました。今回はそんなノーザンテリトリーの魅力を僕の「レッドセンター男ひとりドライブ旅」の想い出と共にご紹介していきます!

 

初海外は壮大なウルル(エアーズロック)を見たかった!

phpto by ryosuke  aoki

初海外は「英語圏の国であること」「治安がいいこと」「日本人がよく行く観光名所であるということ」、この3点が条件でした。

旅をする前の僕は、海外に行ったことが無く、知識も全くありませんでしたが、そんな僕でも何となく知っていました。そんなに有名なんだから、さぞかし凄いんだろうなぁという好奇心でオーストラリアに興味を持ちました。

ちょうど上記の条件にも当てはまるので、自分の大好きなドライブ旅でオーストラリアに行くことを決めたのです。

 

レッドセンターにある大自然

オーストラリアの中心、ノーザンテリトリーの南部は、赤色の土がどこまでも広がることから「レッドセンター」と呼ばれています。

オーストラリアの大都市のほとんどが沿岸部沿いにあるため、アリススプリングスを含むレッドセンターでは、他のオーストラリアの地域とは全く違った大自然を楽しむことができます。

 

満点の星空を見たく、滞在はキャンプに

phpto by ryosuke  aoki

夜は基本的にキャンプスタイルで生活していました。オーストラリアは星がすごく綺麗なので、満点の星空の下で過ごしてみたかったのと、キャンプの方が旅感が出るからという理由です。

日本から鍋やガスコンロを持参して、自炊をしていました。キャンプで食べるご飯って、本当に美味しいんですよね…。日本では珍しい食材や、カンガルー肉なども売っていて、毎日楽しく料理できました。

 

たまに贅沢をしてピザやハンバーガーなんかもいただきます。オージービールとの相性が最高でした!

オーストラリアは物価が高いと思われがちですが、パスタ500gで60円、ピザもホールで500円ほどで買えるので、きちんと選べば節約して旅することも可能です。

 

ケアンズまで直行便で初海外でも安心

まずは日本からケアンズに向かいます。多くの直行便が就航しているので、トランジットの心配もなく、安心してオーストラリアに着きました。

日本人観光客がとても多く、街中では日本人や日本語のお店をたくさん見かけたのが特徴的でした。

 

自然あふれるノーザンテリトリー

phpto by ryosuke  aoki

ケアンズで車をレンタルし、上のようなルートでクイーンズランド州からノーザンテリトリーに進入し、エアーズロックのあるYularaに向かいました。

オーストラリアは日本と同じく左側走行なので、難なく走ることができます。また、速度制限も大抵時速110kmから120kmまでとなっており、見通しが良く最高なので、日本では体験できないような爽快感で運転することができるのでオススメです。

 

ノーザンテリトリーに足を踏み入れると、驚くべき光景が待っていました。遮るものなど何もない視界一面の空、禿げた地面が見えるくらい乾燥している大地。そして、う、牛…。

人生で一番旅を感じていました…。こんな風景を望んでこの地にやって来たのだと実感します。

phpto by ryosuke  aoki

夕焼けもとても素敵で、周りに明るいものが無い分、太陽の光は最後まで地平線で淡いオレンジ色になって輝き続けます。本当にうっとりする時間です。

 

アリススプリングスで文化を感じる

phpto by ryosuke  aoki

レッドセンターへ行くならマストで訪れる場所である、アリススプリングスに到着しました。

この街は非常に歴史的な街で、オーストラリアの先住民族アボリジニに関する博物館やアボリジアートのお店などが多数存在します。もちろん、ショッピングモールやパブなどもあります。

phpto by ryosuke  aoki

僕は爬虫類が大好きなので、アリススプリングスレプタイルセンターを訪れることに。ここにはトカゲやヘビ、ワニなどがいます。ここでしか見られない、オーストラリアの貴重な爬虫類なども見ることができました。

 

壮大な景色が広がるキングスキャニオン

phpto by ryosuke  aoki

オーストラリア政府観光局公式サイト

キングスキャニオンは、エアーズロックの近郊にある、観光スポットです。数時間かけて絶壁の上まで登り、絶壁の上から渓谷や朝日・夕日を楽しむことができます。まさに冒険という感じがして、非常に興奮しました。オーストラリアでこのような絶景が見られる数少ない場所です。

 

言葉が出ないほど素晴らしかった

phpto by ryosuke  aoki

ウルルは、かなり遠くからでもはっきりと見えるほど圧倒的です。

ものすごい迫力にワクワクが止まらず、いざ実物を目の前にすると、その迫力に言葉が出ません。オーストラリアを選んで正解だったと改めて実感しました。

 

ウルルは、ウルル・カタ・ジュタ国立公園の中にあります。この公園内には宿泊できませんので、周辺のエアーズ・ロック・リゾートに宿泊します。

リゾートの名にふさわしく、お土産屋さんやレストランなどを楽しめるのはもちろん、スーパーマーケットもあるので自炊することも可能です。宿泊スタイルも、ホテルもあればキャンピングサイトもあるので、自分好みの時間を過ごすことができます。

phpto by ryosuke  aoki

リゾート内にはラクダファームが存在します。20分ほどのお試しライドも可能。日本ではなかなか乗る機会の無いラクダに乗れるチャンスです。写真も撮ってくれるので、是非チャレンジしてみてくださいね。

ラクダツアーの他にも、ディナーコースや、スカダイビング、ヘリコプターツアーなども行なっており、様々な楽しみ方ができるのも特徴的。

 

大満足の男ドライブひとり旅はレッドセンターで

phpto by ryosuke  aoki

男ひとりドライブ旅、レッドセンターを選んで大正解でした。レッドセンターは、他の場所では体験できないようなことを経験でき、興奮しっぱなしです。日本やオーストラリアの他の地域には無いのではないかと思うほど、壮大で見通しが良い道で、自分の好きなドライブを最大限に楽しむことができました。

 

キャンピングカーのレンタカーも行なっているので、移動中や宿泊自体も旅を感じることができます。朝日・夕焼けや星空がとんでもなく綺麗。どこまでも広がる地平線に満点の星空を堪能できるのも、大自然のノーザンテリトリーの魅力です。

その他にもノーザンテリトリーのレッドセンターには魅力が沢山あります! 僕がこの度で惜しくも行けなくて、でもぜひ皆さんには行ってほしいスポットが1つあります。

それが「ウェスト・マクドネル国立公園」です。

photo by shutterstock

ここは、6,000万年前から流れる川によって形成され、マクドネル山脈の亀裂で出来ている公園なのです。その壮大な大自然の中で冒険心がくすぐられること間違いなしです!

 

トラベルコちゃんでレッドセンターへ行こう


今年の夏休みにどこに行こうか考えている方、特に冒険好きな方であれば、是非ノーザンテリトリーのレッドセンターを旅することをおすすめします!

日本から飛び出して、非日常感と壮大な自然にワクワクしてみませんか?

Pocket はてブ

WRITER

大学3年時にワーホリで2年間オーストラリアへ。人生初の旅は1万kmの自転車旅。大自然や人の暖かさに魅せられ今は自転車で世界一周を計画中。TABIPPO札幌の代表を務め、地元北海道の若者に旅を広げる…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

オーストラリアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品