華やかな中欧の国「オーストリア」で絶対に外せない観光スポット37選

Pocket はてブ

11.ウィーン大学

Die Saison ist eröffnet! #Bibliothek #wien #universitatwien

Özlem Aksoyさん(@ozz_aksy)が投稿した写真 – 2016 8月 22 3:00午前 PDT


ヨーロッパには世界に誇れる数々の名門大学がありますが「ウィーン大学」もそのひとつです。「ウィーン大学」が開学されたのは1365年のこと。それ以来、多くの優秀な人々を輩出し、ノーベル受賞者は9人になります。現在は約91,000人の学生が在籍しています。ぜひ、ルネサンス様式の本館に入り、ヨーロッパの名門大学の雰囲気を存分に味わいましょう。

■詳細情報
・名称:ウィーン大学(Universitat Wien)
・住所:1区、Universitatsring 1
・アクセス:地下鉄「Universitat」下車
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.univie.ac.at

 

12. ウィーン交通博物館

15481625303_c22d3a7943_k

Photo by:Dario Sušanj

ウィーンにはマニアックな博物館もたくさんあります。鉄道好きですと「ウィーン交通博物館」は見逃せませんね。ここにはウィーンを駆け巡った路面電車など約100両が展示されています。2014年に生まれた博物館のため、最新のテクノロジーを使って公共交通を紹介。普段、鉄道に興味がない方でも楽しめるようになっています。

■詳細情報
・名称:ウィーン交通博物館(Verkehrsmuseum Remise)
・住所:3区、Ludwig-Koebler-Platz
・アクセス:地下鉄「Schlachthausgasse」下車
・営業時間:9:00~18:00(水曜日)、10:00~18:00(土曜日、日曜日)
・定休日:上記の営業日以外
・料金:6ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.wienerlinien.at/eportal3/ep/channelView.do?channelId=-46636

 

13.病理・解剖学博物館


まず、この博物館を訪れる際にはそれなりの覚悟を持ってください。食事前に訪れるのは避けたほうがいいでしょう。もともと、「病理・解剖学博物館」に使われている建物は精神病棟として使用されてきました。ここには、摘出された臓器、奇形胎児や病理学の資料が集められています。世界でも名だたるマニアックな博物館と言えるのではないでしょうか。

■詳細情報
・名称:病理・解剖学博物館(Pathologisch-anatomische Sammlung imNarrenturm)
・住所:9区、Spitagasse2
・アクセス:路面電車5、33、43、44系統「Lange Gasse」下車
・営業時間:10:00~18:00(水曜日)、10:00~13:00(土曜日)
・定休日:上記の営業日以外
・料金:2ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.nhm-wien.ac.at/forschung/anthropologie/pathologisch-anatomische_sammlung_im_narrenturm

 

14.『第三の男』ミュージアム

8370201820_9baab3986f_k

Photo by:Hannu Makarainen

ウィーンは「映画の街」としても知られています。『第三の男』、『愛の嵐』、『ヒフォア・サンライズ』など、数々の名作がウィーンで撮られているのです。その中で、最も有名な作品が1948年に撮影された『第三の男』ですね。「『第三の男』ミュージアム」では、映画にまつわる当時のチラシやレコード、撮影時に使われた道具が展示されています。映画好きにはたまりませんよ。

■詳細情報
・名称:『第三の男』ミュージアム(Dritte Mann Museum)
・住所:4区、Pressgasse 25
・アクセス:地下鉄「Kettenbruckengasse」下車
・営業時間:土曜日 14:00~18:00
・定休日:上記の営業日以外
・料金:8.5ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.3mpc.net

 

15.プラーター


ウィーンを舞台にした映画で度々、登場するのが「プラーター」。世界最古の大観覧車がある遊園地として知られています。1873年には万国博覧会の会場としても使用され、日本もこの万博に参加しました。全体的にクラシカルな雰囲気が漂い、子供たちやカップルで終日、賑わっています。一人旅ですと、ちょっと肩身の狭いスポットとも言えますね。

■詳細情報
・名称:プラーター(Prater)
・住所:2区、Riesenradplatz 1
・アクセス:地下鉄「Pratersten」下車
・営業時間:10:00~21:45(3月、9月、10月、12月)、9:00~23:45(4月~8月)、10:00~19:45(11月、1月、2月)
・料金:9.5ユーロ
・所要時間:半日
・オススメの時期:冬以外
・公式サイトURL:http://www.prater.at

 

16.モーツァルトの生家

3006447863_4b00c77034_b

Photo by:Neil Willsey

次に、オーストリア西部を代表するザルツブルクを見ていきましょう。ザルツブルクは天才作曲家、モーツァルトが生まれた場所として知られており、モーツァルトの生家がそのまま保存されています。それが「モーツァルトの生家」です。ここでは、モーツァルトの子供時代に使っていたバイオリンや自筆の楽譜、手紙などが保存されています。

■詳細情報
・名称:モーツァルトの生家(Mozarts Geburtshaus)
・住所:Getreidegasse9
・アクセス:ゲトライデガッセ通り沿い
・営業時間:
・定休日:8:30~19:00(7月、8月)、9:00~17:30(9月~6月)
・料金:大人10ユーロ、学生8.5ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.mozarteum.at/museen/mozarts-geburtshaus.html

 

17.レジデンツ

Сегодня в Зальцбурге ночь музеев.

Nikolay Kоさん(@smuggler_s)が投稿した写真 – 2013 10月 5 3:29午後 PDT


ザルツブルクの大司教が実際に居住していたのが「レジデンツ」です。16世紀頃に建造が開始されました。レジデンツの建物の様子はもちろんのこと、大司教がコレクションした絵画やザルツブルクの歴史を解説した展示物もあります。ザルツブルクを訪れたら、立ち寄りたいスポットのひとつですね。

■詳細情報
・名称:レジデンツ(Residenz)
・住所:Residenplatz1
・アクセス:ザルツブルク中央駅から徒歩20分ほど
・営業時間:10:00~17:00(水曜~月曜)
・定休日:火曜日(9月~6月)、12月24日、12月25日、復活祭の日曜
・料金:大人12ユーロ、学生10ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.salzburg-burgen.at/de/residenz

 

18.ホーエンザルツブルク城塞

2311383675_3816b1c0a2_o

Photo by:Wolfgang

ザルツブルクのシンボルと言えるのが「ホーエンザルツブルク城塞」です。この城の歴史は意外と古く、叙任権闘争が激しかった11世紀まで遡ります。現在の姿になったのは17世紀のことです。内部はガイドツアーによる見学ですが、日本語のオーディオガイドが付いているのでご安心を。なお、城塞へはケーブルカーでたどり着くことができます。

■詳細情報
・名称:ホーエンザルツブルク城塞(Festung Hohensalzburg)
・住所:Monchsberg34
・アクセス:市街地から徒歩40分(ケーブルカーあり)
・営業時間:9:00~19:00(5月~9月)、9:30~17:00(10月~4月)
・料金:11.3ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.salzburg-burgen.at/de/hohensalzburg

 

19.ザンクト・ペーター教会

2959613579_969fa12545_b

Photo by:thisisbossi

ザルツブルクにはドイツ語圏最古の修道院が存在します。それが「ザンクト・ペーター教会」です。僧院が建設されたのは696年、付属の「ザンクト・ペーター教会」は12世紀にゴシック様式で建てられました。周囲には墓地があり、墓碑が美しい花々で飾られており、見所のひとつとなっています。

■詳細情報
・名称:ザンクト・ペーター教会(St.Peter Stiftskirche)
・住所: Sankt-Peter-Bezirk 1, 5020 Salzburg
・アクセス:ホーエンザルツブルク城塞行きのケーブルカー乗り場周辺
・営業時間:ホームページをご覧下さい
・定休日:11月に3週間
・料金:カタコンベ 2ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.erzabtei.at

 

20.おもちゃ博物館

14880994379_2ccdd12946_k

Photo by:Sören

ユニークな博物館が多いオーストリア。ザルツブルクも例外ではありません。「おもちゃ博物館」は子供だけでなく大人でも楽しめるユニークなつくりとなっています。ドールハウスや人形などの可愛らしいものから、ちょっとした滑り台まであります。また、工芸品も並んでいるので、ぜひチェックしてみましょう。

■詳細情報
・名称:おもちゃ博物館(Spielzeugmuseum)
・住所:Burgerspitalgasse 2
・アクセス:バス「H-v.Karajan-Platz」下車
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:月曜日、11月1日、12月25日
・料金:4ユーロ、16歳~26歳 2ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.museums.nuremberg.de
1 2 3 4
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

オーストリアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品