2代目バチェラー・小柳津林太郎がいくカップルにおすすめの盛岡TRIP!【恋する盛岡】

提供 : 盛岡市
Pocket はてブ

みなさん、こんにちは。「Amazon Prime」で配信中の恋愛ドキュメンタリー番組、『バチェラー・ジャパン』のシーズン2に出演している小柳津林太郎です。

よく旅をするのですが、一人旅というよりも誰かと一緒に出かけることが多いです。そんな僕がカップル旅におすすめの旅を提案したいと思います。今回出かける先は、盛岡! どんな場所や食事に出会えるのか楽しみです。

デートに使えそうなスポットとコースを僕なりの観点で巡りながらご紹介できればと思います。ちなみに今回は1泊2日の弾丸ツアーだったのですが、意外と多数のスポットをまわることができました。

 

まずは、東京駅から盛岡駅へ

今回は、昼過ぎに東京駅から東北新幹線に乗って向かったのですが、「はやぶさ」に乗ると、2時間13分とあっという間な時間で、盛岡まで行くことができたので驚きました。東京から大阪へ行くよりも、実は盛岡の方が近いのです。僕自身、盛岡へ行くのは7年ぶりだったので、駅に降り立った瞬間からどこか懐かしい空気が流れていました。

ちなみに、僕は計画的に旅をするというよりは、事前に予習はするにせよ、当日の気分で場所を決めて巡るのが好きなタイプです。デートでも変わりません。大事なのは、事前に予習していくつも選択肢を持っておくこと。いざという時に、アイデアの引き出しが多いことは、仕事でもプライベートでも重要だと思います。

 

「ぴょんぴょん舎盛岡駅前店」で腹ごしらえ

まずは、腹ごしらえ!ということで、ベタではありますが、外さない王道の店で盛岡冷麺を。

盛岡といえば、「ぴょんぴょん舎」が有名です。色々なメニューがありましたが、一番人気の冷麺をいただきました。やはり盛岡冷麺といえば、独特の麺のコシと出汁が素晴らしい。爽やかなお味で、ツルッとすぐに完食できました。

■詳細情報
ぴょんぴょん舎盛岡駅前店
住所:〒020-0034 盛岡市盛岡駅前通9-3
電話:019-606-1067
営業時間:11:00~24:00(ラストオーダー23:00)
Google Map:https://goo.gl/maps/ypornrdXqa66zLLf8

 

「啄木新婚の家」で思いを馳せる

腹ごしらえも済ませたので、駅から徒歩圏内で行けるスポットを巡ってみることに。盛岡といえば、様々な文化人の出身地なのは知っていましたか? まずは詩人・石川啄木がその一人。彼の新婚時代のご自宅(「啄木新婚の家」)が盛岡にあるんです。

管理人の方が施設内を綺麗に保っておられ、趣のある古民家でした。お庭の自然も含めて、東京にいるとなかなか感じられない穏やかな空気感でした。

ちなみに盛岡駅からは北上川を渡り、約徒歩13分で行けるので、食後の運動にはとても最適でした。

■詳細情報
啄木新婚の家
住所:〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3丁目17−18
電話:019-624-2193
営業時間:8:30~18:00
Google Map:https://goo.gl/maps/4mxWGWZpWkJmKaXR6

 

さて、そこから市街地のホテルにチェックインし、荷物を置いて、さらなるスポット巡りへ。ホテルで運良くレンタサイクルを入手したので、自転車で巡ることにしました。盛岡はコンパクトなので、天気が晴れていれば、自転車で巡ることをおすすめします。

 

「盛岡城跡公園」で夕日に黄昏れる

自転車でまず巡ったのは、「盛岡城跡公園」です。

公園の中は、カップルでのんびり散歩するのに最適です。僕は運良く夕日が綺麗な時間帯に訪れたので、とても美しい景色を見ることができました。昔の天守閣があったあたりから盛岡の景色を眺めるのもおすすめです。

そして、程よく緑も多いので、紅葉の季節もきっと景色が素敵ははず。中でも、特に印象深かったのが、橋の色。実際に見て頂くと分かると思うのですが、普通の赤というよりも真紅に近い色でした。

■詳細情報
盛岡城跡公園
住所:〒020-0023 岩手県盛岡市内丸1−80
電話:019-639-9057
営業時間:24時間
Google Map:https://goo.gl/maps/LkTaqrBpmWYY49gp9

 

「ござ九」で友人へのお土産探し

次なるスポットは、茣蓙九・森九商店、略して「ござ九」です。

この場所、元々は江戸後期から明治にかけて燈明用の燈心売や藁工品などを扱っていた商家だったそうですが、今は、竹カゴや竹ザルなどの竹製品を販売しており、お土産にも最適です。

今回は取材だと伝えたので、特別に中庭にも入らせて頂いたのですが、先代からの歴史を感じる雰囲気のある空間でした。

■詳細情報
茣蓙九・森九商店
住所:〒020-0885 岩手県盛岡市紺屋町1−31
電話:019-622-7129
営業時間:8:30~17:30
Google Map:https://goo.gl/maps/FdPDHuQH1vMoVQsH6

材木町の「よ市」で食べ歩き!

先日、知り合いにたまたま、盛岡に行くのであれば、「よ市」が開催されているからおすすめだと聞いたので調べて行ってみました。

4月〜11月は毎週土曜日に材木町というところで、ストリートマーケットを開催しているとのことでした。僕が訪れたのもドンピシャで土曜だったので、運良く訪れることができ、ご縁を感じました。

「よ市」というと夜に開催されるのかなと勘違いしていたのですが、「よ市」の“よ”には、多種にわたる「萬」、余るほど豊富な「余」、良い商品を「良」、お客様に提供し「与」、満足していただく「喜」という、さまざまな“よ”を市で実現しようとの思いが込められているのだそうです。

僕は大の海鮮好きなので、採れたてのホタテをいただきました。その見事な大きさと歯ごたえ、採れたての新鮮でジューシィなところに感激。また、焼きたてをいただいたので、アツアツなホタテの磯の香りが口の中全体に広がって、最高でした。

「よ市」で働く人たちは、みんなフレンドリーで、素敵な出会いも沢山ありました。

きのこ汁もいただいたのですが、めちゃくちゃヘルシーかつ美味!

それ以外にも、色々な店があり、見ながら歩いているだけで面白かったです。この場所こそ、究極のデートスポットだと思いました。みなさん、土曜日に盛岡に行く場合は是非おすすめです。

■詳細情報
材木町 よ市
住所:〒020-0063 岩手県盛岡市材木町7−38
営業時間:15:10~19:00(4月〜11月)
Google Map:https://goo.gl/maps/vtersqAB9MViai7b9

おしゃれな「木伏緑地」でひと休憩

さて、時間も18時をまわったので、材木町から自転車で5分もかからない、川沿いにある「木伏緑地」というニューオープンのスポットへ。

ここは、とてもおしゃれなグルメスポットなんです。しかも、今年の9月10日に開店したばかりでとても綺麗! 「木伏緑地」のコンセプトは、「開運橋付近の河川敷をもっと居心地の良い場所へ」だそうで、地域の活性にも繋がっていて素敵ですよね。

少しビジネスよりの話になりますが、市が民間ノウハウを活かし、「公募設置管理制度(パークPFI)」を利用した“官民一体のプロジェクト”の一環としてオープンしたそうです。

今っぽくてハイセンスな飲食店が多数並んでおり、おしゃれな若者たちで賑わっていました。夕ご飯前だったのですが、また、ムール貝の白ワイン蒸しとハイボールを一杯だけいただきました(笑)。

グループ観光でも、デートでも是非おすすめです。注目の新スポットなので、事前にお店を予約していくと良いかと思います。立ち寄ってカフェでお茶するだけでも素敵。

 

セレクトショップ「 LOCKERROOM」で服探し

旅に出ると、無駄にモノを買いたくなる衝動に陥りますよね。街中を散歩していたら、おしゃれなストリート系のセレクトショップがあったので、ふらっと寄ってみました。

そして、ビビッとくる服と巡り合ったので、秋用のコートを即買いしました。(早速、次の日から着用)。デートでも、相手がファッション好きな人の場合は、あえて、旅先で服探しの時間を取ってみるというのも楽しいと思います。お互いに似合う服をおすすめし合うのも良いかもしれませんね。

■詳細情報
材木町 LOCKER ROOM
住所:〒020-0022 岩手県盛岡市大通り3丁目6−20
電話:019-652-6403
営業時間:12:00~20:00
Google Map:https://goo.gl/maps/xrfSVAigZCanB8Vi6

 

「番屋ながさわ」で逸品に舌鼓を打つ

さて、ようやく夕ご飯の時間に突入! 今回は、菜園二丁目にある「番屋ながさわ」にお邪魔しました。門構えからして、老舗の雰囲気を醸し出していたのですが、海鮮がとても新鮮のみならず、盛り付けが一品一品素晴らしく、食欲を最大化されました。

基本は和テイストなのですが、洋のエッセンスも取り入れており、東北の赤身のお肉もいただきました。困ったもので、ご飯が美味しいとどんどんとお酒が進み、堪能させていただきました…。みなさんも、飲み過ぎには要注意です(笑)。

■詳細情報
番屋ながさわ
住所:〒020-0024 岩手県盛岡市菜園2丁目6−1
電話:019-622-2646
営業時間:17:30~23:30
Google Map:https://goo.gl/maps/MYsh8oeJJZo7Vatj8

「The Bar佐藤」で大人の時間を味わう

二軒目は、人気バー「The Bar佐藤」に足を運びました。「番屋ながさわ」のすぐ近くにあったので、デートコースの流れとしてはスムーズだと思います。

落ち着いた雰囲気の中、横並びで座りながら、ゆっくりと会話やお酒を楽しむには最適です。盛岡には素敵なバーが他にもいくつかあるので、バー巡りをするのも良いですね。

■詳細情報
The Bar佐藤
住所:〒020-0022 岩手県盛岡市大通2丁目2−16
電話:019-651-0701
営業時間:19:00~翌3:00(平日)〜翌1:00(週末)
Google Map:https://goo.gl/maps/HRC1ZKZ8oYcPTePf6

さて、初日を充実した形で終え、二日目に突入します。

 

翌朝も「盛岡城跡公園」でパワーチャージ

午前中から元気良く歩き始めたのですが、昨日も訪れた盛岡城跡公園の反対側に少しばかり足を運びました。

初日には気付かなかったのですが、思った以上に敷地面積が大きかったです。隅から隅まで回ったら結構な時間がかかると思います。

 

「盛岡八幡宮」で思い出に残る写真撮影を

建立300年の歴史を持つ「盛岡八幡宮」を訪れました。安産祈願から学業成就、縁結び、芸事上達、料理の神様まで、それぞれの社が持つご利益はさまざま。

特に印象深かったのは、入り口の鳥居の存在感です。カップルでの写真撮影スポットとしても、思い出に残る一枚が撮れると思うので、ぜひ写真撮影マストで。

歩いていくには市街地から少しばかり距離がありますが、軽い運動だと思って歩くのをおすすめします。

■詳細情報
盛岡八幡宮
住所:〒020-0872 岩手県盛岡市八幡町13−1
電話:019-652-5211
営業時間:9:00~17:00
Google Map:https://goo.gl/maps/Guyxs6YnYwPGwVan9

 

「岩手銀行赤レンガ館」前をそぞろ歩き

さて、「盛岡八幡宮」からそろそろ盛岡駅に向かおうかなと歩いていた途中に、赤レンガの素敵な建物があったので、立ち止まってしばらく散歩をしてみました。

ここは岩手銀行の旧本店で、イベントスペースとして展開されているそうです。今回は外観しか見ていないのですが、また次に盛岡を訪れる際には、どんなイベントが行われているのかを調べて、中にも入ってみたいと思います。

■詳細情報
岩手銀行旧本店館
住所:〒020-0871 岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目2−20
電話:019-622-1236
営業時間:10:00~17:00
Google Map:https://goo.gl/maps/HNPp9eP69voWbvPs9

ということで、今回の旅のレポートは以上です。

自分でも驚くことに、1泊2日でこんなにも沢山のスポットを回れました。僕の推測ですが、盛岡がコンパクトで周遊するのに適しているからかもしれません。また、自転車で巡ったというのも、ちょうど良かったのかもしれません。

そして、総じて感じたことですが、カップルのデート旅行にとても向いているエリアだと思います! グルメも自然もパワースポットも、無理なく満遍なく男女ともに楽しめる盛岡に、是非、みなさんも足を運んでみてくださいね。

以上、小柳津林太郎でした。

#恋する盛岡

Pocket はてブ

WRITER

小柳津林太郎
Ghost, Inc. CEO
2006 年慶應義塾大学経済学部卒業。同年(株)サイバーエージェント入社。インターネット広告、ウェブサイト制作、スマートフォンゲーム制作に子会社の代表として長年携わる。 2018 年に「Amazo…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

世界・日本国内の旅行先・観光スポット

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品