登山に持って行きたいザック厳選6種類

Pocket はてブ

皆さんは、バックパックをお持ちでしょうか? 登山やトレッキングなど、アウトドアで最も重要な道具の1つであるバックパック。しかしながら、そんなバックパックの選び方を間違えてしまうと、疲れやすくなり、体の一部に負担がかかって筋肉痛になることもあります。

バックパックは、日帰り、山小屋、テント泊など目的に合わせて自分に合ったものを選ぶ必要があります。しかしながら種類やブランドが豊富で、どんなものを選べば良いかわからない!という方も多いはず。

そんな方のために今回は、登山におすすめのバックパッ6選を、厳選してご紹介いたします。

 

モンベル ガレナパック 30

信頼のできる国内アウトドアブランド・モンベル。こちらのガレナパック 30 は、日帰り~1泊2日の小屋泊に適したもので、体へのタッチが柔らかく、また通気性に優れているので、長時間背負っても快適です。

 

ミレー バックパック SAAS FEE 30+5

こちらは、トレッキングの定番として人気のミレーのバックパックです。ミレーはフランス生まれのブランドですが、こちらのモデルは日本で企画され、日本人の体型に合わせて作られています。9つのポケットがあるので、収納も簡単です。

 

カリマー クーガー 50-75

75ℓ まで拡張可能な、オールラウンドタイプの大型バックパックです。大容量なので 1~3泊のテント泊に適しており、通気性もきちんと確保されていて快適です。

 

KLATTERMUSEN クレッタルムーセン ラタトスクバックパック

クレッタルムーセンのバックパックは、ロールトップタイプのシンプルな1気室バックパックです。Klattermusen 初期から存在するモデルのアップデート版で、山小屋泊などに対応できる容量です。

 

マムート クレオン プロ 40L

マムートのクレオン プロ 40L は、上下左右、4方向のベンチレーションにより、さらに通気性が向上しています。また背面長が3段階に調節可能で、簡単に背中の長さに合わせられるので、幅広い体型に対応できます。
(2018年9月1日現在、amazonでは在庫切れ)

 

ファウデ アストラム70+10

ファウデは、自国製にこだわり続けるドイツのアウトドアブランドです。こちらのアストラム70+10は、山行に必要なギアのすべてを運ぶために、広いスペースと快適に運べる信頼を兼ね備えたバックパックです。

 

あなたのお気に入りはどれ?

国内外のアウトドアブランドがこだわりを持って作るバックパック。今回ご紹介したものはどれもデザイン・機能性に長けており、全ておすすめです。ブランドの知名度も高いので、品質面が保証されているのも安心!

短いトレッキング用やキャンプ泊など、用途に合わせて適したバックパックは異なりますので、製品を比較してじっくり選んでみてくださいね。

Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

バックパック・かばん

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品