バリ島でしか体験できない30のこと

Pocket はてブ

エメラルドグリーンの海に神聖な寺院の数々、風で揺れる木々の緑に、道端をのそのそと歩く野良犬たち。どこか自由で、懐かしいバリ島の風景。一度訪れたなら、きっとあなたも虜になってしまうはず。

そんなバリ島にせっかく訪れるなら、取りこぼしなく、120%バリ島を楽しむプランを事前に知っておきたいと思いませんか?

ということで今回は、昨年の夏にバリ島を訪れ、その魅力にどっぷりハマってしまった私キタトモミ(@tbp_tmp12)が、バリ島でしか体験できない30のことをご紹介します!

 

1.テガラランのライステラスで猫と戯れる

photo by kita tomomi

ウブドから8km北に行った所に、テガララン村という小さな村があります。この村を南北に走る川沿いに広がるのが、テガラランのライステラス(棚田)です。

バリ島は主食がお米ということから稲作が農業の中心であり、観光に棚田は外せません!

photo by pixta

バリ島には世界遺産になっているジャティルイという広大な棚田がありますが、クタの南部から1〜2時間とアクセスがあまりよくなく、ウブド観光と合わせて行けるテガラランがおすすめです。

photo by kita tomomi

規模は小さいものの、近隣のカフェから景色を臨めたり、写真に収まるちょうどいいサイズであることから観光客にも人気です。

あたりには人馴れした野良猫がちらほらと姿を見せてくれるので、ぜひ自然と動物が好きな方は訪れてみてください。

■詳細情報
・名称:テガラランのライステラス
・住所:Jalan Tegallalang, Tegallalang, Kabupaten Gianyar, Bali 80561 インドネシア
・アクセス:

 

2.ウブドの田舎道をサイクリング

photo by kita tomomi

バリ島を訪れた人が高確率で好きと口にするのが、ここウブドです。ウブドはバリ島中部の高地にある静かな村で、伝統工芸や舞踊の中心地とされています。

村には田園風景が広がり、野良犬や鶏がのんびりと歩いていることも。よく子供たちの笑い声が聞こえてくる、のどかな村です。

Tomomi Kitaさん(@tbp_tmp12)がシェアした投稿

ゆったりとした時間が流れるウブドでのサイクリングは、心身ともに疲弊した都会での暮らしを忘れさせてくれますよ。

■詳細情報
・名称:ウブド
・アクセス:

・料金:サイクリングツアーは平均4000円〜(※各種ツアー会社のHPをご確認ください)
・ツアー参考URL:https://www.veltra.com/jp/asia/indonesia/bali/ctg/164317:cycling/

 

3.午前公演のバロンダンスを観て1日を気持ちよくスタートする

photo by pixta

バロンダンスは、善の象徴である聖獣バロンと、悪の象徴である魔女ランダの終わりなき戦いを描いたバリ島の伝統舞踊です。

バリ島には「陰陽の2つの存在があってこそ世界が成り立っている」という考えがあり、バロンダンスでは鍵盤打楽器で奏でられるガムランの音楽と共にその世界観が繰り広げられます。

午前・午後の部と分かれていますが、午後は混雑するので比較的空いている午前の部を鑑賞し、そのまま1日たっぷり観光するのがおすすめです。

■詳細情報
・名称:サハデワ バロン&クリスダンス / バトゥブラン
・住所:Batubulan, Sukawati, ギャニャール バリ 80582 インドネシア
・アクセス:

・営業時間:9:30-10:30 バロン&クリスダンス、18:30-19:30 ケチャッ&ファイアダンス
・予算:8万ルピア
・所要時間:1~2時間
・公式サイトURL:http://www.sahadewabarongdance.com/

 

4.Bali Pulinaで世界一希少なコピ・ルアックとバリコーヒーを飲み比べ

photo by kita tomomi

「死ぬまでに一度は飲みたいコーヒー」と言われる、コピ・ルアックコーヒー。ジャコウネコに完熟したコーヒーチェリーを食べさせ、その排泄されたコーヒー豆から作られることからとても希少価値が高く、日本では一杯5000円で提供されることも!

Bali Pulinaではそんなコピ・ルアックを500円、ほかの数種類のバリコーヒーは無料で試飲することができます。園内ではジャコウネコを実際に見ることもできますよ!

photo by kita tomomi

■詳細情報
・名称:Bali Pulina
・住所:Sebatu, テガララン ギャニャール バリ 80561 インドネシア
・アクセス:

・営業時間:8:00~19:00

 

5.バリ島一のスーパーマーケット!Bintang Supermarketでお土産を調達

photo by pixta

海外旅行に行くならお土産も忘れてはいけません。自分用に思い出になる品はもちろん、家族や友人、仕事仲間に喜んでもらえるような物を購入したいですよね。

スミニャックにあるBintang Supermarketは、食料品の他にお土産も豊富に取り扱っている大型スーパーです。ばらまき用の雑貨やTシャツなど種類も充実しているので、お気に入りの品を探してみてはいかがでしょうか?

■詳細情報
・名称:Bintang Supermarket
・住所:Jl. Raya Seminyak No.17, Seminyak, Kuta, Kabupaten Badung, Indonesia
・アクセス:

・営業時間:7:30~22:30
・公式サイトURL:http://bintangsupermarket.com/

 

6.Leke Leke Baliでリバーチュービングに挑戦

photo by kita tomomi

ビーチでのんびりしたり寺院巡りをするのもいいですが、バリ島を満喫するのに欠かせないのがリバーチュービングです。リバーチュービングは大きい浮き輪状のゴムボートに乗り、川を下る爽快なアクティビティです。

川の流れによってはのんびり下降したり、激しいところでは笑い声や悲鳴が聞こえたりと、スリリングな体験をすることができます。

■詳細情報
・名称:Leke Leke Bali
・住所:Jalan Swadaya, Antapan, Baturiti, Kabupaten Tabanan, Bali 82191 インドネシア
・アクセス:

・営業時間:9:00〜17:00
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/lekelekebali/

 

7.Leke Leke Waterfallの滝行で精神統一をする

photo by kita tomomi

Leke Leke Baliでのリバーチュービングと合わせて訪れたいのが、Leke Leke Waterfallです。Leke Leke Waterfallはリバーチュービングの終点として、生い茂るジャングルを通り、自然の丸太でできた吊り橋や階段を過ぎた奥地にあります。

滝壺は予想以上に深く、細い見た目とは裏腹に水圧は迫力満点!滝の裏側を見ることもできるので、山道を歩いて疲れた体を癒すのにぴったりですよ。

■詳細情報
・名称:Leke Leke Waterfall
・住所:Antapan, Baturiti, タバナン バリ 82191 インドネシア
・アクセス:

・営業時間:7:00~17:00

 

8.Made‘s Warungの“バリでいちばん美味しい”ナシゴレンを食べる

現地のタクシードライバーが旅行者に、「バリでいちばん美味しいナシゴレンがある」と教えるほど地元民にも人気なのが、Made‘s Warungです。クタやスミニャック、空港にも店舗がある老舗で、定番のバリ料理から西洋料理を堪能することができます。

なかでもナシゴレンスペシャルは目玉焼きの代わりにスクランブルエッグが乗っていて、納得の美味しさです。

■詳細情報
・名称:Made‘s Warung
・住所:Jl. Raya Seminyak, Seminyak, Kuta, Kabupaten Badung, Bali 80361 インドネシア
・アクセス:

・営業時間:10:00~0:00
・公式サイトURL:https://www.madeswarung.com/

 

9.ウルワツ寺院でケチャックダンスを観た後に、白猿ハノマンとツーショット

photo by kita tomomi

ケチャックダンスはバリ島の伝統舞踊のうちの一つで、古代英雄コーサラ国のラーマ王子に関する伝説と、ヒンドゥー教の神話を織り交ぜたストーリーで展開していきます。40人ほどの男性がリズミカルに合唱する様は、まさに異様な光景です。

ウルワツ寺院内の舞台は海岸沿いにあるため、夕日が沈む様子とケチャックダンスの両方を一度に見られるのもうれしいポイント。

photo by kita tomomi

後半は主要人物である白猿ハノマンが客席に乱入してきたりと、とくに盛り上がります。ぜひ、一緒に写真を撮ってバリ旅行の思い出にしてください。

■詳細情報
・名称:ケチャックダンス / ウルワツ寺院
・住所:Pecatu, South Kuta, バドゥン バリ インドネシア
・アクセス:

・営業時間:8:00~18:00
・料金:ウルワツ寺院入場料20000ルピア / ケチャックダンスチケット 大人70000ルピア
・所要時間:1時間

 

10.ウルワツ寺院で猿に物を盗られる

photo by kita tomomi

バドゥン半島の南西端にある海岸沿いに位置するウルワツ寺院は、絶景のインド洋と美しい夕日を眺められるとして人気の観光スポットです。ここで見かけるのが、猿・猿・猿。そう、ここは野生の猿たちの住処なのです。

筆者が訪れた時は、中国人カップルがサングラスを盗られていました!なんでも、物を盗ればウルワツ寺院のスタッフが奪い返す為におやつをくれるのを覚えてしまっているのだとか。

怪我には要注意ですが、現地の動物との交流も旅の醍醐味。きっと笑い話として思い出に残るでしょう。

1 2 3
Pocket はてブ

WRITER

キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

インドネシアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品