other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

海外でのトラブルで意外と多いのが虫刺されによる被害です。海外のゲストハウスに宿泊する際に、問題になるのが「いかにして虫に刺されないか」ということです。

今回は代表的な刺す虫とその虫対策の方法をご紹介いたします。

 

どんな虫に刺されるの?

超有名な痒い虫と言えば南京虫があげられます。実際にはトコジラミという虫で、シラミではなく実はカメムシの仲間です。噛まれた時のかゆみはまさに最大クラスで、他のことが何も手につかなくなってしまうほどだとか。

ロンドンやパリなどのヨーロッパでも刺されてしまうことがあるようです。この他にだにやシラミなどがいる場合があります。

 

虫にさされない部屋の選びとは?

まず部屋を借りる際、選べるのであれば南向きで日当りと風通しの良い部屋がを選びましょう。

例えば温度にして20度から30度、湿度は70パーセントから85%がダニの生育に最適な条件、つまりダニがよく増えてしまう条件とされています。部屋の湿度を下げるためにはやはり換気が重要。そこで、部屋の風通しが大事になってくるのです。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事