留学前の勉強
other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

英語の試験もパスし、煩雑な手続きも終え、いよいよ留学やワーキングホリデーが決まって、渡航が現実になった時、だんだん不安の方が増大。本当に、大丈夫だろうか?

この、全く知らない海外での生活に対する不安を、渡航前にしっかり英語を準備しておくことで、少しでも解消しましょう。留学先で有意義に目的を果たすことができるよう、本日は渡航前の英語学習法についてご紹介します。

 

1. 現地で使われているアクセントに慣れる

現地で使われているアクセントに慣れる

photo by shutterstock

英語と一口に言っても、イギリス英語・アメリカ英語・カナダ英語・アイルランド英語・オーストラリア英語・ニュージーランド英語、シンガポール英語等、いろいろな種類の英語が存在し、さらには、それぞれの国の中に、数えきれないアクセントがあります。

もし、自分が慣れていないアクセントの国へ行く場合は、留学先の空港についた時点から、緊張が増してしまうと思います。

 

現地での生活を想定した予行練習の時間をとるようにし、言葉のイントネーションや発音など、動画配信されている留学先の国のニュースやPodcastなどを活用して、折に触れて、英語だけの時間を作ることで、だんだん慣れていくことができます。

出来れば、スカイプやオンライン英会話などで、現地の先生を見つけて、会話の練習をしていくとベターです。

 

学校で、留学先の国の交換留学生などがいれば、ランゲージエクスチェンジをお願いすることも出来ます。留学先の国のことを色々聞くことが出来ますので、英語の練習だけでなく、渡航後の生活のイメージをより鮮明に持つことができ、不安解消の大きな助けになりますよ。

 

2. 日常的に使う単語を確認する

日常の単語を確認

photo by shutterstock

世界の英語は、イギリス英語・アメリカ英語の系統に分けられますが、日常生活の中で使われている単語がかなり違います。

インターネットや本を活用し、現地ではどう呼んでいるのかをしっかり押さえておくと、現地についてから焦ることも減り、また実際に、覚えて行った単語を目にすると、嬉しくもなります。また、’first floor’など、同じ単語でも意味することが違うものもあります。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事