writer
浅倉 彩 フリーランス編集者 / コピーライター

フリーランス編集者・コピーライター。20代はサーフトリップに明け暮れ、30歳でピースボートに初乗船。世界一周を経験しました。これまでに旅した国は24カ国。好きな旅人は椎名誠と星野道夫。

 

ちなみに、回答者のうち最多の15回、世界一周を経験している石田明日香さんがもう一度行きたい国は、「サンタクロースを信じてしまいそうになるほど美しいところでした」という理由でグリーンランドでした。

いかがでしたか?すでに知っていて、行ってみようと思っていた国もあれば、思ってもみなかった国もあったのではないでしょうか。続いて、6位以下の国を紹介します。

 

6位 グリーンランド・スペイン・フィンランド・ボラボラ島・キューバ(2票)

〈ボラボラ島〉

「後ろにそびえ立つ山、目の前にはコバルトブルーの海。」by 渡邉正勝 【1周】
「自然と海をもう一度みたい。水先案内人のガビさんの農園にもう一度行きたい。」by 林元葉 【2周】

〈フィンランド〉

「何かもが愛おしくてテンションMAX」by 梁瀬美星 【2周】
「街と森と湖が共存しているのが暮らしていて気持ちがよいし、すべてにおいてデザインされていて美しい国だから」by 光枝萌実 【6周】

〈スペイン〉

「サグラダファミリアは何度でも見たい建築物!」by 佐藤愛 【2周】
「完成したサグラダファミリアは見たいような気がする。」by 箕浦史朗 【4周】

〈グリーンランド〉

「一番イメージのない国だったから」by 古川敦子 【6周】

〈キューバ〉

_A250495 _A220263 IMG_2550

「空、海、大地、人、パワー」 by 鈴木健児 【10周】
「ハバナで中華街を訪ね歩いて探し出しました。なぜ中華街を探したのかは覚え ていません。」by 大畑惣一郎 【11周】

 

7位 旅マニアの心を揺さぶった国々(1票)

〈イエメン〉

「路上の人懐こさと、まさに中東のような町並み」by 讃井悠介 【4周】

〈インド〉

「いい意味で激しい。全てのことはすごいインパクトがある(景色、香り、味、音 など)。」by ダニエル【2周】

〈フィジー〉

「とにかく見たことない海の青!青!蒼!碧!」by 金元明 【3周】

〈ガラパゴス諸島〉

「自然の摂理を垣間見たというか、きれい事だけではない、生きるということはたいへんであり、すごいことだというのを考えさせられた。あと、自然や動物は本当に癒される!」by武内里紗 【11周】

〈カンボジア〉

「友だちができたから。」by 村田千紘 【4周】

〈コロンビア〉

「カラフルな旧市街とカリブの陽気な雰囲気がマッチして、ぶらぶら歩いている。」by 森本良太 【7周】

〈ジャマイカ〉

「海が驚くほどキレイ!」by 大下圭佑 【3周】

〈シンガポール〉

「夜景もいいし、遊べるところがたくさんあるので!」by 越智信一郎 【1周】

〈チリ〉

「チーズ入りのエンパナーダ(具入りのパン)が美味しいお店があるので、また食べに行きたい。」by 恩田夏絵 【4周】

〈ニカラグア〉

「観光する所は全く何もないけど、現地の若者達との交流が最高だった!現地の若者と自転車で二人乗りして街を散策したり、夜の公園でバチャータ(現地の音楽)を聞きながら踊ったりお酒を飲み、ゲラゲラ笑いながら交流したことが忘れられない。スペイン語なんて話せないけど、全身ジェスチャーで必死に交流した。」by 大前歩 【5周】

〈イタリア〉

「心が疲れていたときに、一人でフィレンツェの街を歩いて、雰囲気に癒された。」by 石丸健作 【4周】

 

〈ベネズエラ〉

「スラムがすり鉢状に広がっている光景が印象に残っています」by 岡田哲 【1周】

〈ポーランド〉

「行ったのは春の季節だったので、真冬のポーランドを体験したい。」by 津村奈緒子 【1周】

〈マルタ〉

「中世ヨーロッパの雰囲気が残っており、その時代にタイムスリップしたかのよう。特に入港シーンが非常にきれいで、その風景は船でしかみれないので船旅がオススメ。」by 中田雪裡 【2周】

〈メキシコ〉

「メキシコ先住民マヤの歴史・文化・遺産、 海の幸山の幸と美味しい食べ物、優しく明るい人々、 魅力がいっぱい。 とても広い国なので、一度だけ行ったのでは周りきれないから 何度も(もう一度)行きたい。」by 田村美和子 【8周】

〈モザンビーク〉

「広大なサバンナだけでなく、また会いたいと思う人々と出会うことのできた交流検証コースが印象的でした。」by 伊藤悠貴 【5周】

〈モロッコ〉

「仲間と一緒に食べた牡蠣の味が忘れられないから(笑)」by 井上直 【10周】

〈沖縄〉

「沖縄をゆっくり めぐりたいです。 今アイスランドにいて寒いので!でもオーロラをまだ見てないから 、アイスランドにもまた来たい。」by 前井孝亮 【10周】

「もう一度行きたい国」も、理由も色とりどりで素敵ですよね。人の数だけ旅のかたちがあるんだと、改めて思いました。あなたは、どんな旅をつくりますか?

btn_red_peaceboat

 

ピースボートの船旅って?

photo by pixta

ピースボートは全長205メートルのオーシャンドリーム号に乗って地球を一周する船旅です。1年に3回、約100日かけてプランで決められた寄港地を巡ります。価格は部屋のグレードによりますが、99万円〜(朝昼夜の食事付き)です。

 

第104回のピースボート航海

初夏の北欧・ヨーロッパコース

期間:【横浜発着105日間】2020年4月9日(木)〜2020年7月22日(水)
期間:【神戸発着105日間】2020年4月10日(金)〜2020年7月23日(木)

横浜→神戸→中国→シンガポール→スリランカ→スエズ運河通航→エジプト→サントリーニ島(ギリシャ)→ピレウス(ギリシャ)→イタリア→スペイン→ポルトガル→フランス→イギリス→エストニア→フィンランド→ロシア→スウェーデン→デンマーク→ノルウェー→アイスランド→ニューヨーク(米国)→キューバ→パナマ→パナマ運河通航→コスタリカ→メキシコ→シアトル(米国)→釧路→横浜→神戸

 

第105回のピースボート航海

ヨーロッパ&南太平洋コース

期間:【横浜発着107日間】2020年8月21日(金)〜2020年12月5日(土)
期間:【神戸発着107日間】2020年8月22日(土)〜2020年12月6日(日)

横浜→神戸→香港→シンガポール→インド→スエズ運河通航→エジプト→サントリーニ島(ギリシャ)→ピレウス(ギリシャ)→イタリア→スペイン→モロッコ→ポルトガル→アイルランド→イギリス→アイスランド→米国→キューバ→パナマ運河通航→ペルー→イースター島→パペーテ(タヒチ)→ボラボラ島(タヒチ)→サモア→横浜→神戸

 

第106回のピースボート航海

アフリカ・南米・オセアニアコース

期間:【横浜発着107日間】2020年12月13日(日)〜2021年3月29日(月)
期間:【神戸発着107日間】2020年12月14日(月)〜2021年3月30日(火)

横浜→神戸→台湾→シンガポール→モーリシャス→レユニオン島→マダガスカル→ポートエリザベス(南アフリカ)→ケープタウン(南アフリカ)→ナミビア→ブラジル→ウルグアイ→ブエノスアイレス(アルゼンチン)→ウシュアイア(アルゼンチン)→チリ→イースター島→パペーテ(タヒチ)→ボラボラ島(タヒチ)→ニュージーランド→シドニー(オーストラリア)→ブリスベン(オーストラリア)→ケアンズ(オーストラリア)→ソロモン諸島→横浜→神戸

 

 

 

ピースボートに関する記事まとめ

3ヶ月の船旅世界一周が70万円!TABIPPO特別プログラムで旅するメンバーを募集中!
日本人ならピースボートクルーズに乗るべき8つの理由
「ピースボートの船内は古いって本当?」実際に乗った人の感想をまとめてみた
ピースボート乗船者8人に聞いた!地球一周のルートと期間は?
地球一周累計269回のピースボートスタッフ60人が選んだ「もう一度行きたい国」ランキング
船で世界一周「TRAVELERS BOAT」レポート!毎日ワクワクしながら過ごしています


PHOTO:PEACE BOAT, Mizumoto Shunya, Saotome Urara, Nakamura Mitsutoshi, Stacy Hughes,Masagaki Naoto

writer
浅倉 彩 フリーランス編集者 / コピーライター

フリーランス編集者・コピーライター。20代はサーフトリップに明け暮れ、30歳でピースボートに初乗船。世界一周を経験しました。これまでに旅した国は24カ国。好きな旅人は椎名誠と星野道夫。

RELATED

関連記事