other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

ヤレータ(プーナ草原)

photo by Stefano Buttafoco/Shutterstock.com

赤一色の砂漠にも鮮やかな緑が存在する。4WDのフロントガラスから遠くに見えるモコモコした物体に目を凝らしながら近くづくと、そこには苔の生えた丸い石のようなものが転がっている。

これは「ヤレータ」という常緑の多年生植物で、アンデス特有の苔の一種。その成長も遅く、なんと平均樹齢は3,000年以上。地球上でも随一の長寿植物だそう。

 

■詳細情報
・名称:ヤレータ(プーナ草原)
・住所:ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン

 

ラパス

photo by 中美砂希

ボリビアの首都で、世界でいちばん高いところにある街。中心街の標高は約4,000mで「雲の上の街」とも呼ばれる。高度が高く、酸素が薄いため、ビールを注げば泡だらけになり、タバコの火はすぐに消えてしまう。

ほとんどの家がアドベと呼ばれるオレンジ色の日干しレンガでできており、夜になると明かりに灯されるオレンジ色のレンガとこの土地特有のすり鉢状の地形が想像を越える絶景を生み出す。

 

チチカカ湖

photo by Gail Johnson/Shutterstock.com

アンデス山中のペルー南部とボリビア西部にまたがる標高3,890mの淡水湖。数少ない古代湖のひとつ。インカの初代皇帝が降臨した神聖な地として崇められている。

湖には、トトラという葦(わら)を何重にも積み重ねてつくられた浮き島「ウロス島」があり、ウル族という少数民族が住んでいる。実はトトラは食用にもなり、スポンジのような不思議な触感を味わえる。

 

■詳細情報
・名称:チチカカ湖
・住所:Puno 21000, Peru
・アクセス:クスコまたはアレキパからバスでプーノ(チチカカ湖のほとりの街)まで、クスコから電車でプーノまで

*編集部追記(2018/08/21)
以下、本書籍に掲載されていない観光スポットの一覧となります。

 

ティワナク遺跡(ラパス)

スペイン支配以前、紀元500〜900年に最盛期を迎えた首都の跡「ティワナク遺跡」。

インカの手本となった文化といわれており、ユネスコの世界遺産にも指定されています。ペルーのマチュピチュよりもはるかに古い、歴史的な遺跡です。

 

■詳細情報
・名称:ティワナク遺跡(Tiwanaku)
・住所:Tiwanaku, La Paz, Bolivia
・アクセス:首都ラパスからバスで1時間

 

太陽の島(チチカカ湖・ボリビア領内)

photo by pixta

「太陽の島」は、インカ帝国の発祥の地として知られており、数多くの観光客が訪れています。島内にはインカの遺跡もあるそうなので、歴史好きなあなたは特に必見!

「太陽の島」へは、チチカカ湖畔のコパカバーナから観光船が出ています。

 

■詳細情報
・名称:太陽の島(Isla del Sol)
・アクセス:ラパナから3〜4時間 ※日帰りツアーなどの利用がオススメ

 

テレフェリコ(ラパス)

photo by pixta

ラパスの街を一望したいなら、テレフェリコでロープウェイに乗ってみるのはいかが?特に夜は、キラキラと輝く絶景の夜景が楽しめます。ロープウェイから見下ろす景色は、地上で見るものとは一味も二味も違いますよ!

 

■詳細情報
・名称:テレフェリコ(Mi Teleferico)
・住所:La Paz, Bolivia
・電話番号:59122115886
・公式サイトURL:http://www.miteleferico.bo/#_=_

 

サン・フランシスコ教会 (ラパス)

「サンフランシスコ寺院」は、ラパスで最も有名な寺院の1つです。

バロック様式の美しい教会で、金箔の祭壇など、非常に豪華で凝った造りをしています。毎年多くの観光客や地元の人の賑わう場所で、ラパスでは必ず訪れたいスポットです。

 

■詳細情報
・名称:サン・フランシスコ教会(glesia de San Francisco)
・住所:Plaza San Francisco at Avenida Mariscal Santa Cruz, La Paz, Bolivia

 

月の谷

ラパスから車で約1時間ほどの場所にある月の谷。その名の通り、月面のような不思議な光景が広がる谷です。固い岩が風や水に浸食され、無数の凹凸を作り出しています。また、岩間を縫うように整備されたコースもあり、気軽に散策が楽しめますよ。

 

■詳細情報
・名称 :月の谷
・住所:Macrodistrito Mallasa, La Paz
・アクセス ::ラパス市内から車で約50分。

 

ムリリョ広場

photo by pixta

ボリビアの首都ラパスの中心であるとともに、政治の中心地でもある 「ムリリョ広場」。東側に国会議事堂、南側にイタリア・ルネッサンス様式の大統領官邸とカテドラルが建ち並び、ボリビアの政治の中枢として機能しています。

 

■詳細情報
・名称 :ムリリョ広場
・住所: Socabaya, La Paz Zona 2
・アクセス ::ラパス市内中心部。

 

旅人の心をくすぐる!

ボリビアといえば有名なのは「ウユニ塩湖」ですが、そのほかにも数多くの魅力的な観光スポットがあるのですね。特に、自然景観や歴史ある遺跡などは、ボリビア以外ではなかなか見ることができない、貴重なものではないでしょうか?

今度の休みは、思い切ってボリビアまで飛んでみるのもいいかも!?

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング