ボリビアの観光スポット15選!標高3,600メートルの世界へ飛び出そう

Pocket はてブ

皆さんは、ボリビアという国を聞いてどんなイメージをお持ちですか?ボリビアは、世界最高の高原の国として有名です。また、実は数多くの世界遺産がある国として、毎年たくさんの観光客で賑わっている国でもあります。

スペイン統治下時代など暗い歴史をもつ反面、謎の多いインカ帝国時代の遺跡やアマゾンの原生植物、先住民族の多彩な文化など、独特な魅力を放つボリビア。今回の記事では、ボリビアに行った際必ず訪れたい!厳選観光スポットをご紹介いたします。

 

 
*編集部追記
2016年7月の記事に新たに追記しました。(2017/10/30)
2017年10月の記事に新たに追記しました。(2018/08/21)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

ボリビアに行ってみての感想

photo by shutterstock

私がボリビアを訪れたのは雨季の時期でした。訪問の目的は、湖面一面が水に覆われ、空が反射して写し出される幻想的なウユニ塩湖を見にくため!ボリビア観光の一番の目玉であるウユニ塩湖は、以前から一生に一度は見てみたいと思っていた観光スポットだったので、実際に行くことができて本当に良かったです。

 

ボリビアには他にも、美しいコロニアル都市「スクレ」やティワナク遺跡、ラグナ・ベルデなど、素晴らしい景観が楽しめる観光スポットがたくさんあるので、ぜひ日程に余裕を持って旅してほしいもの!

また、ボリビアのグルメは意外と日本人の口に合うものが多く、例えばコロッケのようなストリートフードや、ソース焼きそばのようなフィデオ、さらにリャマ肉を使ったちょっと風変わりな料理もあるのでぜひいろいろ試してみてください。

 

おすすめのベストスポット

photo by shutterstock

私がおすすめするのは、やはりボリビアナンバーワン観光スポットであるウユニ塩湖です。ウユニ塩湖に空が写り込む「鏡張り」という現象は、雨が降り、水が張って、さらに次の日晴れないと見れないというなかなか難易度が高いものです。

私は日程に余裕を持っていたので良かったですが、スケジュールがタイトだと、せっかく行っても思うような景色は臨めないかもしれません。

 

「鏡張り」になったウユニ塩湖は言葉で言い表せないほど美しく、世界有数の観光スポットとして人気なのも大きく頷けます。ここでしか見られない、ウユニ塩湖の幻想的な風景は、実際に目で見るとまるで別世界に来たかのような気持ちになりました。

 

世界中から集めた365カ所の絶景を見に行こう

この記事では、TABIPPOのモノづくりブランド「PAS-POL」より発売された「365日世界一周絶景の旅」のスポットを抜粋しています。

365日。1年かけて、
本当に世界一周できたなら。

「いつか旅に出てみたい」
「世界中の美しい景色を見てみたい」

そんな夢物語を現実にするために、
世界中から365カ所の絶景を集めて、
本当に行くことができるルートまで考えて、
一冊の本をつくりました。

 

サマイパタの砦

photo by suebmtl/Shutterstock.com

砦と呼ばれてはいるものの、コロンブスの新大陸発見よりも以前に使われていた宗教的な遺跡で、軍事的機能はない。この砦を築いた先住民族は特定されておらず、いまだ謎の多い遺跡。内部は閉鎖されているが、それ以外は見学が可能。

石英を含んだ赤い岩のかたまりに、無数の人物やピューマ、ジャガー、運河や階段などが彫刻されている。

 

■詳細情報
・名称:サマイパタの砦
・住所:Samaipata, Bolivia
・アクセス:サマイパタの街からバス
・公式サイトURL:http://whc.unesco.org/ja/list/883

 

ポトシ市街

photo by hecke61/Shutterstock.com

「ポトシ銀山」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれない。大航海時代の1545年、この地に世界最大級の銀鉱脈が発見され、侵略者であるスペイン人たちが銀を求めてここに集まった。

一時はアメリカ大陸で最大の街となったが、銀が枯渇したあとは時代の流れから取り残され、かつての繁栄の名残をとどめる古い街並みだけが残された。

 

■詳細情報
・名称:ポトシ市街
・住所:Calle Bustillos、Villa Imperial de Potosí、ボリビア
・公式サイトURL:http://whc.unesco.org/en/list/420/

 

スクレ

photo by Rafal Cichawa/Shutterstock.com

ボリビアの首都といえばラパスと思われがちだが、実は憲法上の首都はこのスクレ。16世紀につくられた旧市街の建物は白く塗られ、「白い街」とも称されることが多い。

古都であり、世界遺産として登録されているため多くの古い建物がそのままの姿で残っており、昔の邸宅を改築して宿泊施設として提供している場所も多い。数百年前の邸宅に泊まって昔の雰囲気を味わうのもいいだろう。

 

■詳細情報
・名称:スクレ(Sucre)
・アクセス:飛行機でサンタクルスから約30分、ラパスから約45分

 

ラグーナ・ベルデ

photo by Vladimir Melnik/Shutterstock.com

こちらは標高4,600mにあるラグーナ・ベルデ。ベルデとは緑色を意味する。その名のとおり湖面は鮮やかなエメラルドグリーンに見えるが、光の加減によりまったく違う光景を見せてくれる。

時に緑、時に鏡のように逆さ火山を湖面に映すこの湖、荒涼とした砂漠が続く中で、まるでオアシスが出現したような錯覚に陥る旅人もいる。

 

■詳細情報
・名称:ラグーナ・ベルデ
・場所:ボリビアとチリの近く

 

ラグーナ・コロラダ

photo by Byelikova Oksana/Shutterstock.com

アンデス山中の標高4,278mの高地にある、世界的にも珍しい赤い色をした湖。インクをそのまま流し入れたような赤い色の秘密は、藻。ここに沸く温泉が赤い藻を繁殖させ、それにより水が赤く染まって見えるのだそう。

ここに生息するたくさんのフラミンゴもこの藻を餌とするため、はばたく羽もピンク色に染まっている。

 

■詳細情報
・名称:ラグーナ・コロラダ
・住所:Uyuni,Bolivia
・アクセス:ラパスからツアーに参加する

 

ウユニ塩湖

photo by 豊田祥吾

南米ボリビア。海の底が長い年月をかけて隆起してできたアンデス山脈にある塩の湖。南北100km、東西250km。雨上がりに薄く水が張った広大な大地は空を完璧に映し出し、一歩踏み入れると、まるで空を歩いているかのような錯覚を起こさせる。

朝・昼・夜、一刻一刻と変わる景色、新月の夜には月の光が少なく360°広がる満天の星。それらはまさに「世界一の奇跡」と呼ぶのにふさわしい絶景。

 

■詳細情報
・名称:ウユニ塩湖(Salar de Uyuni)
・住所:Salar de Uyuni, Uyuni, Bolivia
・アクセス:ウユニから日帰り〜3泊4日などのツアー参加がオススメ
1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して5年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ウユニ塩湖のおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品