日本一おもしろい旅人を決めるコンテスト「WORLD」ファイナリスト9名を紹介!

Pocket はてブ

みなさんは旅人たちのコンテスト「WORLD」という旅人のためのコンテストをご存知ですか?

これは世界の魅力を次世代に伝えて、旅に出るきっかけを与えようという企画です。このコンテストでは、日本一の旅人が決定します。

今回は、このコンテストにエントリーし、ファイナルまで駒を進めた方を紹介します!どなたも世界を飛び回り、その経験を活かして現在も活躍されています。

 

 

旅人たちのコンテスト「WORLD」とは

旅人たちのコンテスト「WORLD」は、旅人によるプレゼンコンテストです。

目を奪われた数々の絶景。
旅先で出会ったクレイジーな旅人。
衝撃を受けた価値観の違い。

これまでの旅で感じたことや考えたこと。
なぜ旅に出て、どう人生が変わったのか。

そんなワクワクする旅の話や経験を次の世代に引き継ぎ、その旅人がまた次の世代へ旅を伝える。

そんな繋がりが生まれることを願って、私たちはこのコンテストを運営しています。

詳しくはこちら

 

それでは。そんなコンテストのファイナリストをご紹介します。

 

BackpackFESTA2019「WORLD」ファイナリスト @東京ブロック

黒澤駿

■プロフィール

大学3年次に2年間休学をし、日本縦断自転車旅と世界一周バックパックの旅へ!

世界各地でオリジナルの夢物語を紙芝居で上演していたり、100箇所以上のカフェへ訪れ論文を執筆しました。帰国後は「人と人が、夢と夢が、つながる」をコンセプトに山梨県でカフェを開き、旅人が集うシェアハウスを運営しています。現在はキッチンキャンピングカーで旅する移動カフェを始めるための準備中です。

■旅に出たきっかけ

僕は、自分のことが嫌いで、自分の夢に迷って世界一周に出ました。

とにかく色んなことに挑戦して駆け抜けた大学3年生の冬、海外で出逢った子どもに「駿の夢は何なの~?」って聞かれたんです。僕は得意げに自分の夢を語ろうとしたのですが、自信を持ってその先の未来がどうしても描けなくて、虚しくて泣きそうになりましたね。

「迷うくらいなら、迷っていること全部やっちゃえ!」と思って、”夢も迷いも好きも嫌いも”すべての自分を詰め込んで世界一周に出ました。

■現在の活動

日本では、山梨で「人と人が、夢と夢が、ツナガル」というコンセプトのコミュニティカフェを経営しています。世界一周中のアフリカでカフェ構想を始め、帰国後すぐにオープンしました。田舎の小さなカフェではありますが、素敵な繋がりが生まれる大好きな場です。

海外では、世界の文化と想いを詰め込んだ「スペシャルティドリンク」というオリジナル商品の修行のため、世界中を歩き続けています。これらの小さな活動が、大きなインパクトを社会与える未来を信じて…

■旅で学んだこと

旅で学んだことは「世界がカラフルであること」です。

南米で見た辺り一面の星空も、灼熱のアフリカの大地で触った砂漠の砂も、アジアで一緒に暮らした子供達の笑顔も、全部がきっと一度しか見られない瞬間でした。

一番印象的だったのは、世界10か国で紙芝居をしながら聞いた子供達の「夢」。似ていてもちょっとだけ色は違って、でも色に優劣はなくって、そんなカラフルな夢をたくさん見せてもらったと同時に、いろんな色を認め、大切にできる人間であろうと誓いました。

■SNSアカウント等
・Twitter:https://twitter.com/kurosawashuuun
・Instagram:https://www.instagram.com/kurosawashuuun/
・Blog : http://colorfuldream.net

 

村上香奈

■プロフィール

人生に彩りを添えていくスタイル!取り敢えずなんでもやってみる精神で生きていたら、坊主になっちゃったり、野宿で日本縦断自転車旅やっちゃったり、虫を食べちゃったり、テニスボールのコスプレしちゃったりしていました。

好きなことをやりながら、新しい好きを見つけながら。寄り道も迷いも全て愛しながら、旅をしよう。みんなが自分らしく生きられるきっかけになれますように。

■旅に出たきっかけ

変人な恩人から 「何がしたい?」 「何の為にお金を使いたいと思う?」 「どう生きたい?」と、色々な質問を投げかけられるうちに「本当の自分」と向き合うように。自分のことなのに、自分の夢すらわからない自分に気が付き、外の世界を見ることを決心しました。心から「やりたい事」を見つけるため、自分の「好き」を知るために。人生の迷子、スタートぉ!!!

■現在の活動

都内でヘナタトゥーアーティストとして活動中です。

ヘナタトゥー以外にも頼まれ事や、面白そうに思った事は何でもやります!似顔絵やウェルカムボード、壁に絵を描いたこともあります。最近は個性心理學というのもやっています。生年月日で自分自身の本質や能力を読み解くものなのですが、本当に面白い + 使える。気になる人の攻略方法のヒントになったりするかもしれません。

個性心理學の個人カルテが出せますのでご興味ある方はそちらも是非☆

■旅で学んだこと

「人と人との繋がり」

それを教えてくれた人の言葉だけ、お伝えします。

ママチャリで北海道から岡山まで旅をしていた時、わざわざ車をUターンさせてまで声をかけてくれたお兄さん。このあたりは海鮮丼が有名だから是非食べて、とカンパまで差し出されました。
「僕も旅をした事があった。その時沢山の人たちから助けて貰ったから、これはその人達への御礼。」

「あなたもこのサイクルを続けて欲しい。感謝を、次へ繋げて。良い旅を!」

■SNSアカウント等
・Twitter:https://twitter.com/tora_note0311
・Instagram:https://www.instagram.com/tora_note0311/

 

石垣直仁

■プロフィール

‪世界の川を飲み歩く川ソムリエとして活動中、渡航35ヶ国の医大生です。川歴はガンジス川、ナイル川など。

現在は旅の魅力を伝えるイベントを行なったり、学んだ医学で川を飲むことの危険性を伝えたり、様々な活動をしています。筋トレとお酒が好きで、好きな筋トレはリニアレッグプレス。‬

■旅に出たきっかけ

僕が旅に出たきっかけは本でした。本の名前は覚えてないのですが、「旅」「世界一周」というキーワードに惹かれ、気がついたら旅に関する本を読み漁っていました。海外の広い世界を見てみたいという思いがありました。このまま何も見たり知ったりせずに死んでいくのは嫌だ。そんな気持ちが強かったからだと思います。

当時は周りの環境や自分の現状に窮屈さを感じていて、それをなんとかして変えたいという思いもありました。

■現在の活動

現在は医学生として勉学に励む傍らで、イベントを企画して行なったり、SNSでの情報発信活動などをしています。

将来は医師として働き、現在の日本医療界の劣悪な労働環境を変えたいと思っています。また旅は年に4回ほどしていて、2019年は新しい国を10ヶ国訪れたいと思っています。

■旅で学んだこと

「恥ずかしさを捨てること」の大切さに気付きました。恥ずかしさは他人と自分を比較するときに感じ、時に行動を妨げるものになります。

日本では周りの目や常識、同調圧力が気になり恥ずかしさを感じやすかったのですが、海外では良い意味で他人に興味がない人が多いので「周りの目を気にせず、自分らしくいていいんだ」と思うことができました。恥ずかしさを捨てることでチャレンジしやすくなると思うので、今でも大事にしている考えです。

■SNSアカウント等
・Twitter : https://twitter.com/naotoishigaki
・Instagram : https://www.instagram.com/naotoishigaki/

 

 

BackpackFESTA2019「WORLD」ファイナリスト @大阪ブロック

間絵莉子

■プロフィール

1984年大阪生まれ。人生を無駄にしないために「健康」「楽しむ」「ネタにする」が3大ポリシー。30過ぎて会社をやめて、ワーホリ3ヶ国→北中南米+南極まで大縦断。カナダでベジタリアンになったことがきっかけで、お好み焼きを通して「食のバリアを除き、多様性を広める」をテーマに大阪を拠点に活動中。夢はお好み焼きを通して世界を救うこと。

■旅に出たきっかけ

新卒で就職した製薬会社で楽しく働いていました。しかし10年・20年先の未来が容易に読めてしまう。このままずっと同じ会社で働いていていいのか?そんな変化のない生活と自分の価値観の狭さに疑問を感じるようになりました。そのタイミングで経験者からワーホリの面白さを聞き、安定を捨てて日本を出ることにしました。

■旅で学んだこと

価値観の多様性です。「私が常識だと思っていることは一価値観に過ぎない」と何度も感じました。

働くことへの価値観の多様性を自分の目で見たこと、私自身カナダの高速で交通事故にあった(※無傷でした)ことで、「限られた人生の中で自分がやりたいことをやろう」と強く思うようになりました。また食の制限がある人にたくさん出会い、食への価値観の多様性にも気づきました。

その経験から私自身ベジタリアンになったことが、現在の私に大きく影響しています。

■現在の活動について

派遣社員をしながら食の多様性を広げる活動をしています。

1. ハラル(ムスリム)対応のカフェでアルバイト。
世界では36%の人に食の制限があると言われていますが、理由は様々で、それを働きながら学んでいます。

2. 食のバリアフリーのお好み焼きパーティ。
「お好み焼きで世界を救う」をテーマにヴィーガン・ハラル・アレルギー対応のお好み焼きパーティを実施しています。「なぜ世界を救えるのか?」と思う方はぜひ参加してみてください!笑

■SNSアカウント等
・Facebook:https://facebook.com/hazamae/
・Twitter : https://mobile.twitter.com/rikejo_84
・Instagram① : https://www.instagram.com/mukku619
・Instagram②:https://www.instagram.com/vegetariko.jp/
・Blog : http://eri-hzm.com

 

武田悠佑

■プロフィール

1987年岡山市生まれ。岡山大学を卒業後、看護師として岡山大学病院に7年勤務。

岡山市中心部の西川緑道公園にて開催されている「満月BAR」の顧問、またNPO法人タブララサ理事も務める。2017年5月~18年9月、夫婦で世界一周。全日本ふんどし協会のサポートを受け、ふんどし履いて世界一周。現在は講演、コラム執筆など。夢は岡山にゲストハウスを作ること。

■旅に出たきっかけは?

「人はいつ死ぬか分からんなあ。武田君。やりたいことは、ぜんぶ、やるんだよ。誰も攻めたりしない。もし攻める人が居るなら、俺が幽霊になってでも、助けてやる。」看護師を7年していた間に、ある患者さんから頂いた、僕の原点となっている言葉です。

そこから、会いたい人との時間を大切にし始め、まちづくりの活動を始めて、大切な仲間が沢山できて、結婚もしました。幸せな日々でした。するとある日、ふと心から湧いてきたことがあって。

「世界中の人の幸せのかたちを見たい。そうだ、世界中を旅するんだ。」パートナーとも意気投合し、旅に出る事になりました。

■現在の活動について

1年半の世界一周の旅から、昨年の10月に帰国して3ヵ月が経過しました。旅を通じて「夫婦で地元・岡山にゲストハウスをつくる!」という新たな夢が出来たので、それに向かって構想を練ったり、打ち合わせを進めています。

また、旅の素晴らしさを伝えたり、夢を叶える「きっかけづくり」をしたくて、講演会を地元の岡山や東京、九州でしています。夢は、全都道府県での開催!

■旅から学んだこと

1つの事が目の前で起こった時、1つの物を目にした時、自分の心の持ち方で、見え方はいくらでも変わってくる、という事です。だから、僕がいつも言っているのは、「道草を思い切り楽しんで。」ということ。

目的地(夢)が楽しいかどうかなんて、行ってみないと分からないから。だから、その道中も、せっかくだから、思い切り楽しんじゃおう。

■SNSアカウント等
・Facebook:アカウント不明 武田悠佑(申請の際には承認の為、TABIPPOを見た等メッセージを添えて下さい。)
・Instagram① : https://www.instagram.com/yusuketaketa/
・Instagram② : https://www.instagram.com/traditionalstylejourney/
・Blog① : https://oguraemi.base.shop
・Blog② : http://www.sanyonews.jp/sp/sekai1/?rct=sekai1

 

中村憲人

■プロフィール

22歳の大学生。高校時代にインドに行ったことを機に、大学時代には単独で世界一周の旅を行い、30カ国を訪れる。

旅に出る前は部活動に励み、苦渋の決断の末、退部を決意し、旅に出る。また、世界一周の旅をしながら、各国の魅力を伝えるべく、ラップや映像制作を行い、発信してきた。旅を経て最も得られたものは「挑戦することの大切さ」である。

■旅に出たきっかけは?

高校時代に初めての海外経験としてインドに行ったことがきっかけです。日本とはあまりにもかけ離れた文化や風習、価値観に度肝を抜かれて、一気に海外の魅力に惹かれていきました。それを機に、大学では1年間休学をして、340日間かけて世界30ヶ国を訪れました。

それまで液晶画面でしか見てこなかった場所や物を目の当たりにした時の、「得体の知れない感激」は今でも癖になってしまっています。

■現在の活動について

現在は大学と土日のスクールに通いながら、映像制作の技術を学んでいます。私は世界一周をしながら世界各国について紹介するラップを作り、PVを制作しました。将来は「多くの人々を幸せにできる映像」を制作できるようになりたいと思い、日々研鑽しています。また、アフリカ大陸にはほとんど行っていないため、映像を制作しながらアフリカ縦断をする計画も立てています。

■旅から学んだこと

一番に学んだことは「グローバルな視点で物事を考えるようになったこと」です。旅に出るまでは日本の素晴らしい環境のありがたみを知らず、海外のことはテレビやネットの情報で知った気になっていました。

でも、旅を経て感じたことは、他国の文化や風習を受け入れるということは、ただ「知る」だけではなく「理解する」ことだということです。旅はそんな他国を「理解する」ための最短の近道であると私は思います。

■SNSアカウント等
・Twitter:https://twitter.com/OTNEK5
・Instagram:https://www.instagram.com/kento_otnek/

 

 

BackpackFESTA2019「WORLD」ファイナリスト @福岡ブロック

小倉恵美

■プロフィール

岡山県生まれ、岡山育ち。大学生の時から、岡山県を全国にPRする「おかやま観光フレンズ」「おかやま桃娘」を務めるなど、旅に携わる。大学卒業後テレビ局にアナウンサー、記者として勤務。

退職後、2017年5月5日〜2018年9月末まで、夫と2人、1年半38カ国の世界一周を実現。帰国後も岡山市に在住、現岡山県観光特使。

■旅に出たきっかけ

20歳の時、私が生まれ育った岡山市の方々から100個のランドセルを寄付していただき、それを子ども達にプレゼントしようと、アフリカ・ケニアのスラム街に行きました。

一見辛い環境の中、目を輝かせて生きる子どもや、自給自足の生活の中、幸せに生きるマサイ族の人々との出会いの中で、自分が持っていた常識や思い込みをたくさん壊してもらい「世界中の人たちの生き方や価値観を知りたい!」と思ったのがきっかけです。

■現在の活動

私は夫と2人、1年半38カ国の世界一周をしました。現在は、夫と世界一周の講演会やイベントを行ったり、世界一周写真集の販売を行ったり、’’なんでもやります♩’’な「恵美ちゃんレンタル」という活動もしています(笑)。

私たちと関わってくださった方が、自身の夢や目標に向かって一歩踏み出すお手伝いが出来るような人生を歩んでいきたいです。今年6月、岡山市に宿をオープン予定!

■旅で学んだこと

・この世界は、ワクワクするには、遊ぶには十分広い!!
だけどこの人生は、この世界や地球を遊び尽くすにはやっぱり短い。だから、いつかではなく今、やりたいことを全力でやろう!

・夢を叶えるために必要なのは、勇気でも、自信でも、誰かからの許可でもなく「情報」

・夢を抱く時は「事象」だけでなくて夢が叶った時に感じたい「感情」も一緒に考えよう

学んだこと、まだまだあります!続きはSNSやリアルで…!笑

■SNSなど
・Facebook:https://www.facebook.com/emi.ogura2
・Instagram :https://www.instagram.com/em10gura
・Blog :https://ameblo.jp/oguraemi/
・世界一周写真集販売サイト「BASE」:https://oguraemi.base.shop/
・岡山の地方紙・山陽新聞に掲載されている世界一周コラム:http://www.sanyonews.jp/sekai1/

 

前田龍成

■プロフィール

僕は、このコンテストで30分の面接時間のはずが1時間以上喋り倒すくらい旅が好きすぎる大学生です。大好きだからこそ、「みんな旅に出よう!」とは簡単に言いたくない。自分なりの旅に出る意味を考えて、未知の世界へ旅に出て欲しいです。旅を終えた後に、自分の可能性がたくさん見つかるから!

若者が旅する社会を作りたい、そしてみんなと各々の旅を語り合いたい!そして夢は誰かの人生を変える旅をすること。今年は、日本の面白い若者に会いに行く旅をするので、「俺、おもろいぞ!」という人は立候補お待ちしております!

■旅に出たきっかけ

飲み会でトイレに行った時に開いたTwitter。そこには、世界一周しながら旅する写真家がいました。その姿はかっこ良すぎた。ありえないほど鳥肌が立った。

それと同時に、常に他人から劣等感を抱き、1人じゃ何もできない自分を惨めに感じました。僕は、googleに「大学生 かっこいい 方法」と聞ききました。

その答えは「日本一周 自転車」。そして、3分後に自転車を購入し、届いて2日後に、自転車とバック1つで旅に出ました。

■現在の活動

これまでに47都道府県制覇し、海外も16か国行きました。旅路で多くの人に会う度に、地方の学生って旅する人が少ないと感じます。それは、周りに旅する人や情報が少なく、旅したくても一歩踏み出しづらい環境だからかもしれません。

だったら、旅好きな人や旅に興味ある人を集めて、学生の旅人のコミュティ二ティを作りたい。いや、作ります。旅の話って、聞いているだけでもワクワクするのです!誰か一緒に話そう!飛んで会いにいきます!

■旅で学んだこと

とりあえずやってみることです。思った以上に、自分にできることが見つかります。その分、失敗や後悔はたくさんします。

僕は、ポンコツなのでありえないほど失敗や後悔を繰り返します。その繰り返しから生まれる「もう失敗したくない」、「もう後悔したくない」の感情って、次の自分の行動のきっかけになっていて、それが今の自分の成長に繋がっています。

今では、失敗するのを楽しんでいる自分がいたりします。ドMですね(笑)

■SNSなど
・Twitter:http://twitter.com/ryusei_ohayou
・Instagram:http://instagram.com/ryusei.m_konnitiwa

 

横川達也

■プロフィール

岡山県在住、22歳の社会人。

以前は海外旅行に対して嫌悪感を抱いていたが、21歳の時、韓国へのカジノ旅をきっかけに海外旅行の楽しさを知る。だが、カジノでは大敗。その後ヨーロッパへの予期せぬ一人旅を経て、旅が大好きになる。

現在は世界一周することを目標に、イメージを膨らませつつ、資金を貯めている。

■旅の出たきっかけ

初めての一人旅のきっかけは「友達がパスポートを失くした」でした。ヨーロッパに友達と二人で行こうと計画をしていたのですが、出発2日前に友達がパスポートを失くし、急遽行けなくなってしまったんです。

一人旅なんてやったこともなく、不安だったので僕もキャンセルしようかとも考えました。しかし、「やらない後悔よりやって後悔」と考え、貴重な経験になりそうと思ったので、一人旅をやってみようと決めました。

■現在の活動

現在は、教育業界で子どもたちの学習を応援する仕事をしています。自分自身も勉強が好きではなかったので、「勉強をもっとワクワクするものにする!」という想いのもと、仕事をしています。合間を縫って旅にも行きたいとは思っているのですが、中々時間の確保ができないので、今は将来の世界一周のための貯金を毎月しています。

また、今後はブログを作成し、旅の楽しさをどんどん発信したいです。

■旅で学んだこと

「旅は自分自身をアップデートしてくれる」ということです。新たな景色を見たり、様々な国の文化に触れることは、自分自身の内面を豊かにしてくれると実感しました。

特に今回、私の中では「世界にはこんなにも綺麗な景色があるのか」という発見がありました。息を呑むような景色を見て、もっと他の場所も知りたい、行きたいと思うようになりました。そんな成長の機会を旅は与えてくれます。

■SNSなど
・Twitter:https://twitter.com/nattoorar1g0
・Instagram:https://www.instagram.com/tatsuya_ykkw/

 

次は…

いかがでしたでしょうか?どの旅人も個性的で、面白い旅をされて来ました。

気になった旅人がいれば是非SNSなどをチェックしてみてくださいね。あなたもきっと、旅に出たくなるはずです。次に紹介されるのはあなたかもしれませんよ。

 

Pocket はてブ

WRITER

大学3年時にワーホリで2年間オーストラリアへ。人生初の旅は1万kmの自転車旅。大自然や人の暖かさに魅せられ今は自転車で世界一周を計画中。TABIPPO札幌の代表を務め、地元北海道の若者に旅を広げる…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

Backpack FESTA

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品