ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

皆さんはブライスキャニオン国立公園という名前を聞いたことがありますか?ひょっとしたら名前は知らなくても写真を見ると「あ〜!!あそこブライスキャニオンっていう名前だったんだ!」となるかもしれませんね。

 

アメリカには数多くの国立公園がありますが、ブライスキャニオンの特徴は「土柱」と呼ばれる独特の形をした岩なんです。

その姿はまさに自然の神秘!!!今回はブライスキャニオンでやるべき事を紹介させていただきます!!!

 

自然にできた橋!ナチュラルブリッジを訪れよう!

tabippobryce9

このアーチ状になっている場所!!これ自然にできた空洞なんですよ。名前を「ナチュラル・ブリッジ」と言います。そのまんま。

ブライスキャニオン国立公園に入場し、車で進んでいくとすぐの場所にあるのがこちらのナチュラル・ブリッジです。

 

アメリカにはアーチーズ国立公園という橋の形をした岩をたくさん見れる場所がありますが、こちらブライスキャニオンのナチュラル・ブリッジもアーチーズのものに負けないほどの美しさですので是非訪れてみてください!!

 

2700mの世界からブライスキャニオンを見下ろそう!!

tabippobryce6

ブライスキャニオン国立公園の一番奥にあるポイントである「レインボー・ポイント」は標高なんと2700m!!

この高さはブライスキャニオンだけではなく、グランドサークルの中でも一番標高が高い場所になるんですよ。

 

そこから見下ろすブライスキャニオンの景色はまさに圧巻です。美しい緑と不思議な奇岩群が目の前に広がるのを見たとき、思わずため息が出る事間違いなしでしょう。

 

不思議な奇岩群の中をトレッキング!!

tabippobryce2

これは僕の一番のオススメです!!なんと、ブライスキャニオン国立公園内では、不思議な奇岩群の間をすり抜けていくトレッキングルートがあるんです!!

その名も「ナバホ・ループ・トレイル」

 

標高差は160m程あり、往路は下りばかりなのですが、復路はずーっと登り続けるというなかなか過酷なトレッキングルートです。

距離は2キロ程になりますので、あまりトレッキングに慣れていない方でも往復1〜2時間くらいで楽しめる事ができちゃいます。

 

間近にそびえ立つ土柱を見ながらのトレッキングは一生の思い出になる事間違いなしです!!

ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング