世界最大のバカ騒ぎバーニングマンがクレイジー過ぎた

Pocket はてブ

その世界観を言葉で表すと正に「狂ったエレクトリカルパレード」!!年に一度、北米の砂漠で数万人が一同に集まりバカをする。自由な表現をとことん追及すると「世界最大の自遊空間」が生まれます。これがアートと音楽と悪ふざけの祭典、バーニングマンの世界!

 

バーニングマンとは??

毎年8月の最終月曜日から9月の第一月曜日にかけてアメリカ、ネバダ州北部のブラックロック砂漠にて開催され、イベントの最後に約30mの木造人型オブジェ「MAN」を燃やす(Burning)事が通例となっています。

1986年サンフランシスコにてラリー・ハーヴェイとその友人ら数十人で開催されたこの祭りは、瞬く間に人数が増え今では参加者6万人に対し先行チケットが50分で完売します。

参加者は各々キャンプを作り、「MAN」を中心に砂漠には広大な街が形成されます。基本的なルールとして「誰もが自己主張し傍観者にならないこと」があり、砂漠の街にはアーティスト集団が作った大小様々なアートが置かれ、奇抜な形と極採色に改造されたアートカーが走り、至る所でDJが夜通し音楽を爆音で鳴らしています。

またGIFT精神として貨幣の流通が禁止されており、食べ物でもお酒でもハグでもキスでも見返りを求めずに気分次第で何でも大盤振る舞いされます。

 

シンボルとなるMAN

開催当初は3mだったのが今では30m程の大きさになっている。夜になると蛍光色に光り砂漠の街の中心にそびえたつ。イベントの最後には盛大に燃やされ無に帰ります。

無題

Photo By KAKIZAWA

 

 

点在するアート

世界中のアーティストがそこかしらに様々な趣向のアートを作成します。見るだけでなく、登ったり操作したり規格外のものばかり。

SAPPI

Photo By KAKIZAWA(SAPPI)

 

鳴り響く音楽

世界の有名DJがほぼ予告無しで登場したり、砂漠の真ん中にポツンとピアノがあったり、かと思えばゴミ箱を叩いて演奏する者もいたり。大小関係なく音楽を思い思いの表現で奏でています。2015年はDaft Punk他、有名アーティストがバーニングマンに参加しています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

柿澤健太郎
世界を旅する施術家
理学療法士として今まで1000人以上の治療を行う。その経験を活かし世界で身体の痛みに困っている人々を助ける為に邁進中。ココロ踊る事が大好き、生きるためなら大概何でもやります。旅で出会ったら施術しま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アメリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品