世界一周航空券のビジネスクラスは本当にお得?利用して分かったメリットとデメリット

Pocket はてブ

こんにちは、旅ブロガーの細井です。2017年の夏から7ヶ月間、妻と一緒にビジネスクラスの世界一周航空券を使って世界一周していました。

「エコノミークラスで世界一周するだけでもお金がかかるのに、ビジネスクラスで世界一周なんかできるわけがない」「お金に余裕があるからできたんでしょ」

そう思っている人は多いと思います。僕も最初はエコノミーで世界一周する予定でしたが、世界一周航空券を使えばエコノミーにプラス30〜40万円追加するだけでビジネスクラスに乗れることに気がつき、最終的にビジネスクラスで行くことに決めました。

プラス30〜40万円は高いと思うかもしれませんが、これは1回乗るだけの値段ではありません。ほとんどの主要ルートでビジネスクラスを利用することができるんです。

 

ビジネスクラスを利用すると、路線にもよりますが通常は1フライトで数十万かかります。それが世界一周航空券だと使い方によっては100万円近く安くビジネスクラスに乗れるので、むしろ世界一周するときに利用するのが一番お得です。

おかげでかなり快適に世界一周ができましたが、もちろんデメリットもありました。そこで今回の記事は、ビジネスクラスの世界一周航空券を利用して分かったメリットとデメリットを紹介します。

 

世界一周航空券とは

photo by pexels

世界一周航空券とは、ざっくりいうと、出発便から帰国便までの片道航空券をまとめて購入したチケットのこと。全ての航空会社のチケットを購入できるわけではなく、購入する航空グループ会社のチケットのみ購入が可能です。

世界一周航空券について説明しだすと、ものすご〜く長くなるので、世界一周航空券の詳細については以下記事をご確認ください。

https://tabippo.net/roundtheworld-ticket/

 

ビジネスクラスの世界一周航空券の値段は?

photo by pixabay

世界一周航空券の値段は航空グループ会社によって違います。今回はワンワールドの航空券を使ったので、ワンワールドを例にとります。ワンワールドの場合は大陸が増えるごとにより値段が変わります。

3大陸の場合は、エコノミーが335,000円から。ビジネスクラスが656,300円からです。(ワンワールドのホームページ参照

この値段に諸税および燃油サーチャージが別途必要です。どうでしょう?なんども世界一周をするなら別ですが、一生に一度しか世界一周をしないなら、ビジネスクラスで行くのも全然ありだと思いませんか。

 

ビジネスクラスの世界一周航空券のメリット

それではこれからビジネスクラスの世界一周航空券を使って感じたメリットを紹介します。

 

1.ビジネスクラスのラウンジが使える

photo by kazutoshi hosoi

何と言っても良かったのがビジネスクラスのラウンジが使えること!成田空港から出発だったんですが、成田空港にある「サクララウンジ」は超絶おすすめ。ぜひ早めに行ってゆっくりしてほしい場所です。

サクララウンジはお酒も飲み放題ですし、何といってもカレーがすごく美味しいです。

 

photo by kazutoshi hosoi

スパイスが効いていて、今まで食べた中で一番美味しかったです。このカレーは一生に一度はぜひ食べて欲しいです。お酒を飲みながらカレーを食べていたら、別に出発しなくてもいいんじゃないかと思うくらい快適に過ごせました。

もちろん利用できるのは成田空港だけではありません。世界中のビジネスクラスのラウンジが利用できます。特に、世界ランキング一位にもなったことがあるカタール航空のビジネスクラスラウンジは次元が違いました。

photo by kazutoshi hosoi

ここはドーハの空港なんですが、おしゃれという概念の一つ上を行く感じで、ここに来れただけでも元は取れたんじゃないかくらい良かったですね。乗り継ぎの時に利用したのですが、深夜1時にもかかわらず料理を食べずにいられませんでした。

ラウンジを利用できるおかげで、世界中の空港にいる間もゆっくり過ごせました。

 

2.チェックインがスムーズ

チェックインするときは、ビジネスクラス専用の窓口が利用できます。それほど人が並んでいないので、着いてすぐにチェックインができます。

また飛行機に乗るときも優先搭乗させてくれるので、待つストレスをほとんど感じませんでした。空港にいること自体が楽しかったですね。

 

3.シートがフルフラットで快適

photo by kazutoshi hosoi

シートもとにかく快適です。機体にもよりますが、だいたい長時間のフライトのときは半個室タイプのシートでプライベートの空間が確保できます。フルフラットシートなのでほぼ豪華なカプセルホテルと一緒。

ヨーロッパ〜南米間や、アメリカ〜日本間など長時間のフライトでもかなり快適に過ごせたので、目的地に着いてからも疲れ具合が全然違いましたね。

 

僕は飛行機が苦手なんですが、フルフラットにしてお酒を飲んで眠ることでほとんど怖さを感じませんでした。飛行機が苦手な人ほどビジネスクラスに乗って欲しいです。

アメニティーも豪華で、保湿クリームやリップなどは、年中唇が乾燥している僕にはかなり有難かったです。

 

4.機内食と思えないほどクオリティの高い料理がお腹いっぱい食べられる

photo by kazutoshi hosoi

ビジネスクラスの醍醐味は、機内にいながらレストランさながらの美味しい料理が食べられること。着席後すぐにウェルカムドリンクを聞きに来てくれ、離陸したらドリンクと食事メニューを数種類の中から注文。

前菜からデザートまでフルコース。空港のラウンジでたらふく食べてお腹がいっぱいなのに、さらに機内でも美味しい料理が出てくる豪華っぷり。美味しい料理でお腹が満たされるので本当に至福です。

 

5.心なしかCAさんが優しい

ビジネスクラスの場合は、席についてすぐにCAさんが話しかけて来てくれます。離陸してからも頻繁に声をかけて来てくれます。至れり尽くせりなので、気分はよくなりましたね。

 

6.マイルが貯まりやすい

エコノミークラスは最大100%に対し、ビジネスクラスの場合は125%マイルが貯まります。世界一周するだけでもそれなりにマイルが貯まるので、うまく回れば日本に帰国してまたどこかにタダで行けます。

僕らは陸移動も多かったので、貯まったマイルはだいたい40,000マイル弱でした。航空会社のカードを持っていたらもう少し貯まりそうですね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

細井和寿
旅ブロガー
難病になった後会社を辞めフリーランスに転身。国内外を旅しながら旅ブログ「タビホリ」を運営。7ヶ月間の世界一周を経験し、合計40ヶ国以上を訪問。台湾一周経験あり。常に映えを探してます。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

世界・日本国内の旅行先・観光スポット

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品