writer
KOH ひまじん

趣味は地図に載っていないスポットの探索です。 中卒で美容師→世界の路上でヘアカット→副業のライターでバズる→美容師引退→タイ移住→ジョージア移住。 世界19ヶ国を旅してきてジョージアの魅力に溺れました。ツイートで記事の感想をいただけたら嬉しいです!

こんにちは、ライターのKOH(@Luck81O)です。

ディープスポットを始めとする変なところが大好きな筆者、オーストラリアの最東端に「ヒッピー発祥の地」があると小耳に挟み、すぐさま急行しました。

その街の名はバイロンベイ。

 

アヤシイ人々が夜な夜な森の中で儀式をしているようなイメージで向かったのですが、なんとそこはアートやグラフィティに溢れたフォトジェニックな街でした。本職が美容師ということもあってか、芸術的な街も大好きなんです。

ただ美術館でもなければ、芸術は住所を持たないことがほとんど。帰国した後に歩いた道の反対側に素敵な絵が描かれていたことに気がつくなんて、なんだかもったいないですよね…

 

「あっち側を歩いてタラ」「あの角を曲がっていレバ」これ以上タラレバトラベラーを増やさないようにと、筆者は思いついたのです!

「カメラを片手に本記事を見ながら街を散策すると、ぬかりなくバイロンベイのフォトスポットを周れる」記事を書こう、と。

 

本記事ではタラレバトラベラーやインスタ女子の味方になるような情報を下部にマップも交えてご紹介いたします。

 

バイロンベイ入口

junjunさん(@junjun0318)がシェアした投稿

バイロンベイ中心部に行くとき、必ずと言っていいほどの確率で通る「Welcome to Byron Bay」この先に数々のフォトスポットが待っています。

 

LOVE

ベンチに座ってひと休憩。夜になると「LOVE」にあかりが灯ります。

 

海の飛び込み台


サーファーの街に来たからにはに海へ繰り出しましょう。メインビーチから沖に目を向けると100mほど先に謎の突起物が。北を向くその先頭から海に向かってダイブ!飛び込むときは大海原に向かってこう叫ぼう「Keep going to the north!!」

 

バイロンマーケット

miaさん(@miakitnk)がシェアした投稿 – 2017 3月 24 11:18午後 PDT

毎月第一日曜に開催されるバイロンマーケット。色とりどりの雑貨に購買欲をそそられます。

 

メインビーチの芝生

メインビーチを望む景観が美しい芝生のエリア。お昼寝をしたりヨガをしたり、ゆったりとした時間がそこには流れています。

こんにちは、ライターのKOH(@Luck81O)です。

ディープスポットを始めとする変なところが大好きな筆者、オーストラリアの最東端に「ヒッピー発祥の地」があると小耳に挟み、すぐさま急行しました。

その街の名はバイロンベイ。

 

アヤシイ人々が夜な夜な森の中で儀式をしているようなイメージで向かったのですが、なんとそこはアートやグラフィティに溢れたフォトジェニックな街でした。本職が美容師ということもあってか、芸術的な街も大好きなんです。

ただ美術館でもなければ、芸術は住所を持たないことがほとんど。帰国した後に歩いた道の反対側に素敵な絵が描かれていたことに気がつくなんて、なんだかもったいないですよね...

 

「あっち側を歩いてタラ」「あの角を曲がっていレバ」これ以上タラレバトラベラーを増やさないようにと、筆者は思いついたのです!

「カメラを片手に本記事を見ながら街を散策すると、ぬかりなくバイロンベイのフォトスポットを周れる」記事を書こう、と。

 

本記事ではタラレバトラベラーやインスタ女子の味方になるような情報を下部にマップも交えてご紹介いたします。

 

バイロンベイ入口

バイロンベイ中心部に行くとき、必ずと言っていいほどの確率で通る「Welcome to Byron Bay」この先に数々のフォトスポットが待っています。

 

LOVE

ベンチに座ってひと休憩。夜になると「LOVE」にあかりが灯ります。

 

海の飛び込み台


サーファーの街に来たからにはに海へ繰り出しましょう。メインビーチから沖に目を向けると100mほど先に謎の突起物が。北を向くその先頭から海に向かってダイブ!飛び込むときは大海原に向かってこう叫ぼう「Keep going to the north!!」

 

バイロンマーケット

miaさん(@miakitnk)がシェアした投稿 - 2017 3月 24 11:18午後 PDT

毎月第一日曜に開催されるバイロンマーケット。色とりどりの雑貨に購買欲をそそられます。

 

メインビーチの芝生

メインビーチを望む景観が美しい芝生のエリア。お昼寝をしたりヨガをしたり、ゆったりとした時間がそこには流れています。

Golden Breed

バイロンベイ中心部の街角にあるショップGoldenBreedには、ビーチタウンならではの色使いが施されたフォトジェニックな壁があります。

 

Spell Boutique


街の中心部から少し南に離れたこちらのブティックは、どこを切り撮っても可愛いフォトスポット。世界中のインスタグラマーがシャッターを切ります。

 

Spice

KOHさん(@travel_n_hair)がシェアした投稿 - 2017 3月 30 11:48午前 PDT

朝起きて、すぐに海へ向かう。そんな#バイロンベイライフ。そんな道中で建物の隙間に挟まるようにたたずむコーヒースタンド。まだ東にある太陽の光に照らされて、熱々のコーヒーを片手に海に出よう!

 

ヒッピーカー

車でオーストラリアをラウンド(一周)しながら旅をする人の多くはヒッピー仕様にグラフィティが描かれた車に乗っています。通称ヒッピーカー。どこの駐車場にも1台は停まっているので探してみてください。

 

路地

なんの前触れもなく現れる壁画。撮影背景にはもってこいなバイロンフォトスポットの中でもここはイチオシです。

 

Nomads Arts Factory Lodge

Monitaさん(@monis182)がシェアした投稿 - 2017 4月 12 4:28午前 PDT

バイロンベイで有名なゲストハウスArt Factory Lodgeの最大宿泊人数は、およそ200人。そんな巨大ゲストハウスの広大な敷地には数多くのアートが散りばめられています。

 

まとめ

Photo by KOH

近年インスタ女子の中で人気上昇中の街、バイロンベイ。どこを撮ってみてもフォトジェニックなオーストラリア最東端の街で、メロウな波音を聴きながらカメラを片手に、優雅なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

本記事でご紹介したスポットは下記のマップを辿って探してみてください!

writer
KOH ひまじん

趣味は地図に載っていないスポットの探索です。 中卒で美容師→世界の路上でヘアカット→副業のライターでバズる→美容師引退→タイ移住→ジョージア移住。 世界19ヶ国を旅してきてジョージアの魅力に溺れました。ツイートで記事の感想をいただけたら嬉しいです!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング