ウラジオストクの珍スポット!北朝鮮レストラン「カフェ 平壌」で美女とアリラン

Pocket はてブ

シベリア横断鉄道の始まりの場所「ウラジオストク」に来てみたので、日本では知られていない観光スポット・レストランをお届けしたい!ということで、北朝鮮の経営者が運営する「カフェ 平壌」をご紹介します。

ウラジオストク在住の友人が教えてくれなかったら、たどり着けなかったであろう北朝鮮レストラン。ウラジオストクの中心地からは徒歩で30分、車だと10分ほどです。

 

北朝鮮レストラン「カフェ 平壌」の住所

僕は徒歩で行きましたが、入口がややわかりづらいです。交通量が多い通り沿いにあるので、横断する際はご注意を。ただ、ロシアは運転のマナーがよく、横断歩道を渡る際は必ず車がピタッと止まってくれます。

 

カフェ平壌の入口は控えめ

ウラジオストク中心地から南に進むと、右手側にこの看板が見えます。ウラジオストクではあまり見慣れない韓国語と「PYONGYANG」の文字が目印です。

 

入り口は道路と平行になっていて、兵士の石像に守られています。電飾が見えるので、夜になると光るようです。外側から店内が全く見えないので、ドキドキします。

 

二重の扉を開くと現れる「カフェ平壌」

いよいよカフェ平壌の中に!北朝鮮の工作員(っぽい人)がたくさんいた。喜び組みたいな綺麗な女性が店員だった。など、様々な噂を聞いたカフェ平壌。ウラジオストク在住の駐在員の一部には、北朝鮮との繋がりを疑われるので、行かないようにとも言われてるそう。

ウラジオストクではある程度有名なレストランで歴史もあるので、ひどい目には合わないだろうと高を括りつつも、ちょっと緊張してきました。今のところぱっと見は普通のレストランです。

 

余談ですが、ウラジオストクには韓国人の旅行者がとても多い

韓国からのロシア旅行者はビザがいらないらしく、ウラジオストク市内にいる旅行者はほとんど韓国人でした。メニューもロシア語と韓国語と英語があるのが一般的。ホステルのスタッフは英語話せないけど、韓国語はペラペラでした。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ロシアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ