パスポートを盗まれた!最悪の年明けから始まった奇跡の物語「後編」

Pocket はてブ

目的地に着いたことを電話で連絡します。しかし英語が全く聞き取れずどこにいるのか全然分かりませんでした。

「ロビーにいる」と伝えても、全然伝わらず本当に困りました。多分お互いにどうすればいいのか分からなくなっていたと思います。

 

この時、言語の壁を実感しました。

このお互いに通じないやり取りは3.4分程続いたと思います。すると向こうから、「カンボジア人、カンボジア人」と連呼されてハッと気付き、運転手さんに電話をパスします。

 

最初からそうしていれば早かったんですけどね。全然気付かなかったです。

「ここで待っていれば来てくれる」と運転手さんに言われて待っていたら、一台のバイクがこちらに近付いてくるのが見えました。

 

「あっ!この人だ!」となぜか確信を持ち、近寄ります。バイクの男性はパスポートを取り出して渡してくれました。

「あ~私のパスポートだ!」無事に手元に戻ってきました。

パスポートを盗まれた!最悪の年明けから始まった奇跡の物語「前編」

24203396851_1955eaf1f4_o

photo by Kanesue

私はお礼をしなきゃと思い、チップを渡そうとすると拒否されます。

「そんなのいいから早く空港へ向かいな」たぶんそんな感じで言っていたんだと思います。

そう告げると男性はバイクでピューっと過ぎ去って行きました。行動がとても男前でした。お金で解決しようとした自分がすごい恥ずかしくなりました。

 

・PM19:30

パスポートも手に入り、安心して空港に向かいます。盗まれたパスポートが手元に帰ってくるなんて、本当に奇跡です。日本ならどうにかなりますが、ここはカンボジア!

パスポートが手元に戻ってくるなんて99%ありえないことです!その1%に入れたこと。本当に奇跡的で幸運なことです。

 

無事に空港に着いたのがチェックイン15分ほど前でした。本当にギリギリで最後の最後にどんでん返しがやってきました。作り話のような話ですが、全て実話です。

空港に入り、友達と再会しました。安堵の表情を浮かべていました。めちゃくちゃ心配してくれていたみたいで、本当に心配かけてしまったなと反省しました。

 

そして私たちは無事に飛行機に乗り、日本に戻ってくることができました。めでたしめでたし。

「いやちょっと待って!何でそもそもメールが届いたの?」そう疑問に思った人もいるのではないでしょうか?実は今回あらゆる奇跡が重なっていたのです!

 

奇跡の連鎖

何でメールが届いたのか?その理由を説明します。まず一つ目!

友達が海外用のWi-Fiを持ってきていた

10836258774_fc21717e9c_k

photo by Kouki Kuriyama

携帯をチェックできたのはWi-Fiがあったからです。私はカンボジアに訪れたことがありましたが、友達は東南アジア自体初めてだったので、とても不安がっていました。

 

「Wi-Fi持っていかなくても大丈夫だよ」と言ったんですが、「心配だから持って行く」と持ってきていたのです。Wi-Fiがなかったらメールを確認することもできなかったと思います。

そして二つ目!ここからがすごかったんです。

メールアドレスを記入していた

カンボジアに入国する時、エボラ出血熱が流行っていた時期で、飛行機の中で黄色い紙を渡されました。そこにメールアドレスを書く欄があったので、普段は書かないのに、なぜかその時はアドレスを書いたんです。

 

それが後々助け舟になると思ってもみなかったです。その紙を私は無意識にパスポートにしまいました。無意識に取った行動で救われました。そして最後!

その紙が回収されなかった

パスポートを受け取って友達と合流した時に、同じ飛行機に乗る日本人に会いました。奇跡のような体験をした話をしました。その紙のアドレスを書いていたから連絡が来たと言うと、「その紙入国する時回収されたよ!」

 

「ええー!そうなんですか?」私と友達は驚きました。行きの便も私たちと同じ便だったみたいで話を聞いていると、「他の人もみんな回収されてたよ」というまさかの発言をされました。

 

本当は回収されるはずだったのに、なぜか私たちの時は「それ持ってなさい」と言われました。警備員のただの気まぐれだったかもしれませんが、そのことによって私は奇跡のような体験をすることができました。

本当に人生何が起こるか分かりませんね。

 

まとめ

カンボジアでパスポートを盗まれて戻って来た奇跡体験記いかがでしたか?信じられないけど本当の話です。

 

パスポートを拾ってくれた方は本当に私の恩人です。その人にとってはただ何気なく行った行動かもしれませんが、そのお陰で私は無事に日本に帰国できました。いつか恩返しをしにカンボジアを訪れたいと思います。

みなさんも、もしパスポートを無くしてしまったり、盗まれた時はまず落ち着いて冷静になりましょう。命がある限り日本に帰ることはできますから。むしろそんなトラブルをポジティブに考えられる思考を持ちましょう!

 

旅にはトラブルが付き物です。いつまでも起こってしまったことを後悔するのではなく、いかに今の状況を楽しめるか!そんな風に捉えられるとますます旅は面白くなると思います。

ちなみにパスポートを無くした1ヶ月後に韓国で携帯を紛失してしまうというトラブルも起きました。私が言えることではありませんが、海外に旅行に行く際は紛失・盗難に気を付けましょう。

パスポートを盗まれた!最悪の年明けから始まった奇跡の物語「前編」

1 2
Pocket はてブ

WRITER

RORO
日本一小さな県出身
旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。 帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は24…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

トラブル

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品